« 第21回 お江戸オフ 調布界隈 | Main | 肩鎖関節脱臼 治療の日々 (18) »

2010.04.05

ちょうせんじょう

コンピュータが将棋でまた名人に挑むそうです。

情報処理学会が日本将棋連盟に挑戦状、今秋から決戦へ.

情報処理学会が日本将棋連盟に挑戦状を送っています。挑戦状は白鳥則郎会長の名前で、コンピュータ将棋でのプロ棋士との決戦を要求するという内容。日本将棋連盟はこの挑戦を受諾、米長邦雄会長は初戦の対戦相手として清水市代(女流王位・女流王将)を指名しました。対局は今秋から順次開催される予定。

チェスに比べて、捕った駒をいきなり好きなところで再利用:)できるところが手の読みを複雑にしているそうで。そのため、まだ人間の方が突拍子もないアイディアで打ってくる分、勝っているとも言われています。3年前に渡辺明竜王に敗れたコンピュータ、今度は複数のソフトの結果の合議制で挑むらしい(^^; 船頭多くして船山に上ると言うことにならないといいんですが…どういう重み付けで合議するのでしょうね。そして対戦はどんな結果になるんでしょう。秋からスタートというのでいまからちょっぴり楽しみです。

|

« 第21回 お江戸オフ 調布界隈 | Main | 肩鎖関節脱臼 治療の日々 (18) »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/48003409

Listed below are links to weblogs that reference ちょうせんじょう:

« 第21回 お江戸オフ 調布界隈 | Main | 肩鎖関節脱臼 治療の日々 (18) »