« なにやら来そうだぞ… | Main | ちょうせんじょう »

2010.04.03

第21回 お江戸オフ 調布界隈

野川の桜

花見をしている間にお天気はもひとつになってきてしまいましたが、満開の桜を愛でるのは良い気分です。

例によって、写真はFlickrにありますので、そちらもどうぞ

さて、今回はお江戸オフと言いつつ、花見はどこで?と選ばれた先は調布の「野川」でした(笑) 調布市のホームページを調べると、江戸時代は、このへんは甲州街道の宿場町が転々とあるだけところで、旅籠も9軒しかないような状態(^^; また、辺りのほとんどは幕府直轄の領地、天領と旗本領だったようです。有名なところというと、新撰組局長の近藤勇が生まれた地でもあります。

ってことは、あとから知ったような状態で、待ち合わせ場所の京王線「柴崎」駅に向かいました。ほどなく、Tompeiさん、Leafさん、TOKIKOさんぶんぶんさん、ゆれいさんが集まり、出発です。

コースは、京王線「柴崎」駅→(野川のお花見散歩)→深大寺「湧水」でお蕎麦→深大寺参拝→神代植物公園→(バス)→調布駅→(京王線)→新宿「咲くら」で宴会 でありました。

野川の桜 野川の桜 野川の桜

歩き始めたときは、良いお天気だったのですが、だんだん曇ってきてしまって…ちょっと写真を撮るには綺麗な色が出ない状況ではありましたが、それでも満開の桜と菜の花のコントラストは本当に綺麗で、ついついシャッターを切りまくってしまいました。ここでは夜桜見物ということでライトアップがあるそうで。(tompeiさんのところに紹介記事があります) 一度見にいってみたいですね。それにしても照明専門会社が社員の夜桜見物のためと商売道具を持ちだして始めたことが次第にオオゴトになってしまい、オフィスが移転してしまった後もお願いされてまだ続けているというのもなんか面白いけど苦労は多そう。出来るだけ長く続けられると良いなあ。

野川の桜

それにしてもここの花見客はお行儀が良いというか、みなさん大騒ぎすることもなく、バーベキューとか臭いを出しまくることもなく、思い思いにシートの上でお弁当を広げて花を見ると言う姿は、このほのぼのした雰囲気を大事にしてるんだなあと感じました。うちらも歩いていたら、お腹が空いてくるし、花を愛でながら何か食べたくなってしまい、シートを敷いて仲間入り。持ち寄ったお菓子をイタダキマース!
ちなみに僕が持ってきたお饅頭は、明大前で乗り換えるときにホームの和菓子屋さんのショーケースで目に入った「桜じょうよ 148円→100円」にふらっと惹かれて買ってきちゃったものです、アタリだったようだ(笑)

深大寺東参道 深大寺そば

野川を後にして、歩いて深大寺へ。深大寺といえば、蕎麦でしょ(^_^) ってことで、まずは腹ごしらえ(?) 。Tompeiさん御用達のお店へ「そば処 湧水」へ。ここで桜桃さんと合流。サラサラっと平らげて…美味しかったですよ

深大寺そば調べ

ザックリ略すと、「蕎麦は朝鮮半島から高麗帰化人が武蔵野に合うと言うことで育てるようになり、特に深大寺周辺の蕎麦を偉い人に食べさせたらこれは旨いと「献上そば(粉)」となり、江戸時代には深大寺蕎麦はあちこちのグルメ本に載ることとなり、とはいえ手打ち蕎麦屋としてはこの「嶋田屋」が唯一の店であったが戦後、植物園などができて観光地化する頃、一気に20数店も軒を連ねることになった」そうだ。

鬼太郎茶屋

そういえば、調布って「げげげ」の街だったんですよね。水木しげるさんが住んでいるとかで。ちょうど、TVでドラマもやってたりして、ちょっと盛り上がっているようです。深大寺の門前にも「鬼太郎茶屋」なんてありまして、キャラクターグッズを売ってます。子どもらへ土産にと猫むすめと目玉オヤジのノートを一冊ずつお買い上げ。

甘茶かけ

境内では、ちょっと早いですが灌仏会の甘茶かけと甘茶のサービスがありました。せっかくなので甘茶を捧げ、いっぱい頂きました。「甜茶」と同じ味!そう、甘茶って甜茶のことです(笑)

神代植物公園

深大寺にある神代植物公園を散策。いろんな桜やら花桃やら菜の花やら。ようやく枯れ木にちょぼちょぼと若芽でてきた中にパッと明るい花がいっぱい咲いていて、綺麗でしたよ。できれば、どんより曇ってなければもっと色が映えたでしょうに。ちょっと残念。

神代植物公園 神代植物公園 神代植物公園 神代植物公園 神代植物公園 神代植物公園

夕方近くなってきて、雨もぱらついてきたこともあり、さて、本日の最終目的地の新宿の「咲くら」へゴー!

