« めがまっく | Main | 暈 halo »

2011.05.27

ほんの三か月の勤務と聞かされて

かれこれ7年前、遠く火星に降り立ち、3ヶ月動けばという予定がなんと6年間黙々と火星の表面の調査を行っていた「スピリット」。去年から通信が途絶えていたそうで、ついに断念することになったそうです。

NASA、火星探査機「スピリット」への通信を断念.

探査機「スピリット」について、NASAは同機との通信が2010年3月22日を最後に途絶えていることから、今月25日を最後に定期的な通信を取り止めることを発表しました。

火星の岩に穴を開け、水があったかもしれないという証拠を見つけてみたり、5kmも走って登山をしたり、3ヶ月のミッションのはずが、なんだかんだ6年間にも及ぶ調査がリモートで動くローバーで行われたことは、そりゃもう驚き意外のなにものでもないですね。。。エンジニアとして、ちょっとあこがれる仕事ではあります。

ちなみに同時に着陸している同型2号機の探査ロボット「オポチュニティ」は、まだまだ頑張って運用中です。これもまたとんでもないことです。

|

« めがまっく | Main | 暈 halo »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/51784028

Listed below are links to weblogs that reference ほんの三か月の勤務と聞かされて:

« めがまっく | Main | 暈 halo »