« うまいこと着地してくれれば良いが… | Main | こつこつ… »

2015.04.12

水芭蕉 - 箱根湿性花園

みずばしょう

カミサンが「水芭蕉が観たい!」というので、そういえば春に行ったことがないなぁと箱根湿性花園へ遊びに行ってきました。道が混んでるかと思ったけど結構すんなり渋滞なく新緑ドライブを楽しみながら湿性花園に到着。

着くとちょうどガイドツアーの時間だったので、たまには園をガイドさんに案内してもらおうと参加してみた。いやぁこれは愉しかったですね。普段だと見過ごしてしまう小さな珍しい花まで「ここに○○が咲いてます」とか教えてもらえたり、次回予告?で次に訪れるときにはこの季節に来ればここにはこんな花もとか、湿性花園にはもう数回来てますけど知らなかったことが山盛りですでした(^^;

さて、目的の水芭蕉ですが…んん?もってた「可憐な白いカーラー状の花」というイメージとちょっと違います。 巨大な青梗菜、もしくはターサイのなかにぽつぽつと白い花って感じなんだもん(笑)。これは暖かいということと土壌が肥沃なため花が咲く頃には葉っぱのほうがでっかく育ってしまうためらしいです。実は3月末から咲かせるために冬の休園中には広い広い水芭蕉の栽培エリアを陽を当てないように雪の代わりに落ち葉で覆い尽くし、そして春の開園前にそれを全部取り除き、陽に当てていつも同じ時期に咲かせるようにと言う物凄い労力が掛かってるそうです。高山植物エリアも高山でもないのに毎年花を咲かせられるのもかなりの努力があるとガイドさんから聞いて…のんびり見学に来てたけどカゲでは大変なことになってたのねとはじめて知ることに。

撮ってきた写真は、Flickrにあるのでそちらでどうぞ。

たっぷり春の花を堪能したら腹も減ってきたので、近所をYelpでザーッと検索、蕎麦屋に行きたいってことに。少し走って元箱根の蕎麦屋へ。店の中は並んで待つほどには混んでなかったけど、テンプラ蕎麦を頼んだらどうやらこと後に来る団体さんのためにテンプラは30分待ちになると言われる。がそれを目的に来たので待ってもいいからと注文。おかげでテンプラは揚げたてで旨かったなw

上 天せいろ

さて、息子へのお土産に黒たまごでも買って帰るかとおもって大涌谷に向かったら、なんじゃこりゃー!って位な大渋滞。1時間以上掛かりそうなので諦めて入生田駅あたりにあるパン屋に寄ってそこでお土産にと走って行くと「16時に完売」という看板が出てて閉店してたorz...ってことで今日は土産なしです。ごめんね。

|

« うまいこと着地してくれれば良いが… | Main | こつこつ… »

旅行記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/61495624

Listed below are links to weblogs that reference 水芭蕉 - 箱根湿性花園:

« うまいこと着地してくれれば良いが… | Main | こつこつ… »