« ちゃぶ台と座椅子 | Main | PWR-100F + b-moblie U300 »

2010.08.26

NV-U76VT(続きの続き)

NV-U76VTをつけてしばらく使ってみたので、感想などを一つ。

さすがに20万、30万するようなカーナビではなく、純正でということでもないポータブルカーナビですので、豪華な使い勝手というわけにはいかないですが、それでもフルカーナビに迫る機能とうたうだけのことはあります。


電池内蔵:
エンジンかけなくても地図やルートを検索したり、取り外して家でウニョウニョと触って検討するという使い方が出来るのはポータブルカーナビのいいところでしょうか。

FM多重VICSユニット:

FM VICSとビーコンVICSの両方を装備できるポータブルカーナビは他にはありません。いままではビーコンVICSだけだったのですが、都会や幹線道路、高速道路だけならば確かにビーコンで充分なのかもしれませんが、うちの周りのようにビーコンがあるところが限られていたり、走り出す前におおよその混み具合がFM VICSで判るというのは思った通り、やっぱりあると便利です。ただし、渋滞回避の経路検索は別売のビーコンVICS UNIT NVA-VB8が必要なのはどうなんでしょ。ビーコンのほうが進行方向の細かい情報がとれるので回避ルートを正確にできるとはいえ、ビーコンおいそれが取れない道を走ることが多いので、これは考え直して欲しいもんですね。
あと、ちょっと便利だなと思ったのが、進行方向や案内ルート上に渋滞などがあるとに左下にでるVICSアイコンがオレンジや赤に変わるのですが、これをクリックするとどこの部分の渋滞で赤く変わってるのかを表示してくれる。この先大したことがないと思うのか、ゲーッとルートを自分で変えたりできるのでいいですね。

地図情報
2009年度版と周辺施設情報がプリロードされています。NVU-1のときはメモリースティックに追加で詳細地図や施設情報などを入れていたもんですが、いまや内蔵メモリーも8GBとDVD顔負けの容量です。100mの詳細地図を出すと家屋やビルのシェイプが表示され、いままでよりはすこし賑やかな地図情報となってます。また、オービス位置も収録されいていて、設定をすれば「まもなくオービスです」と音声ガイドが流れます。地図情報の更新はいままでの機種向けの地図も1年に一度アップデートのCD-ROMが発売されていますので、今回もちゃんと出るん じゃないかなと。それ以外の周辺施設のガイドブックはPetaMapと連動させてPCからダウンロードできるみたいが、いまのところやる予定はナシ。

画面の大きさ:
4.8インチ、しかもワイドなので縦方向の情報が足らない、こればっかりはしょうがないです。それでもルートガイド中の交差点情報はだいぶ整理されて表示するようになってます。ちなみにテッカテカの画面なのでノングレアな液晶保護シートを貼り付けることをおすすめします。

ルート検索:
検索時間が短くてすごーく頑張ってるといいたいのですが、、、やっぱり信号の少ない流れのいいバイパス道路より、駅前で信号いっぱい車の流れが悪かろうが何が何でも最短距離を選ぶ癖は直ってないようです。ビーコンVICSがあると動作する渋滞自動迂回もVICSは道の全てを網羅しているわけではなく、単に渋滞情報がないからだけで実際には渋滞している道に誘導する可能性もあるため、アテに出来ないことが多いです(笑) また、曲がる手前の音声ガイドがたびたび遅れて案内してくれるために曲がり損なうことがありました。特に連続でガイドポイントがあったりすると、いままでは単純に「次の交差点を右」といっていたのが「○×通り交差点を右」と交差点名を言うようになったためなのか一拍遅い感じになり、またビーコンを受信して処理してたりすると音声ガイドが出遅れたりするようです。
そうそう、過去の渋滞傾向についてのデータベースをつかってのルート検索もできるとありますが、通常、この機能はオフになっているので使いたい場合は、メニューから音に切り替えておく必要があります。

加速センサー&ジャイロセンサー:
鳴り物入りで紹介されている高精度な自車位置測位システム「POSITION plus GT」  これは確かに効果絶大です。高度計と傾斜計のおかげでしょう、一般道と併走している有料道路にいつのまにか乗ってることが無くなりましたし、いままで一本道のアクアラインのトンネルど真ん中辺で自車位置を見失ってくれていたわけですが、そんなこともなく出口まできちんと誘導出来てました。ただし、このジャイロ君。電子コンパスが内蔵されているはずなのですけど、一旦電源切ると電波を受信するまで自車位置の向きすら判らなくなるようです(取り外しが出来る仕組み上、致し方ないですけどね)。立体駐車場などに入れた後、GPS衛星が見つかるまで自車位置がまるっきり固まって自車の向きすら案内してくれないため出口でどっちに曲がっていいか悩むことが 一番困ることかな。純正のフルナビではこういうこと起きないのでモノ足らないです。向きくらいは表示して欲しかったな。

ワンセグなどマルチメディア再生:
ワンセグチューナーの感度は結構いいです。別売の追加アンテナなしでも本体のロッドアンテナを引き出すだけでそれなりに試聴できました。走り出すと画像は切れて音声だけになりますが、その場合注意文の画面が出っぱなし。。仕方なく「現在地」ボタンを押してナビに戻し、で車が止ってもワンセグの絵は出ないので、また絵が出るように操作し直し。んー、めんどくさい(^^;
メモリースティックによる音楽再生や動画再生は試してないので判らないです。

Bluetooth:
NV-U76をケータイと連動させて、着発信、通話が出来るハンドフリー端末に使うことが出来る機能があるんですが、自分のケータイはBluetooth機能が付いてないため使ってないです。機種変しようと思ってるので、それまではお預けかな。

また辛口な書き方になってしまってますが、総じて満足してます。ポータブルカーナビのくせにFM VICSにビーコンVICS、ハンドフリー機能、ワンセグチューナーと盛りだくさんで価格はオプション込みで8万円は他にはないですからね。


SONY 4.8V型 パーソナルナビゲーションシステム U76VT NV-U76VT
ソニー (2010-08-07)
売り上げランキング: 1147

SONY VICSビーコンユニット NVA-VB8
ソニー (2009-11-07)
売り上げランキング: 315

SONY 保護シート(低反射タイプ) NVA-PS1A
ソニー (2009-11-07)
売り上げランキング: 8481

|

« ちゃぶ台と座椅子 | Main | PWR-100F + b-moblie U300 »

携帯・デジカメ・モバイルグッズ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/49252633

Listed below are links to weblogs that reference NV-U76VT(続きの続き):

« ちゃぶ台と座椅子 | Main | PWR-100F + b-moblie U300 »