« ついに黒船が… | Main | Jack O'range »

2012.10.27

八ヶ岳

編笠山

友達に誘われ、八ヶ岳の南端、編笠山に登ってきました。本格的な山歩きはコレが初めて。よって装備も持ってないので登山グッズ屋にいって、まずいい加減なものではまずい靴とリュック、そしてレインウェアを買いそろえ、あとは手持ちのハイキング用だったりキャンプ用品だったりフットサルで着てるものだったりとかき集めてさあ出発。

朝6時に車で家を出て、ちょっと天気がイマイチながらも小淵沢ICで降り、そのまま登山口である観音平へ。運良く帰る車があってそのスペースに車を止め、準備を整えて9:40に登山開始。そうそうちゃんと登山者名簿を出しとかないとね。

曇り空でなければもっと紅葉がきりりと見えたはずなんだけど…と思いつつシラカバの林を抜けていきます。50分ほどで第一のチェックポイント「雲海」 文字通り雲しか見えません(^^;

途中で行動食をつまみつつも2つめのチェックポイント「押手川」。編笠山山頂へ向かうか(急斜面)、編笠山を迂回(まき道)で青年小屋へ向かうかの分岐点。雲海からここまで45分。余力もありそうだし、天気も大丈夫そうなので編笠山に行ってみることにする。が、これがすごい急斜面。というかでっかい石を乗り越えていく感じ。それがどんどんきつくなっていく。僕の前に僕よりだいぶ先輩の女性ふたり。休みながらえっちらおっちら登っていくのですが、「お先へどうぞ」と言われてもこっちもイッパイイッパイ(^^;; 追い越せる状態ではない。ついに森林限界をこえるとそこが頂上!いやぁ 大変だった。平均的時間1時間25分のところ、1時間40分かかったよ。

眺めが良いこと!ちょうど雲も切れてぐるりと眺望できる。西岳の下に紅葉が広がる。ここでお弁当のおにぎりをぱくつき、一休みしたら今度は下り、今夜の宿の青年小屋を目指します。が、大きな石を乗り越えるのはまた一緒、しかも雪が残っていてずるずる滑る。。苦しみつつ平均25分とするところを1時間近くかけてようやく到着

友人らとも合流。まずは水汲み。そのあとは餅つきです(笑) この日は小屋をしめる前のイベント「ほうとう祭」。搗き手がどうにも心許ないので参戦。しまった、やり過ぎた。スタッフから来年5月の山菜祭にも手伝いに来いと言われてしまった(^^;

提灯が点りました
夜になり、青年小屋の「遠い飲み屋」の提灯にも灯が点る。ほうとうも旨かったし、テーブルに一本ずつ付く日本酒も旨かっし、話もおもしろかったぁ。

食事のあとは、メインイベント、じゃんけん大会です。スポンサーだったり知り合いからだったり小屋からだったりから集まった賞品ゲットを目指して、賞品ごとに皆でじゃんけんです。それにしても僕は勝負運(くじ運)がない、狙ってる賞品はことごとく負け、勝ってしまったのが「とん汁」 orz... まあ、米5kgが当たらなかっただけ吉とするべきか。

じゃんけん大会が終わったら、小屋にも就寝の時間がやってきました。お休みなさい。

翌朝は5時に起床。5時半には朝食。小屋のおかみさん名物のシュウマイ付きです。外に出ると、、、げげぇ…!レインウェアなどなどぎっちり着込んで、迂回路(まき道)で一気に下山です。降りきって、小淵沢の道の駅にある延命の湯でひとっ風呂浴び、友人らを駅まで送ったあと、また戻ってきて(笑) 蕎麦で昼飯にしました。

本格的な山歩き(トレッキング)は初めての経験でしたが、このまま趣味として定着しそうです。冬の間は雪の心配のない近場の低山をちょこちょこ登って経験積みますか。

|

« ついに黒船が… | Main | Jack O'range »

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/56438938

Listed below are links to weblogs that reference 八ヶ岳:

« ついに黒船が… | Main | Jack O'range »