« April 2013 | Main | June 2013 »

May 2013

2013.05.31

ペトリ

Google

今日のGoogle Top画面はペトリ皿(シャーレ)です。
絵的には寒天培地に「Google」となぞって培養された菌がうじゃうじゃというちょっとヒく表現なのですが…(^^;

中学や高校(高専)の理科の実験の時にあれこれ平皿として便利に使っていたような記憶があるけれど、これって微生物培養の専用容器だったんですね。当時もシャーレなどと呼ばずにペトリ皿って呼んでいたんですが、寒天培地とそれ専用のガラスの浅皿容器を作ったのがユリウス リヒャルト ペトリ氏ってことだったのかと今更ながら無駄知識を一つ積むことになりました(笑)。

中学の頃、科学部という学校のクラブ活動にはいっていましたが、まあ、碌なことはしてませんでしたねぇ。夏になるとへんてこな電子工作やら試験管アイスを作り、春と秋は顧問が屋上で飼っていたミツバチの世話というかいたずらというか…蜂蜜採取を手伝い、冬は塩やミョウバン、硫酸銅での巨大な再結晶作りって感じで遊んでばかり。ペトリ皿も細かいパーツ入れにつかわれていたような(^^;

てなことをペトリ皿の名前を久々にみて思い出しましたとさ。

リンク: ユリウス リヒャルト ペトリ - Google 検索.

リンク: シャーレ - Wikipedia.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.05.21

Flickrががが…

げげっ がっつり変わった… 今風と言えばその通りだが…

米Yahooが Flickr を全面リニューアル、無料で1TBまでアップロード可能に - Engadget Japanese.

リニューアルの目玉は大きな写真を敷き詰めた新ユーザーインターフェース、無料で1TB容量の提供 (「6.5Mピクセル写真にして53万7731枚」)、モバイルアプリの大幅強化など。続きには新デザインの概要と、発表からの質疑セッションを掲載します。

自分とこもカバー写真とかアイコンとかが出来合だったり、サイズがミスマッチしてたりしてたのでそれに合わせてちょいと編集…

Flickrの中のあちこちがタイル風のUIに変わりつつあったのだが、今回一気に変わったと言うことだ。

コメントやタイトルがマウスホバーしないと出ないというのは、ざっと見回して確認できない、ちょっと面倒になったかな。

気になるところは、有料アカウントの特典がどうなってしまうのか?

今までの実質的な特典は、一月にアップロードできる量の制限ありなしとか動画のサイズとか、セット(アルバムみたいもの)の数の制限のありなしとかがあったわけですが…

記事によると、無料会員でも1TBの容量があるが、有料オプションで容量がダブル?の2TBとか、さらに広告無しとかもあるようだ。

でもって、届いているメールによると元のPro Member(有料会員)には、無制限容量と無広告と無制限の詳細Stats(どこからどれだけ観られたか)があるよと書いてある。どうやら無料会員には1TBの容量アップにはなったが、広告表示とともにStatsがない?状態になるようだ。

でも、これからどうなるかは判らないなぁ。。。まあ、いまのところ引っ越す予定はありませんし、そもそもFlickr歴10年に及ぶこのばかでかい資産をどこかに動かせることもできないしね(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.05.18

うくれれ

ウクレレ ukulele

なんの気の迷いか…ウクレレを買ってしまいました(^^;;;

教本みーみーチラポロとはじめてみたものの、弦楽器どころかまるっきり楽器にこの歳になるまでまともに触ったことがないですからねぇ、いやぁ指がこれっぽっちも動きません。(^^ゞ

まー、ボケ防止にってことで(笑)
ただなぁ飽きっぽいのでどこまで続くかだな。
休み休みになるかもしれんが
できるところまでやってみますか…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.05.16

バーナー

DSC02602

道標巡りも3回目。今日は広沢寺から6カ所を巡りつつ10Km歩きました。それなりの距離になってますが、まあ、前回のように山道ハイキングではないので少しは楽です。途中の公民館で昼飯です。前回、前々回とバーナーで沸かしたお湯でのお茶をご馳走になってたので、今日はバーナーを持参してお茶を振る舞う側になってみました。
さすがPRIMUS P-153 あっという間にお湯が沸きます(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.05.14

α1 α2

Cosmo Zero (Yamato2199)

ついカッとなって買ってしまった、第二弾(笑)
コスモゼロ 古代機(α1)と山本玲機(α2)です。

(→第一弾)

「零式52型空間艦上戦闘機 コスモゼロ」が正式名称だそうで。造作は昔のよりシャープなデザインになってますがおおよそ同じで、今も昔も番組の中ではユキカゼについで目を惹いていたメカです。
なぜか52型という型名が付いてます。これは飛ぶことが出来た零戦の最終型の型名からきてるんですね。(54型というのがありますが、試作の状態で終戦となってます)

