« 第17回お江戸オフ (品川宿) その1 | Main | 第17回お江戸オフ (品川宿) その3 »

2009.10.04

第17回お江戸オフ (品川宿) その2

山内容堂の墓


一休みして、さて後半の散策開始です。

≪山内容堂の墓≫ 国道15号を渡り、あっちだあっちだと勢い、丘の上の大井公園まで上がったものの、なんと公園からは墓地へ行けませんでした。大井公園の中にあるような地図だったのですが、実は公園の下の道から回り込むようにして、急な階段を上がり、立会小学校と大井公園の狭間に入り込むとそこにあります。

山内容堂…幕末の時代、島津斉彬、伊達宗城、松平春嶽とともに幕末の四賢侯と呼ばれちゃう一人です。坂本龍馬が加盟、のちに追われて脱藩することになった土佐勤王党と対立していた元土佐藩主(龍馬脱藩の頃、隠居の身ながら藩政を握っていた)だったというとこらへんで名前を覚えていたんです。しっかしこのあともいろいろ倒幕派につくも根っからの倒幕派じゃなかったために逸話が残ってるようで。。どうも僕にはいいイメージが無くて(^^;; すんません。ちなみに案内板によると遺言で大井村の土佐山と呼ばれていたこの地に葬られたそうです。

泊船寺 ≪泊船寺≫ 松尾芭蕉の句碑があるということで向かったわけですが、門が閉まっておりちょっと入るのは憚れる感じ…残念。

海晏寺 ≪海晏寺≫ 岩倉具視の墓があるという海晏寺。入り込んでみたもののどこにあるやら(^^; 事前のリサーチ不足でした orz... これまた幕末の有名人です。前出の山内容堂ともやりあっていた人みたいですが、墓がこんな近くにあるというのもなんだか面白い。Wikipediaをみたら、日本初の「がん告知」を受けた人でかつ「国葬」となった人なんですね。ちょっとびっくり。

岩倉具視参道の碑 国道15号を渡って、もとの旧東海道に戻ってきました。旧東海道から海晏寺正面につながる道に「太政大臣 岩倉公 御墓 参拝道」という碑を見つけました。どうやら参道になっていたようなんですが、いまは国道15号が間あって渡れないです。
 

海雲寺 ≪海雲寺≫ 千躰荒神を祀る?寺です。寺なのにちょっと不思議ではあります。千躰荒神はカマド・台所の神さまですね。海雲寺を調べてると「荒神様の御利益を得るには参拝後は寄り道をしてはいけない」とありました。げげ、しまった宴会しに行っちゃったよ(^^;;
 

海雲寺 ランタナ ムラサキシキブ

蚊がやたらに多くてねえ。。 今回はホント蚊が多くて、僕も2カ所くらい刺されました。ぶんぶんさんは、、、手の甲の蚊を大事にそのままにして歩いてる(@_@; なんでも蚊が刺したときに分泌する唾液がかゆい元なので、しばらく吸わせれば唾液も蚊に戻り、痒みが少ないのではないかという説の実験を始めちゃいました。が、なかなか飛び立たない。そうこうしているうちに桜桃さんが「蚊がいる!」とペしっ… 哀れ実験は途中で中断となりました。

品川寺(ほんせんじ) ≪品川寺≫ ほんせんじ と読みます。ここはお地蔵様かな。江戸六地蔵のひとつ目とか。普通のお地蔵様を想像していたので、まさか入り口にどーんといらしていたとは(^^;

ここの梵鐘も数奇な経歴の持ち主。幕末にたぶん売られちゃったのでしょう、姿を消した梵鐘。その後、パリの万国博覧会で姿を現すがまたも消え、それが今度はスイス ジュネーブの美術館で見つかり、外務省の働きかけもあり、ジュネーブ市議会の同意を得られ昭和6年(1931年)に戻ってきたそうです。そのためかあちこちにジュネーブの名が付いたものがあって、青物横丁からの通りも「ジュネーブ通り」なんて名前だったりします。当てにしなかった「鐘/金」が戻ってきたことにちなんで、正月には「かね餅」が振舞われるとか。うーん、もらいに行かないといかんかな(笑) この梵鐘の鐘楼回りにはいいお顔の七福神が。思わずパチリッ!