IMG_1915

ここではますけさんと合流。もう腹ぺこです。あれやこれやとがんがん注文して(笑) 例によって食べる食べる(^^; しゃべるしゃべる。。。料理の写真は写真はFlickrにありますので、そちらでどうぞ この一時もお江戸オフの愉しい時間の一つ。ご一緒できたみなさんありがとうございます。つぎはえーっと6月ですか? なんとか予定を開けておかないといけないですね。(^^/

|

« なにやら来そうだぞ… | Main | ちょうせんじょう »

旅行記」カテゴリの記事

Comments

あれ、いつの間にアップ?気づかなんだ。

先日はどうもお世話になりました。
桜まんじゅう、美味しかったです!

おそばのこと、この看板を見落としましたので、くっきもさんのところで教えていただいてよかった。

甘茶と甜茶が同じってことも知らなかったし、お勉強になりました^^;

今年の桜は開花から長く楽しめたけど、青空が少なかったのが残念でしたね~。
なんだかまたこれから桜が咲くんじゃないかって思いたくなるような近頃のお天気ですね。

お子さんたちのお土産への反応はいかがでしたか?^^

Posted by: ぶんぶん | 2010.04.17 at 10:27

その節はお世話になりました。

あら、調布市のサイトにも歴史のページがあったんですね。見たことありませんでした(^^;)。

野川のライトアップは今や夏の花火と並んで調布の季節の風物詩になっていて、やめるにやめられない状況かも。市がバックアップして何とか続けて欲しいなぁ。

そうそう、甘茶。本来の甘茶は「アマチャ」という木のお茶のことらしい。甘いから甘茶とばかり思っていました。

次回もまたよろしくお願いいたします。

Posted by: Tompei | 2010.04.17 at 11:48

先日はありがとうございました。
楽しい花見が出来ました。

記事アップが遅くなって申し訳ない(^^;
子ども会関連の提出書類の山が目の前にあって、なかなかブログまでたどり着けない日々でして。
さっさと終わらせればいいのですが、めんどくさがり屋が邪魔して、ダラダラと…

cherryblossomぶんぶんさん

お饅頭はホント偶然目に入って買ったものですが、アタリでしたね。

しかし、寒かったり暑かったりの乱高下の天気で、体調崩しそうなところで、ギリギリ保ってます。

そうそう、お土産は、大喜びでしたよ。
特に猫娘の絵柄は好評でした。
これならもう何点か買って帰れば良かったな。


cherryblossomTompeiさん

今回もいい花見ポイントをコーディネイトして頂いてありがとうございます。

野川のライトアップ花見も一度は見てみたいものですが、やっぱり続けるのは大変なことなんでしょうね。。。

甜茶は、本来のお茶の木とは違う葉で甘いお茶の総称でして、甘茶もその一つ。灌仏会のアマチャはガクアジサイ科です。

てなことで、次の機会もうきうき歩けるのを楽しみにしてます。

Posted by: くっきも | 2010.04.22 at 00:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/48070038

Listed below are links to weblogs that reference 第21回 お江戸オフ 調布界隈:

» 第21回お江戸花見オフ(調布界隈)その1 [Fancy Pet]
4月3日の昨日はお江戸オフでした。 桜の満開の見ごろを予想して1カ月以上前からこの日を設定していたので、今年もかなりやきもきさせられました。寒さと前日の春の嵐でどうなることやらと思いましたが、見事満開... [Read More]

Tracked on 2010.04.17 at 10:30

» 第21回お江戸オフ《お花見 in 調布》 [葉桜日記]
 昨日、お江戸オフでお花見をしてきました。桜の開花予想が発表されてから2ヵ月あま [Read More]

Tracked on 2010.04.17 at 11:50

« なにやら来そうだぞ… | Main | ちょうせんじょう »