実際にあの位置のカタパルトで発艦できるよう大和に積まれていた戦闘機というか偵察機は、零戦にゲタ(フロート)履かせた二式水上戦闘機ではなく、零式といいつつも別物の弾着観測用水上複葉機の零式水上観測機や足の遅い索敵用三座水上機の零式水上偵察機だったりするのですが…まあ、いっか。

サーシャ、スターシャ、森雪くらいしか居なかった(てか皆同じ顔…)のですが、時代なんでしょうね、今回は女性キャラがいろんな属性wで多数入ってます。
戦闘機のりとしても前作の長髪のブラックタイガー隊の山本明あらため、山本玲が古代進の搭乗機であるコスモゼロの2番機の搭乗員として出てきます。カラーリング違いってだけなんですが、これも買っとかないとダメみたいなんで(ぉぃぉぃ)

ブラックタイガーもリメイクされてコスモファルコンという名の攻撃機として、なぜか「隼」の通称で登場してます。このコスモファルコンも欲しいのですが、雑誌のおまけとしてしか今のところないようで、バンダイから商品化されないかなあと待ってるところです(苦笑)

それにしてもいつ作りましょう(^^; できればカラーを買ってきたいところなんだけどなあ。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.05.12

もみじまんじゅうに うさぎハンカチ

Mother's Day, from Son

昨日、息子が2泊3日の修学旅行から帰ってきました。母の日プレゼントとかいってウサギのハンカチ付き。姉にもストラップ。一応気にしてるのね(笑) で、父には?? (-_-;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.05.11

うっくれっれ~♪

うっくれっれ~

茅ヶ崎での催し、アロハマーケットプレイスに行ってみた。でもって、ウクレレを体験してみた。

そもそも音痴で不器用。楽器の類いはこれっぽっちも弾けず、せいぜい中学校の音楽の授業でリコーダをピポピポと無様に吹いていたことしか経験がない。高校時代、彼女に「やってみ?」とギターを渡され、ものの30分でフレットを押さえる手は痙り、指先真っ赤に腫れてそのままアッサリ断念したヘタレでもある。しかし、音階の出る楽器が奏でられたらなあという気持ちはそれからずっといまもフツフツしていた。

が、どこからきた気の迷いか、最近なんとなーく、ウクレレならなんかできそうな気がしてきた。そんなところへ友人がウクレレの商売を始めるというではないか。そんなこんなでまずは触ってみるかとその友人がイベントでのワークショップ(正確には隣のワークショップ)で初心者講習会やってるというので行ってみることに。

Ukulele

着いたときには終わっていた初心者講座ではなく、初級者講座に潜り込み(^^; 貸し出しのウクレレを受取り、持ち方から習いつつもチャップリンのSMAILのTAB譜面をもらい弾いてみる。難しくて押さえきれない和音はとりあえず置いといて、1弦だけをポロポロと小一時間。。。

うーん、いけそうかも(^^; 始めてみますかねぇ。問題は練習をどうするかだな。家ではたぶんすぐ飽きてしまって続かないだろう。どこかに習いに行きたいが、月謝は高いし、、、サークル探すか。

トップの写真は、友人が展示していたウクレレの一部。まじめなウクレレの中になぜか、
(サ)(マ)レレ、ネコレレw 。。
ちなみに音は…買うなら一番奥かな(笑) 高そう(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.05.09

排ガス発電

ほほぉおもしろいじゃまいか!

燃料電池と熱電変換でバイクという全然スペースがないところで排ガス発電を実現してるのか。

排気ガス圧力を使うかと思いきや、SOFC燃料電池と半導体熱電変換素子を使うアイディアでちょいと驚いた。

蓄電・発電機器:排気ガスで400W発電できる、まずはバイクの補助電源から (1/2) - スマートジャパン.

都市ガスで発電し、お湯も得られるエネファーム。この考え方を最大限に拡張すると、排気ガスから発電するオートバイや自動車用の発電機になる。排気ガス中にわずかに残っている燃料を取り込み、燃料電池で発電する。さらに排気ガスと燃料電池の熱自体から電力を得るという発想だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.05.06

ツナタイカレー缶詰

いなば タイカレー缶詰

旨いそうだよと話を聞くがいっこうにお店で見かけない「いなば の タイカレー缶詰」シリーズ。が、棚にどどーっと積んであるのを見つけて赤黄緑と1個ずつ買ってきました。

んでもって、今日は食べ比べ。少し量が足らないかもしれないので自分ちで作ったキーマカレーも追加で。

いやぁ、コレ旨いわ!缶詰とバカに出来きないとかいうレベル超えてるよコレ。
レッドカレーはレモングラスの香りが缶を開けた途端ふわっと!
グリーンカレーのビビビなウマ辛さもすんばらしい。
イエローもまろやかで旨い旨い。
こりゃ次見つけたら少し数買込んで備蓄しておくかな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2013.05.05

2199

Kirishima/Murasame/Yukikaze (Yamato2199)

