« ラストスパート | Main | きっとくるぅ »

2009.08.29

精度低下

一般紙もネタにするような事態になってきたってことなのでしょうか、それとも暖めておいた記事を掘ってきたのかな(^^;

asahi.com(朝日新聞社):GPS、精度低下の恐れ 来年以降、米の衛星更新遅れ - サイエンス.

 カーナビでは、車の位置が地図上で止まったままになるなど不正確な表示をしたり、目的地までの所要時間の計算を誤ったりする可能性がある。米国のカーナビメーカーの技術者も「影響が出る可能性があり、対応を検討している」と話した。現在も使われている車速センサーなどによる補正技術を向上させたり、欧州が構築中の同様のシステム「ガリレオ」の電波を受信する機能を付け加えて補ったりする対策が考えられている。

 

この話を知ったのは、5月のこのほとんと同じ内容の記事

GPS、衛星打ち上げの遅れで存続の危機.

GPSがもともと米国による軍事用システムであることはよく知られています。そのGPSに間もなく危機が訪れるというレポートが、米国連邦議会行政監査局(GAO)で発表されました。想定耐用年数を迎えつつある一部のGPS衛星は来年から順に地球へ墜落することが予想されており、早急にかわりの衛星を打ち上げ、米空軍が開発を進める次期システムのGPS IIIAをスケジュールどおりに運用しなければ、GPSのサービス水準を満たせなくなる......とのこと。じゃあかわりの衛星を打ち上げ、スケジュール通りに運用すればいいじゃん、という話なのですが、11月に打ち上げ予定のGPS衛星は当初の計画からもう三年遅れ。これ以上遅れないとも限りません。

もともとGPSは、米軍のもの。民間に公開されたときもジャミングデータを混ぜて精度を意図的に落とした物をというものでした。いまもそれなりに米軍の都合でいじられている物を皆で使っているのが実情です。そんなことでは自国がどうしても必要なときに役に立たないかもしれないとEUでは「ガリレオ」を打ち上げ始め、ロシアはすでにグローナスというシステムの実用化にこぎ着けている(ただし精度が思ったより上がらないことと、端末の小型化がまだ進んでいないらしい)、中国も打ち上げているようだ。

さて、日本はどうするつもりだろう。いまやケータイにもGPSチップが載ってる時代だ。単なるカーナビに使われて居るどころではなく、飛行機の管制にも物流の交通管制にもどっぷり使われている。生活を握りしめている重大なシステムとなってしまっている。しかもそれがどうなるかは米軍都合。まあ、米国自体もそうなのだから、なんとかそのうちするだろうという感じで見てるんだろうか。何となくそのうちその足元を見られて日本へ無心に来そうな気がするのはきのせいか(苦笑)

|

« ラストスパート | Main | きっとくるぅ »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/46059528

Listed below are links to weblogs that reference 精度低下:

« ラストスパート | Main | きっとくるぅ »