« またオランダへ(2) | Main | 山菜まつり »

2014.05.15

またオランダへ(3)

ニシコクマルガラス

オランダに着いてホテルでまだ2時間x2回しか仮眠してないのに、もう今日の15時には列車に乗ってないと帰国便に乗れないと言う状態w 6時にお客さんのところで一回様子見をしたあと、次は11時過ぎまで時間がもらえるというので、再度ホテルに戻って、レストランでホットミールコーナーのおねいさん(ちょー美人)にオムレツを作ってもらっての朝ご飯を食べ、またも2時間仮眠してからチェックアウト。この結構よさげなホテルに2泊して、結局2時間x3回しか仮眠できなかったぞ。ぎりぎり15時近くまで仕事して、近くの駅まで送ってもらう。さー、日本に帰るぞ!すげー眠いけどw

なお、撮ってきた写真は例のごとく、Flickrで観られます。

前回苦労したチケット自販機にまたもアレコレ悩みつつなんとかチケット購入。(でも改札ないんだよね…)。ホームにあがり、事前に調べておいた空港行きのInterCityといういわゆる急行電車を待つが…ホームの掲示板にその列車が表示されず次の列車が表示されている。この駅は少し大きめで、インフォメーションカウンターがあったので、そこのPCに表示されてた乗りたかった列車を指さして「これは?」と聞くと「No Service(運休)」 (まじかー!!)「じゃぁ、次に一番早く着くのは?」「これ(狙ってた列車の5分前に出る奴)」「それさっき隣のホームから出たばかりorz..」「じゃぁ、これ」 ってことで、狙ってた列車の10分後に出る各駅停車でいくことに。InterCityを使うと約30分で空港に着く。飛行機の出発時間の1時間半前には着く予定にしていた。ところが各駅停車だと1時間。オランダ、アムステルダム・スキポール空港の地下駅に着くのが出発時間の1時間弱前、、げげー。ピーンチ!(@_@;; といってもすぐに列車が来てくれるわけでもないので、ホームにいたカラス君をパチリ!ニシコクマルカラスといって、真っ黒じゃなく首の周りが銀色です。鳴き声もチー!って感じで少し甲高く可愛い感じ。なんてことをやっているうちに列車がやってきた。ジリジリと車内で腕時計をみる、どうやら時刻表通りには進んでくれているようだ。

空港の地下に着いたら、ダーッシュ! なぜ焦ってるかというと、前回の経験で、ボーディング時間(乗る時間)でなくてそれより前にゲートクローズ時間となっちゃう可能性があるからなのさ。で、地上ロビーにでて、チェックインカウンターがどこだか掲示板を見たけどなぜか目的の便が表示されていない。たぶん同じキャリアなら他の便と同じカウンターだろとそっちへ走る。途中、自動チェックイン機が並んでいるのが目に入った。誰も居ないのですぐ発券できそうだ。発券できた!ゲート番号もこれでわかった!ゲートに向かって直接ダーッシュ! セキュリティチェックもほとんど並んでなくてすんなり、出国審査ゲートもあまり並んでなくてすんなり、ボーディング時間より10分以上前にゲートに到着

DSC07537 DSC07541 DSC07546

飛行機に乗り込み、席に座ってみると…あれ?なんか雰囲気違うぞ?! これってもしかしてビジネスクラス席? チケットをよく見るとプロモーションと書いてある。どうやらキャンペーなのか何なのか知らないがグレードアップされていたようだ。(気がつかなかったw) 機内食がちょっぴりオシャレ。暖めたパンがCAから配られ、こじゃれたお弁当箱風の機内食。味は…まあそんな感じでしたけど(^^; デザートのカップケーキは美味しかったかな。

着いたのはフランス、シャルル・ド・ゴール空港。ターミナル2Fから2Eに移動せねばならないらしい。すぐ隣なので渡り廊下を歩いて抜けていけば良いようだ。通路を行くとだーれも歩いてない。少々不安になりながら行くとちょうどターミナル同士の真ん中、トランジット(乗り換え)用の入出国審査ゲートがあった。そのコーナー入り口に にーちゃん(イケメン)が立っててボーディングチケットを見せろという。今回Skyteam(KLM)とOne World(JAL)を乗り継ぐことになってしまっていたので実はスキポール空港の自動発券機では、グループ会社の違うために、連続発券ができなくて、乗り継ぎのためのチケットが手元になかったのです。するとにーちゃんは一旦、ターミナルに逆戻りして、AIR FRANCEの乗り継ぎカウンターに行き、発券してもらってこいという。しかたなく逆戻り、カウンターに着くとえらい行列、が、またも自動発券機は誰も並んでない。ってことで、またも発券機のお世話になって、さっきの入出国審査ゲートにいって、ガーラガラのゲートを抜け、無事に目的のゲートにたどり着く。

DSC07556 DSC07558 too high...  / トイレ…高すぎ(^^;

今回は急な出張だったため、空港で当日借りたWiFiルータだったもので、割高だけど在庫として残っていた欧州どこでもタイプになってしまったけど、オランダ以外の空港でもWiFiルーターが使えたのは便利だったな。でさ、欧州ってどーして男子トイレのアサガオがこんなに背が高いかね? 179cmの僕でギリギリw

DSC07567 DSC07565 DSC07572

帰りはちょー満席。僕の席は真ん中席。座席はつい最近CMでやってる広くなった座席間隔のやつ。出入りが少し楽です。座り心地はわるくはない。が、僕の尻にはあわなかったようで、時間が経つと尻がしびれるように痛くなってきた(>_<) あっち向いたりこっち向いたり、ぐるんゴロンしながらなんとかごまかしつつ、羽田への10時間以上のフライトです。帰りの便は、機内WiFiが使えたので、1フライトでの申し込み。今回はJALカードがあったので$19です。

DSC07576 DSC07579 DSC07580

機内で映画観たり、WiFi使ってアレコレアップロードしてみたり遊ぼうかと思ってたのですが、3.5日で2時間x3回の仮眠ではさすがに眠すぎです。機内食のサービスの時間以外はほとんど爆睡してました(苦笑) 羽田に着いたら、バスで厚木と思ったのですけど、またもちょうど良い時間のがなくて電車で。

それにしてもすんごい強行軍な海外出張でしたな

|

« またオランダへ(2) | Main | 山菜まつり »

旅行記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/59822214

Listed below are links to weblogs that reference またオランダへ(3):

« またオランダへ(2) | Main | 山菜まつり »