ついカッとなって買ってしまった。(笑)

最近、宇宙戦艦ヤマトのリメーク版をTVで放送やってて、なんとはなく見始めちゃったんですが、結構オリジナルに近い設定というか、キメの台詞などは昔通りのが使われてたりして、、引き込まれてます(^^ゞ

でね、昔からユキカゼがかっこいいと思っていたのですよ。CMでプラモがあることを知って、つい買っちまったわけです。

ヤマトは買いたいとは思いません。そういえば、ウォーターラインという戦時中の艦船プラモデルに中学生時代に嵌まっていたのですが、大型戦艦はほとんど作らず、もっぱら巡洋艦だの駆逐艦だの作りまくってたのを思い出しました。 まあ、金がなくて高いキットが変えなかったこともあったけど、地味だけど特徴的な形がすきだったんですわ。そんなこんなでこれ買っちゃったんだろうな。

あとは、、いつ組み立てよう(^^; できれば色も塗りたいがそれらを買うのも大変そう。プラモデル屋って探さないとないからね…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.05.03

年収100万円

同じことをしてるならその報酬は同じ金額であるべきだということを国も跨いで人材を採用しているのならば、金額も国を跨いで適用したいというのは判らんでもない。ただ、果たして「同じ」というレベルは高い方に合せるのか、低い方に合せるのか。

朝日新聞デジタル:「年収100万円も仕方ない」ユニクロ柳井会長に聞く.

――「世界同一賃金」を導入する狙いは何ですか。

 「社員は、どこの国で働こうが同じ収益を上げていれば同じ賃金でというのが基本的な考え方だ。海外に出店するようになって以来、ずっと考えていた。新興国や途上国にも優秀な社員がいるのに、同じ会社にいても、国が違うから賃金が低いというのは、グローバルに事業を展開しようとする企業ではあり得ない」

しかしほんとうに国や地域を跨いで同じ金額でいいのだろうか?
雇用され働く地域でその人は暮らさねばならないという視点が欠けてるような気がする。特に安い方で統一化された場合、物価の高い地域ではどう考えても生活に行き詰まる。例えば、都内の店舗で働いていてタイトルのような年収100万円で仕方ないといえるのだろうか。そんなことで優秀な人材を確保できるとは思えない。年収100万円が大金の地域から送り込まれたとしてもその金額では日本で生活できないからね。人材に逃げられちゃいますよ。

逆に平均月収数万円の地域で周りの店からすればその仕事に不相応でも人件費コストを押し上げようとも年収何百万円とか払えるのだろうか。払えるんであれば、そのほうが人材は確保できる。途上国で現地採用か日本本社採用かで同じ仕事をしてても給与差がとんでもなくあるというのをよく聞く。それを聞くと理不尽だよなという思いは確かにある。実際に現地スタッフは優秀なほど待遇を理由にさっさと辞めてしまう。
この統一賃金が成りたつのは高い方に合せたときだけのような気がする。であれは、この会長が言おうとしているのはなんだろう?単純に高い方に合せるとはどー考えても思えない(笑)

賃金の二極化。付加価値の生み出せるごくごく一部はどーん!と貰い、それ以外はフラット化を食らって年収100万円に。つまりこれを会社の中でやってみるということなのか。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.05.01

世界遺産へ

ようやく「富士山」世界遺産に登録されそうってことですね。

朝日新聞デジタル:富士山、世界遺産へ(5月1日) - 号外.

「富士山」が世界文化遺産に登録される見通しとなった。ユネスコ世界遺産委員会の諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)が条件付きで「登録」を勧告した。~6月16~27日、カンボジアのプノンペンで開かれる世界遺産委員会で最終決定する。

残念ながら鎌倉は「不登録」。史跡が広い範囲に点在してしまっていることとそれぞれが鎌倉幕府以降の史跡だったり街として開発が進んでしまっているからだろう。

実際、富士山は自然遺産として登録しようとしていたがあまりに環境が悪い(ゴミだらけ、開発しまくられてる)ことから何度もその選を逃している。今回は「富士山と信仰・芸術の関連遺産群」という文化遺産としての登録申請だった。が、三保の松原を除外せよとの条件付き。なぜ除外なのかは、遠すぎるとか人工砂浜やら消波ブロックが邪魔なのではという話があるが正式には判っていない。
僕は三保の松原の他に、忍野八海からの眺めが富士山が一番美しいと思っていたので、そこが入ってないのも納得してないのですがねえ(苦笑) 西から来た人たちの巡礼スタートの位置が三保の松原だからという理由っぽいけど、遠すぎると言われると仕方ない気もします。
またゴミなどの環境問題も2016年までには片を付けておくようにと言うのもあるようだ。これについては入山の有料化(どうやって徴収するかも問題になりそうだが)が鍵になるだろうね。

まあ、これからが次世代に美しい富士の景観を残すための正念場ってことかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2013 | Main | June 2013 »