« 肩鎖関節脱臼 治療の日々 ~完結編~ | Main | 江戸っ子 »

2013.11.19

チェアスキー発祥の地

あのチェアスキーって、うちからすぐ近くの神奈川リハビリテーションセンターが発祥の地だったのかぁ。 いやぁ知らなかった!
車いすの人にはスキーは危険といわれ、見向きもされなかった1976年から手弁当で開発を進め、80年に職員が中心になって日本チェアスキー協会設立、ついには98年の長野五輪に女子滑降で大日方邦子選手による日本人初の金メダル獲得に繋がっていくんですね。

パラリンピックに使われるいろいろな補助機材は、その機能性にいつも驚かされる。努力に対する無限の可能性を感じる。機能美を感じる。そのひとつが厚木発祥だったというのは驚きとともになんか嬉しい(^_^)

チェアスキーは神奈川発祥 76年から開発、メダル量産:朝日新聞デジタル.

障害者スポーツの祭典・パラリンピックでメダルを量産し、世界から注目を集める日本製の「チェアスキー」。その技術は、37年前から神奈川県厚木市のリハビリ施設で試行錯誤を重ねて確立したものだ。来年3月のロシア・ソチでの冬季パラリンピックを前に、発祥の地の石碑を建てる構想も進む。


|

« 肩鎖関節脱臼 治療の日々 ~完結編~ | Main | 江戸っ子 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/58603045

Listed below are links to weblogs that reference チェアスキー発祥の地:

« 肩鎖関節脱臼 治療の日々 ~完結編~ | Main | 江戸っ子 »