« あと一踏ん張り | Main | 新しい相棒 DSC-HX5V »

2010.06.14

祝福の花火

運良く、昨夜はコントロールルームからの中継で10時半、ついに停波となって皆が握手したあとぽつりぽつりと席を立って去っていく姿を、そして和歌山大学の中継をネットではやぶさが夜空に光って帰ってくる様をリアルタイムに見ることができました。なんというか、計画から3年も延長し、7年も駆けてきてカプセルに全てを託して散っていく姿ははかなくもあり、成功を祝した花火のようでもあり、何とも言えない気持ちになりましたよ。

はやぶさのカプセル回収 破損ない模様 - ITmedia News.

JAXAがはやぶさのカプセルを回収。「現段階で破損していない模様」という。カプセルにはイトカワの砂が入っている可能性があり、日本に運んで内容物を分析する。

3年前に賞味期限切れになっているはずのいろいろな機構は、きっちりトラブル無く働いたそうで、ほぼ予想通りのところにカプセルは着陸していたそうです。それ以上に驚きなのは、途中でパラシュートを開く際に外れた耐熱シールドも、あのブッシュがぼうぼうと生えた砂漠の真ん中からヘリコプターで探し出したってことですね。カプセルと違って位置を示すビーコンもなく、その姿もはっきりいって焦げた中華鍋(^^;ってかんじでしょうから、それを見つけ出すというのもスゴイもんです。しかし、通常の1.5倍とも言える再突入時の熱を受けた耐熱シールドは今後のシールド設計のための大切な実証実験結果でしょうから、これもまた貴重なものの一つでしょう。

さて、カプセルですが無事に回収できたこのあとは、、、9月頃にならないと中に何が入っているかの結果が出ないそうです(わはは) 慎重に搬送して、中に地球のものが混入しないような装置にに入れてからこれまた慎重に開けるのでしょう。
砂の一粒でも入っていることを祈りたいですね。

|

« あと一踏ん張り | Main | 新しい相棒 DSC-HX5V »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

http://twitpic.com/1wh78q
動画も写真も感涙物です。

Posted by: MAD | 2010.06.14 at 20:50

ほんと、聞けば聞くほど、はやぶさの物語にはウルウルさせられますね。
日本て、結構すごいじゃん。

Posted by: ピーちゃんの身元引受人 | 2010.06.15 at 07:46

MADさん、ピーちゃんの身元引受人さん

そう、結構日本もやるときはやるもんなのです。
はやぶさの帰還カウントダウンぺーじにいくと、寄稿された関係者のメッセージが載ってますが、これらを読むとほんとにきちんと帰ってきてその努力が報われたのだなあとウルウルきてしまいます。

次なる無謀でかつ用意周到なチャレンジはあるんでしょうか。。

Posted by: くっきも | 2010.07.01 at 00:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/48630112

Listed below are links to weblogs that reference 祝福の花火:

» 花火に関する記事 [花火]
今日は最近の個人的に話題の花火について語ります。私の周りでは花火について話す機会が多く、皆さんそれなりのマニアになっています。そんなことで私もインターネットで花火について調査してみることにしました。【静岡・浜松】花火大会データベース2010 | まるい生活【富士市】富士祭り2010富士川花火大会約5000発24日(土)19:00~【静岡市】第57回安倍川花火大会約15000発25日(日)19:30~【浜松市】浜名湖かんざんじ温泉灯篭流し花火大会約3000発30日(金)19:30~【牧の原市】静波海水... [Read More]

Tracked on 2010.06.16 at 14:27

« あと一踏ん張り | Main | 新しい相棒 DSC-HX5V »