« ぶんぱつ | Main | 八ヶ岳 »

2012.10.25

ついに黒船が…

アマゾン Kindle ストアは国内10月25日開店。コミックや日本語書籍5万点、洋書140万冊 - Engadget Japanese.

「来るぞ来るぞ」と日本の書籍販売界がおびえにおびえていた黒船がついにやってきましたね。kindle端末も思った以上に値段が抑えられてますが、この恐れるべきはサービス。満を持した日本語版5万冊のラインナップでのスタートもそうですけど、一つのオンライン店舗で書籍、音楽、動画ダウンロード決済どころかごく普通の通販もこなすOne Stop Serviceであり、かつ専用端末で囲い込まずアプリが入っていればどこでも買えるし読みかけの本も続きから楽しめるまさに何でもどこでも売る瞬時に届けるサービスがアマゾンの真骨頂なのだよね。 いろんな会社が真似ようと試みているけど、いまのところアマゾンがぶっちぎりの位置をキープしているようにみえますね。

さて、kindle ストアでの書籍はいつから発売だろうとアマゾンを覗くとどうやらまだ洋書ばかりで日本語の本はこれからボチボチと増えていくようだ。が、すでにkindle版が用意されている書籍のページにはkindle版、文庫版とどちらを買うのかと切換窓が表示されるようになっている。とりあえず試しにKindle for Androidでもいれてみる。加えて2冊ほど買って入れてみる。でもってSony Tablet TypePでアプリを起動、2画面モードにする…と落ちたorz...まあ、キワモノだからな、そんなもんだろう。

Sony Reader、Google Books、そしてkindle、どうなっていくのかちょっと楽しみである。が、僕は基本的に本は紙で読みたい派(笑) 便利なのは重々分かるんですけど、どうも紙で読むときより没入感がいまひとつ湧かないのです。画面で見るのが疲れるからなのかもしれません。液晶画面のせい?と E Inkの機種で試したこともありますがやっぱり途中で飽きてしまいます。なにが違うんでしょうか…

|

« ぶんぱつ | Main | 八ヶ岳 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/56439269

Listed below are links to weblogs that reference ついに黒船が…:

« ぶんぱつ | Main | 八ヶ岳 »