« 世界遺産へ | Main | 2199 »

2013.05.03

年収100万円

同じことをしてるならその報酬は同じ金額であるべきだということを国も跨いで人材を採用しているのならば、金額も国を跨いで適用したいというのは判らんでもない。ただ、果たして「同じ」というレベルは高い方に合せるのか、低い方に合せるのか。

朝日新聞デジタル:「年収100万円も仕方ない」ユニクロ柳井会長に聞く.

――「世界同一賃金」を導入する狙いは何ですか。

 「社員は、どこの国で働こうが同じ収益を上げていれば同じ賃金でというのが基本的な考え方だ。海外に出店するようになって以来、ずっと考えていた。新興国や途上国にも優秀な社員がいるのに、同じ会社にいても、国が違うから賃金が低いというのは、グローバルに事業を展開しようとする企業ではあり得ない」

しかしほんとうに国や地域を跨いで同じ金額でいいのだろうか?
雇用され働く地域でその人は暮らさねばならないという視点が欠けてるような気がする。特に安い方で統一化された場合、物価の高い地域ではどう考えても生活に行き詰まる。例えば、都内の店舗で働いていてタイトルのような年収100万円で仕方ないといえるのだろうか。そんなことで優秀な人材を確保できるとは思えない。年収100万円が大金の地域から送り込まれたとしてもその金額では日本で生活できないからね。人材に逃げられちゃいますよ。

逆に平均月収数万円の地域で周りの店からすればその仕事に不相応でも人件費コストを押し上げようとも年収何百万円とか払えるのだろうか。払えるんであれば、そのほうが人材は確保できる。途上国で現地採用か日本本社採用かで同じ仕事をしてても給与差がとんでもなくあるというのをよく聞く。それを聞くと理不尽だよなという思いは確かにある。実際に現地スタッフは優秀なほど待遇を理由にさっさと辞めてしまう。
この統一賃金が成りたつのは高い方に合せたときだけのような気がする。であれは、この会長が言おうとしているのはなんだろう?単純に高い方に合せるとはどー考えても思えない(笑)

賃金の二極化。付加価値の生み出せるごくごく一部はどーん!と貰い、それ以外はフラット化を食らって年収100万円に。つまりこれを会社の中でやってみるということなのか。。。

|

« 世界遺産へ | Main | 2199 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/57303117

Listed below are links to weblogs that reference 年収100万円:

« 世界遺産へ | Main | 2199 »