« たつた | Main | 落選 »

2009.09.29

肩鎖関節脱臼 治療の日々~その6~

K wire


こんなのが入ってたのね。。。

術後6週目、肩鎖関節を仮止めしていたピンを抜いてもらいました。糸を抜くときは抜糸というようにこれを抜針というらしいです。これでようやく腕の可動域制限がなくなり、またいままで腕の自重以上の負荷禁止(よーするに箸より重いものも持っても体重を支えようと手を付いたりは禁止だったのだ)のも、徐々に負荷をかけてもOKとなりますので、リハビリも本格化することになります。

上腕外側の筋が硬くなってしまっているがための痛みは相変わらずだけど、先週から一週間で、急激に肩が楽になってきた感じがする。ちょっとしたものを持って支えたりするときに以前なら肩にずぅんという痛みがあったのが、今は全くない。歩いていても衝撃で痛くなってくることもなくなった。それだけ肩鎖関節の靱帯が戻ってきているって事なんだろう。

でもって、今日は朝の8時という早い時間の予約だったから、5時半起きで病院へ。バスの丁度いい時間がなかったから、7時20分には到着、、、診察まで40分待ちです(^^;

診察はたった一言、先生「さあて、やりますか?」、ぼく「やっちゃいますかねえ(^^;; ビクビクドキドキ」

前回の手術の時に、肩鎖靱帯がそれなりに再生するまでの間、関節を仮止めするために肩胛骨から鎖骨に向かってピンで串刺し!仮止めをしてあったわけですが、今日はこれを抜くわけです。はっきりいって骨に刺さってるピンというより釘だよな。。それを抜くわけだからびびりまくってました。

一旦診察室から外で待ってて、しばらく後に呼ばれて処置室へ。ベッドに横向きに寝っ転がって、まずは消毒。キシロカインで局部麻酔。というのもピンの頭の部分(写真で曲がってるところ)は皮膚の下に埋没してあるため、メスで少し切開する必要があるからなんだな。でもこの麻酔は切開する皮膚だけにしか効かないんだが、まあ骨には痛みの神経はほとんどないので、皮膚だけに麻酔です。

で、引っこ抜く道具は…

ラジオペンチぃ(ドラ○もん風)

いやマジです。「ラジオペンチとモスキート鉗子くれる?」いって看護師さんから機材をもらってましたから(^^; 抜くシーンは残念(?!)ながら肩といっても背中側なので見えません。 ピッと切ったのかなという感覚の後、「じゃあ始めるよ、力抜いていてね」

ぐぐぐぐぐぐ…ぐぐぐ…パチン

(ピンを掴んでいたラジオペンチが滑ってはずれる音)
そのたびに看護師さんから「深呼吸して楽にしてね」といわれる。緊張はしてたけど力はソコソコ抜けていたんだけど。

パチンと滑って外れるというのを3回くらい繰り返した後、「終わったよ」との声。
最後まで痛いという感覚はほとんどなくて、むしろ身体のつーか骨の中をずずずーっと抜かれる変な振動がすんごい気持ちの悪いもんでしたよ。

思ったよりも出血があったせいなのか、3針くらい縫われた。10分ほどガーゼガキ付く当てられて止血。血が止まったところで、再度消毒されて、例の防水な透明シールをペタッ。一週間後にまた見せに来てねで、処置終了です。なんだかんだで30分かかってないんじゃないかな。

その後はリハビリ科外来。どのくらい腕が挙がるか、腕の外転どのくらいできるか計測される。前へならいの格好は自力で60度。まずまずです。しかし外転はちょっと少なめ20度。一月後にまた予約。

本日最後は、リハビリ訓練。ピン抜いたばかりだと告げて、じゃあ、今日は暖めるとまずそうだから、暖めないで出来る程度からやってみよう。となって、振り子をやって、次は寝っ転がって介助ありで腕を横へ開く。これは最初期使ったけど最後は80度くらいまでスムーズに動く。介助ありで前へならい、これは90度まで楽に行く。横向きに寝っ転がって、介助ありで腕を後ろへ振る&内転を加えながら振る。これも余裕。
っで、寝っ転がって自力で前へならいを繰り返す。上腕外側がピキピキするよ。最後は、座って後ろで手を組み、胸を張ってその手を持ち上げる(肩を上げる)…これが一番苦しかったぁ。というのを、次の訓練までやっといてねだと。

骨に穴が開くし、もっと体調が悪くなるかなあと思っていたが、縫ったところがチリチリする程度でさして痛くなく、そのまま会社へ。夕方になったら縫ったところの痛みもなくなった。肩じたいも、もっさりとした雰囲気は抜針前とあまり変わらず、、、でもまあ、また一週間がんばろー(^^/

|

« たつた | Main | 落選 »

健康」カテゴリの記事

肩鎖関節脱臼」カテゴリの記事

Comments

ひっ、ひええぇぇぇえええ~~~っっっshock
読んでるだけで痛いですぅ~っsweat01

でも、無事に終わってヨカッタですね (^-^)

Posted by: アリス | 2009.09.30 at 15:01

泣かなかったんですね~えらいっ!ヽ(゚∀゚)ノさすが男の子!?
抜くところは見えた方がいいのか見えない方がいいのか…
見えないのも不安で、余計気持ち悪いかもしれませんね。
ともかくお疲れ様でした!
ゆっくりと、またがんばってくださいね~!

Posted by: ほの | 2009.09.30 at 16:46

hospitalアリスさん

うーんと、本人的にはあまり痛くなかったです。
釘が抜けてく、ものすごぉく気味の悪い感触のみ(^^;


hospitalほのさん

うん、僕泣かなかったよ(クスクス)
ちょっと見てみたかったんですが、
見たら見たで夢にみそう(^^;;;;

はっきりいってリハビリのために硬くなった筋を
伸ばす訓練のほうがよっぽど痛かったです…
このあとも痛いリハビリが続くんできついけど
まあ、頑張らんとスポーツが楽しめるように
ならないもんなあ。

Posted by: くっきも | 2009.09.30 at 23:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/46349501

Listed below are links to weblogs that reference 肩鎖関節脱臼 治療の日々~その6~:

« たつた | Main | 落選 »