« シュトレン作り | Main | 膝の様子 その1 (軟性コルセット) »

2014.11.30

やっちまいました…

膝の靱帯やっちまった…

左膝の靱帯を痛めちゃいました(>_<)
このくそ忙しくなる年末進行になるというこの時期に…
しばらく身動き取れねぇな。

人生2度目の救急車のお世話になりました。

バドミントンをやってて、ポール際のシャトルをホイッと上げようと詰めて反転と足を着いたところに足ふき用のゾウキンが置いてあり、それを踏んじゃいました。ツルッと片足だけが滑り、膝に無理な力がかかって、ぐぎっ! もうそのまま立ち上がれませんでした。
この体育館は階段3階分あがったところにあるため、ちょっと降りられそうもなく、救急車を呼んでもらって担架で降りることに。

カミサンと一緒に救急病院に着いたものの、なんとまぁ激混み!実はこの日、市内に2つある休日でも整形外科を受け入れる救急病院のうち、1つ、市立病院が機材入れ替えのため午後3時まで休院となっていたそうで、残るもう一つの病院に内科も含めてあらゆる急患が殺到、最初に着いたままに診療室のベッドに寝かされたものの、30分くらいしたら、ベッドを空けて欲しいといわれて、車いすに移されて、廊下の待合スペースでそのまままた30分、この間、まったく診察とかそういうのなし。まぁ命に別状がないようなケガですからね、優先順位は低いですよ。

1時間くらい待って、ようやく診察を受ける。で、レントゲンを撮ってきてねといわれ、戻ってきてまたしばらく待ち。

で、診断としては、たぶん内側側副靱帯を痛めている、完全断裂(3度)ということはなさそうだ。骨には異常なし、腱が骨から剥離している様なこともなさそうだ。炎症がある程度おさまったところで精密検査を受けてもらわないと、どのくらいどうなってるのか、ギブスのなるのか手術が要るのか、まだ判らん状態とのこと。今日のところはとりあえず湿布して、再来院してね。だとさ。

まぁ当分、松葉杖生活になるのだけは避けられなさそうです(^^;

会計待ちして、院内薬局の薬剤師さんを待ってたらなかなか来ない。カミサンが会計にまだこないんですけど、いいにいっったら「あっ!」と言う顔をして奥に走って行ったらしい…連絡ミス?

ようやく湿布と痛み止め(処方箋ではロキソニンだったのにスリノフェン)、胃薬(ムコスタだったのにレパミピド)の処方に変わっていた。なんでや?

2時頃運ばれてきたのにすでに5時近く…タクシーを呼ぶことしにした。カミサンとおばーさんがほぼ同時に呼び、少し遅れて中国人らしい一組がタクシーを呼んだ。これがあとで混乱の元に。

タクシー待ちで玄関に居たら、会計から「すいませーん、ジェネリックを処方したので会計が変わってしまいました」と声がかかり、カミサンが会計し直してるときにタクシーが来た、お?と思ったら、おばーさんがすたすたと「あー、わたしわたし」といいながら前を行き乗り込んで行ってしまった。
ちょっとして2台目がやってきて、さきに外に出ていた中国人組が乗り込もうとするが四大との名前が違うらしい、それがうまく伝わらず何故乗れない?と不機嫌に、もうすぐ来るよとなだめていると、運転手さんは降りてきて「○○さーん、いらっしゃいますかぁ?」と声かけて回るが居ない。どうやらおばーさんが呼んだタクシーらしい。最初に出たタクシーはうちらが呼んだ分だったようだ。運転手がろくに確認しなかったか、おばーさんはなんでもいいから「はいはい」と応えたかどっちかだろうな。
そうこうしているうちに3台目が着き、こっちは素直に中国人組が呼んだ分で乗り込んで出て行く。というわけで、会社に誤乗車あったことを確認し終わった2台目のタクシーに乗せてもらって帰宅しました。やれやれ(笑)

|

« シュトレン作り | Main | 膝の様子 その1 (軟性コルセット) »

健康」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/60909223

Listed below are links to weblogs that reference やっちまいました…:

« シュトレン作り | Main | 膝の様子 その1 (軟性コルセット) »