« July 2011 | Main | September 2011 »

August 2011

2011.08.28

北京に行ってました

DSC04620


万里の長城なんだな…

15日から26日の金曜日までの2週間、ちょっくら北京まで出張してました。中国本土は成都にいったのからすでに7年。北京は空港を通り過ぎただけだし、その空港も大きく様変わりしてました。
仕事はそこそこ順調で、予備日にしていた土日もオフとなり、現地で申し込めるツアーに潜り込んで万里の長城も見られたし、地下鉄でポイッと行って故宮(紫禁城)も見られたし、今回はちょっぴり美味しい出張でしたなあ。
ってことで、写真をいつものようにFlickerにアップしてますんで、そちらでどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.08.03

でふぉると

ほぼ予想通り、デフォルト(破産)になりそうな期限、8月2日にギリギリ間に合わせての合意、法案成立になりましたね。これで一安心ってわけでもなく、格付けが下がれば、それを理由にまた一段とドル安に傾く可能性もまだあるわけで、まだまだどうなるか分かりませんなあ。

他人事でなく、日本も900兆円もの累積債務を抱える国。債務上限法ってものもないようなので、その時々の政府がジャブジャブと赤字国債を発行しているような状態なんだよね。とりあえずジジババの代が溜め込んでると思われる金融資産1000兆円くらいありそうと言うのがせめてもの救いにはなっているけど、歳入が40兆円もないのに、
歳出は90兆円を超えてるという異常さを直す気配もなく、復興という名の下にまた借金をふやそうと考えているようだし。。日本にも債務上限法を作って欲しくなってきましたねえ。一緒に5年、もしくは10年で債務超過から抜け出す計画も込みで。

ベースとなるのは、IMFが以前提案していた「IMF 日本財政再建プログラム」ですかね? 公務員総数・給与、年金、社会保障費を30%カットて歳出を減らし、歳入は消費税の3倍アップの15%というやつです。が、いままで散々財政赤字を見て見ぬふりするどころか最後はばらまき連発しかできなかった自民党にも、そのあと改革するといいつつもずるずるとやっぱりばらまき連発しかできない似たもの同士の2つの党には期待は全く出来そうもないですなあ。

asahi.com(朝日新聞社):米債務上限引き上げ法が成立 オバマ大統領が署名 - ビジネス・経済.

オバマ米大統領は2日午後(日本時間3日午前)、米上院・下院を通過した債務上限を引き上げる法案に署名し、同法が成立した。米政府の債務不履行(デフォルト)は引き上げ期限当日の2日に回避された。これを受け、米欧の格付け大手2社は米国債を当面、格付け最上位に据え置く考えを示した。ただ、米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は依然、態度を明らかにしていない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2011 | Main | September 2011 »