« 山落語 | Main | う゛ぁかもれ »

2013.09.29

青年小屋~権現岳~三ツ頭~天女山~甲斐大泉

権現小屋からの眺め

山落語、明けて翌日。今日もむっちゃ良い天気!下山しましょう(^_^)

今回の写真もFlickrにまとめてアップされてますのでそちらもどうぞ。

DSC04130

Dsc041351

5時半、オーナーおかみさんの手作りシューマイ付き、おいしい朝ご飯を食べて、友人と今日のルート検討。天気が良いので権現岳は行かないというのはない。その後どうするか?権現岳ピストン、権現岳~三ツ頭~木戸口公園~観音平、もしくは青年小屋~権現岳~三ツ頭~天女山~甲斐大泉で小梅線で小淵沢に戻るルートがいいか。

散々、八ヶ岳に来ている友人はなぜか三ツ頭のルートはまだ行ったことがないという。ってことで、少し距離は長くなるが天女山を目指すことにした。

まずは権現岳を目指します。途中のノロシバからの眺めは最高!

ノロシバからの眺め

ギボシのところでは鎖場とガレ場で結構恐い思いをしつつw登り、稜線に出ると権現小屋と権現岳が富士山に重なりこれまた良い眺め。

ギボシからの眺め

権現小屋に着くと、常連の友人は小屋番さんと談笑、僕もまぜてもらう。 権現小屋からの眺め

でもって、権現岳山頂です。2715m。この裏はすとーんと切り立った絶壁ですし、手前も岩肌急斜面。看板のところで一人ずつ貼り付いての記念撮影となります(笑)

権現岳山頂

鎖場を降り、稜線に戻り、三ツ頭へとすすんでいきます。

DSC04209

ごつごつしたとがった岩がゴロゴロしたところが三ツ頭山頂。ここも良い眺めです。

DSC04215

ここからが下り道として厳しくなってきました。急坂+こぶし大の石がゴロゴロしたガレ状態なので足場が悪く、気を許すと即、すっころびそう。慎重にと思えば思うほど今度は膝に負担が来ます。。。

前三ツ頭

実はこの「前三ツ頭」から「天の河原」までの部分が今回一番苦しかった。800mの高度差、かなりの急坂+こぶし大の石がゴロゴロしたガレ状態を延々2時間で降り歩くのだ。途中いい加減、膝が悲鳴を上げ始めていた。こんな事もあろうかと普段右膝だけなのを両膝にサポーターを着けてきたのだが、これが無かったら途中で動けなくなってかなりやばいことになっていたかもしれない。1時間半ぐらい経ったところで、1800m弱まで降りてきたところでだいぶ傾斜が緩くなってきて正直助かった。

天の河原 天女山

天の河原を抜け、天女山駐車場でタクシーでもと思ったが、もう少し下がって八ヶ岳横断道路まで出ちゃうことにした。とっとこ降りると、時間は13時。なんかタクシー代がもったいなくなってきて、このまま甲斐大泉まで歩いちゃて飯でも食おうということにする。が、予想されていたことではあるが、着いてみると駅の周りに何にも無い!(笑) 駅の周りをフラフラ歩いてみると「ゆ」の幟が?!

甲斐大泉温泉 パノラマの湯 でした \(^o^)/

甲斐大泉温泉 パノラマの湯

野菜市場のところにおばちゃんのカフェがあるので覗くも13:30閉店(^^; (現在14時) 仕方ないので、パノラマ湯の建物に向かうと、影に軽食屋の看板が!よっしゃー!風呂入って飯食って列車に乗ろう!

名物?ステーキ丼

飯食ったら、小梅線に乗って小淵沢へ。なんと駅のホームに落語の一行が?!全く別ルートだったはずなのにまた会えるなんてなんて偶然。我々の一本前のあずさで都内へ戻るらしい。ホームの向かい側の駐車場にも落語一行の現地組とサポーターの方々。「また来年!」と挨拶しつつ、我々も「はまかいじ」に乗り込みました。

|

« 山落語 | Main | う゛ぁかもれ »

旅行記」カテゴリの記事

Comments

うおー!なんてキモチよさそうなんでしょ。ヽ(´▽`)/
(この日だったのですね。<ニアミス)

Posted by: knys | 2013.10.11 at 23:02

knysさん、
そうなのです。knysさんが小淵沢でおいしいものを食べてる頃、ひいこらひいこら山歩きをしていました(笑)
きつかったですが良い天気に恵まれて
素晴らしい景色をたっぷり目に焼き付けてきました。

Posted by: くっきも | 2013.10.12 at 09:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/58324247

Listed below are links to weblogs that reference 青年小屋~権現岳~三ツ頭~天女山~甲斐大泉:

« 山落語 | Main | う゛ぁかもれ »