« 弘法山 | Main | コンビニドーナッツ »

2015.04.04

第51回お江戸オフ ~《駒込・花見》

吉祥寺

お江戸オフ、春の恒例行事「お花見」です。今回は茗荷谷から小石川植物園、駒込あたりを歩きました。

茗荷谷駅 → 播磨坂桜並木 → 喜運寺(豆腐地蔵) → 小石川植物園 → 駒込土物店跡 → 南谷寺(赤目不動) → 吉祥寺 → 天祖神社 → 駒込名主屋敷  → 駒込富士神社 → 大塚で 宴会 \(^o^)/

撮ってきた写真はFlickrにあるよ。

茗荷谷駅を出たら、まずは播磨坂の桜並木!花見宴会をやっている人たちの脇をすり抜けて歩きます(^^; 坂の由来は松平播磨守の上屋敷があったからで、この並木は昭和35年に植えたものだそうだ。

播磨坂桜並木

次は少し離れてますが、豆腐地蔵のある喜運寺。扉が閉まってましたが、ノコノコと覗きにw。ググると、へー日本むかし話でもネタになってるんだ!繁盛していることをいいことに商売をごまかしたりしていた店主を諌めることに小坊主として現れたお地蔵様だそうな。
喜運寺(豆腐地蔵)

少々戻って、小石川植物園(東京大学大学院理学系研究科附属植物園)です。満開の桜。それもいろんな種類の桜でいっぱい。んー、気持ちいいね! ここで持ち寄ったおやつを頂きながらお花見タイム。ここは江戸幕府が作った薬用になる植物を集めた植物園のうち、麻布に会ったものを5代将軍綱吉が小石川の別邸へ移したもので、そののちに植物に関する研究する東京大学の施設として管理するようになったものだそうだ。

DSC01246 DSC01250 DSC01248

園の中をぐるっとゆっくり散策した後、御殿坂をぬけて、駒込土物店跡へ。このろじのとこらへんに青果市場が開かれていたとあるけど、、いまは本当に狭い路地があるだけで当時をうかがい知ることはできません。次が赤目不動へ。五色にちなんで動坂にあった赤目不動を目赤不動と3代将軍家光が呼ぶようになってその後今の場所に移設されたらしい。 駒込青果市場跡 赤目不動尊
次はしだれ桜がすんごくキレイな吉祥寺。江戸城内→駿河台→明暦の大火と江戸大火で駒込に移設となったそうだ。敷地内には二宮尊徳の墓碑、八百屋お七・吉三郎の塚があったり…
吉祥寺 吉祥寺 吉祥寺

さて宴会時間が近づいてきたのでそろそろマキを入れて歩きます。天祖神社、少し探しつつ駒込名主屋敷、そして最後に富士神社。富士山をもした塚があり、ちゃんと山開きの行事もあるんだって。

天祖神社 駒込名主屋敷 富士神社

で、大塚に移動して、宴会です!\(^o^)/
店先の鍋にタケノコが置いてあったのをめざとく見つけて、タケノコ料理を頼んだら、焼きタケノコ、タケノコのテンプラがうまうま! 料理すべてすんごく美味しくで大満足でしたよ。

DSC01381 DSC01384

|

« 弘法山 | Main | コンビニドーナッツ »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/61494109

Listed below are links to weblogs that reference 第51回お江戸オフ ~《駒込・花見》:

« 弘法山 | Main | コンビニドーナッツ »