« 見逃したぁ | Main | やっちまいました »

2009.08.04

記録メディアの寿命

フロッピーよりは使われてないので当然消え去りますわな。。

フロッピーディスクドライブに続いて「MOディスク」も販売終了へ、需要減退を受けて正式決定 - GIGAZINE.

先日GIGAZINEで主要メーカー各社がフロッピーディスクドライブの製造を終了することをお伝えしましたが、今度は赤色レーザー光と磁場を用いて磁気記録を行い、レーザー光を用いて再生を行う「光磁気ディスク(MOディスク)」の販売が終了することが明らかになりました。

データ保持寿命が50年から70年と推定されるなど、非常に高い耐久性を誇るMOですが、販売終了を決断せざるを得ないほど需要が低迷していたということでしょうか。


50年持つとか言うのはオーバーだよね。そのまえに再生できるドライブが逝かれて、どこにも替えが売っていない状況になるのが先に来るじゃんね。

意外にもデジタルの記録メディアの実質的な寿命はとても短いのです。メジャーなものでも10年と市場にないでしょう。あっても大きな店の片隅にようやく残っているようなこととなります。また記録メディアだけでなく、その中身のデータを再生するためのソフトもドンドンアップデート、いつのまにやら再生できるソフトがなくなってるかもしれません。OSのアップデートとともにこの世から消え去るソフトも数多くあります。

数千年前の石に描かれたものや木管の書類は未だに残っているのに、現代の文書はたぶん電気と共に消え去る運命なんでしょうね。数千年後の未来の考古学者からすると、ここ20年くらい昔からの文書や図面がごっそり抜け落ちた時代となるかもしれません(笑)

|

« 見逃したぁ | Main | やっちまいました »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

えええっっっ!!
前やってた業界では、「MO以外は受け付けん!」くらいでしたよ・・・
「日本のこの業界ではMOがメインだ!」とも・・・

いやぁ、時代は変わるものですなぁ・・・
一番安全なメディアはHDDなのでは、とすら思ってしまいます^^

Posted by: ひろひろし | 2009.08.06 at 00:50


pcひろしさん

HDDにいれてても再生できるソフトがなくなればただのゴミですからねえ(苦笑)
電気が切れてもゴミになるだけだし、
失われた時代になりそうです。

Posted by: くっきも | 2009.08.06 at 23:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/45832415

Listed below are links to weblogs that reference 記録メディアの寿命:

« 見逃したぁ | Main | やっちまいました »