大きなイチョウも立派。たくさん銀杏が付いていたけど落ちてる形跡がなかったな。これからだろうか。

用事があるとかでhichaさんとはこの先の青物横丁駅でお別れです。

品川寺(ほんせんじ) ジュネーブから帰ってきた鐘 金生七福神 金生七福神 金生七福神 金生七福神 金生七福神 金生七福神 金生七福神 ジュネーブからの記念碑 イチョウ

松岡畳店 ≪松岡畳店≫ 旧東海道を歩いていると、ちらほらと江戸や明治、大正など古い家屋を修復して使われているお家があります。この畳店も創業安永8年、お店の建物もだいぶ古いもののようです。できれば、当時の街道筋の面影を残すことをもっと前からやっていればと惜しい気もしますが、それはそれで難しいでしょうね。このへん一帯は焼け野原になったところでしょうし。
 

天妙國寺 ≪天妙國寺≫ 徳川歴代将軍が宿舎にしたことで徳川家とのゆかりが深いお寺。しかし、もう日没です。だいぶ暗くなってきました。3ページあった品川宿の観光ガイド地図でまだ旧東海道の沿いだけしか見てないのに1ページ半しか進んでません(^^; マキをいれないといけなくなってきました。

≪長徳寺≫ 閻魔さまの寺です。が…すでに5時を回っていたために閉まってました。がっくし。。。

だいぶお腹も空いてきたことですし、時間の頃合いも良く、今回の散策はこの先の目黒川/しながわ橋まで、次回はこの辺りから再スタートということで、新馬場から京急に乗り、宴会の地、品川駅へGO!

|

« 第17回お江戸オフ (品川宿) その1 | Main | 第17回お江戸オフ (品川宿) その3 »

旅行記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

土曜日はありがとうございました。

>「蚊がいる!」とペしっ… 哀れ実験は途中で中断となりました。
まさか、そんな○○な人体実験してるなんて夢にも思わないじゃないですかぁ~(爆)

デジイチ、真っ黒になったときはどうしようかと思いました。ありがとうございましたぁ。サポートしてもらえると思うと心強いです。こちらもこれからご指導よろしくお願いします。

Posted by: 桜桃 | 2009.10.07 at 22:59

桜桃さん、

こちらこそ、ご一緒できて楽しかったです。
まさか10分以上吸わせたまま歩いているとはねえ(笑)
毎回いろんな爆笑事件が起きるのでこのツアーは
楽しくて仕方がありません。

しっかりレンズ沼に落ちてるようで(苦笑)
本体が電源はいらなくなったときはあらまぁと思ったけど
電池回りの接触不良だったんですかねぇ。
まあ、本体故障じゃなくてホント良かったね。
あれ?と言うことが起きたら、パニクらないで
ひとつずつ見直してみてね。


Posted by: くっきも | 2009.10.07 at 23:47

>海雲寺を調べてると「荒神様の御利益を得るには参拝後は寄り道をしてはいけない」とありました。げげ、しまった宴会しに行っちゃったよ(^^;;

またしても、がーん(T_T)
そ、そうだったんですか。せっかくお参りしたのに・・・

お写真、よく撮れています、特に蚊の写真(爆)
途中でたたかれちゃったけど、10分吸わせたらやっぱりかゆくならないということがわかりました!

Posted by: ぶんぶん | 2009.10.08 at 14:26

ぶんぶんさん

そーなんですよ。。寄り道しちゃいけなかったみたい(^^;
ま、そのぶん皆さんから楽しい話をきけたからいいか。

>かゆくならないということがわかりました!
蚊に吸わせればいいと言うけど
僕はちょっと耐えられそうもない。
ぶんぶんさんだからこそ出来たのかも(^^;

つぎは、、大山参りですね。
いけるよう、予定空けとかなきゃ(^^/

Posted by: くっきも | 2009.10.11 at 21:25

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/46414892

Listed below are links to weblogs that reference 第17回お江戸オフ (品川宿) その2:

» 第17回お江戸オフその2 [Fancy Pet]
前記事のつづき ③鈴ケ森刑場跡 旧東海道と第一京浜が合流するところにありました。 ここはかつて八百屋お七や、天一坊が処刑されたところです。磔や火あぶりに使われた台座や首洗い井戸も残っていましたよ[E:... [Read More]

Tracked on 2009.10.08 at 18:11

» 第十七回お江戸オフ ~品川《前編》 その4~ [あん・ぷろん・ぷちゅ]
お江戸オフ、続きです。 JR大森13:00出発、①~⑧まで歩き、京急鮫洲駅高架下 [Read More]

Tracked on 2009.10.12 at 08:38

« 第17回お江戸オフ (品川宿) その1 | Main | 第17回お江戸オフ (品川宿) その3 »