« チェアスキー発祥の地 | Main | フットサル教室 »

2013.11.24

江戸っ子

9月の時は台風に邪魔されてしまいましたが、ついに8,000m級の深海に無人探査機「江戸っ子1号」を送り込み、魚類を撮影して無事に戻ってきましたねぇ。

下町の「江戸っ子1号」、深海7800メートルで魚撮影:朝日新聞デジタル.

東京・下町の町工場などが共同開発した無人深海探査機「江戸っ子1号」が、日本海溝の水深約7800メートル付近で、「ヨミノアシロ」とみられる深海魚を3次元カメラで撮影するのに成功した。独立行政法人・海洋研究開発機構の調査研究船「かいよう」に引き揚げられ、24日に神奈川県横須賀市に戻った。

7700mよりも深い海で魚類を写したということになると、新記録の快挙だそうで、しかもこれで数億かかっていた深海探査機が今回は町工場技術を盛り込んで一桁小さい2,000万円で作り、また今後は漁船などでも投下可能なシンプルな機構をであることからもっと深海探査が身近になる可能性を秘めてるとか。

海の中のことって、未だに判っていないことだらけ。宇宙の方も気になるけど、深海ももっともっと、誰でも覗きに行けるようになると楽しそうだよね。

|

« チェアスキー発祥の地 | Main | フットサル教室 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/58638694

Listed below are links to weblogs that reference 江戸っ子:

« チェアスキー発祥の地 | Main | フットサル教室 »