« 肩鎖関節脱臼 治療の日々 ~その3.5~ | Main | 肩鎖関節脱臼 治療の日々 ~その5~ »

2009.09.24

肩鎖関節脱臼 治療の日々 ~その4~

退院してきたわけですが、すぐ良くなるわけではなく、こっからが長いリハビリの日々ってことになるんでして、、、

ってことで、今回は抜糸まで。

8月22日

退院してきて真っ先に辛かったのは暑いことですか(- -;
なにせ寝返りがほとんど打てないので、布団と背中のあいだに熱が籠もるんです。ちなみにタオルケットをグルグル巻にしたものを身体の右側に置き、そこにアームスリングに通した右腕・肩を載せるような感じで寝ています。この姿勢が一番楽。ただ、一日中肘を曲げていると、伸ばすと凝りまくって激痛が走るので、気がついたときには肩に腕の重みが掛からない姿勢にしてアームスリングから外して肘の曲げ伸ばしをするようにしてます。

さすがに前回消毒して5日以上経つので傷口の消毒をしましょうか。といっても僕はちゃんとは見えなくてできないので、カミサンにお願いしてやってもらいました。透明シールをベリベリッと剥がすわけですが、縫った糸がくっついて大変かと思いきや、意外にくっつかずきれいに剥がすのに成功。綿棒に消毒薬(マスキン水0.05%)をジョブジョブに浸けて塗りたくり、また透明シールをペタッと貼ったら出来上り。思ったより簡単だった(カミサン談)

リハビリ用に1Kgのバーベルと握力アップ用のスポンジボールを100均で買ってきた。

ちなみに仮止めピンを抜くまで、まず禁止されてる点は

  • 腕(肩)に腕の重み以上の負荷をかけるな
    (つまり箸より重いものを持つなってこと(笑))
  • 手をついて体重かけるな
  • 絶対、コケるな
    (肩をぶつける心配だけでなく、とっさに手をついてしまうと肩に体重が掛かってしまうため)
  • 当然、こける心配もあるから走るな

でもって、自宅でのリハビリは仰向けに寝ての

  • 肘のカール運動(肘を布団に付けて曲げ伸ばし+バーベル負荷)
  • 腕の捩り
  • 腕を60度まで上に挙げる(左手で持ち上げる)
  • 横に開く(左手で持って開く)
  • 肘を90度に曲げて内転、外転

横向きに寝て

  • 腕を後ろへ(これも左手で持ってやる)

立ち上がってイスなどで支えながら前倒で

  • 右腕の力を抜いてぷらぷら下げて身体の反動で揺する

の繰り返しです。

退院して愕然となったことが1つ。なんと一眼レフカメラが扱えない!? カメラってはっきり言って右利き専用なんだよね。コンパクトカメラも右手でシャッターを切るように出来ているので、左手一本だとものすごく苦労する。が、まだ本体が小さいから何とかなるけど、一眼レフはでかく重いこともあるが、本体を支えるグリップは右手側にしかないのだ。つまり左手では本体を支えて持てるところがないので扱えないって事。このあと、世の中、右利き前提というものが大量にあることが右手が使えなくなって初めて気がつくことがいっぱいあって、ユニバーサルデザインというものがいかに重要なのか身に染みることになる。

8月24日

退院後の出社日。朝、真っ先に困ったのが靴下が穿けないこと(苦笑) 入院中も退院後も裸足でサンダルを履いていたので気がつかなかったんだが、片手では靴下の口が広げられないんだよね…試行錯誤の結果、靴下を丸めて上手く足の指に引っかけながら引っ張り上げることで成功。んー、大変だわこれ。

僕の仕事はキーボードとマウスがあればいいというチャライ仕事(ぉぃ)なので、右腕、肩が動かなくても何とかなるもんだ。キーボードを膝の上に置き、マウスは左側で対処です。

それでも長い距離を歩くと、肩がズキズキしてくる。アームスリングをしていても歩く反動で腕の重みがかかるらしい。あとは首の向きやら身体のひねり具合で縫ってるところが引き連れるのかピキピキと痛い。これは抜糸するまではしょうがないよね。

8月26日

午前中。東海大付属病院にリハビリ通院。いつものように介助付きで可動域内で動かす。肩胛骨回りと上腕の外側が飛び上がるほどすんごく痛い。使わないので凝りまくってるせいだそうだ。何度か動かすうちに痛みは取れてくるけどきついわ。

8月27日

自宅での2度目の消毒。カミサンに頼んでやってもらう(^^; もう後は抜糸のときまでやる機会はナシ。しかし、透明シールの中は汗を通さないので汗もだらけ(^^;;; ぬー、夏向きじゃないって事ね。

9月1日

術後2週間。抜糸の日。アサイチに東海大付属病院へ。ハサミでちょんちょんちょんと糸を切り、ぴゅっぴゅっぴゅと抜いてるらしいピリッとした感覚はあるが、痛いってほどでもない。あっという間に終了。すこし血がにじむので今日いっぱいは絆創膏のデッカイのを貼って、明日からまたシャワーに入れるってさ。抜糸に合わせて痛み止めのロキソニンを飲むのを止めてみました。ってもう寝る前に飲んでるだけだったんだけどね。

アームスリングも解除でいいって。1週間早い気もしますが…取っていいというなら取りましょう(^^) そのほうが楽っちゃ楽ですから。

リハビリセンターに寄って、いつもの動作のトレーニング。許されてる可動域分はそれなりに動く。上腕外側が痛いのはなかなか取れないね。あと脇の下の筋もけっこう痛い。

もう痛みというかひどい肩こりな感じで、肩に変な力さえかからなければ痛みは感じない程度になっていて、痛み止めも飲まなくなってる。さらに抜糸したので縫ってる糸での引き攣れる痛みがないのはまた一段と楽な感じになった。抜糸後の傷跡はこんな感じです。怖いものがみたい人はどうぞ(^^;

続く…

|

« 肩鎖関節脱臼 治療の日々 ~その3.5~ | Main | 肩鎖関節脱臼 治療の日々 ~その5~ »

健康」カテゴリの記事

肩鎖関節脱臼」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/46289771

Listed below are links to weblogs that reference 肩鎖関節脱臼 治療の日々 ~その4~:

« 肩鎖関節脱臼 治療の日々 ~その3.5~ | Main | 肩鎖関節脱臼 治療の日々 ~その5~ »