« ぱんでみっく | Main | きゅうふきん »

2009.04.30

体罰って

2審ともPTSDにしてしまったとしたという判決が覆りましたね。

asahi.com(朝日新聞社):最高裁が「体罰」認定破棄 熊本の損害賠償訴訟 - 社会.

小学校2年の時の「体罰」をめぐって熊本県天草市の男子生徒(14)が同市に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第三小法廷(近藤崇晴裁判長)は28日、「体罰」があったと認定して市に賠償を命じた一、二審判決を破棄し、生徒の請求を棄却した。第三小法廷は、臨時講師が注意を聞かない生徒の胸をつかんで体を壁に押し当てて怒ったことを「許される教育的指導の範囲を逸脱せず、体罰にはあたらない」と判断した。


当事者でもないし、何が起きたか見たわけでもないし、知ることが出来るのは記事になってる文章だけであるが正直ホッとした。あぁ体罰を肯定するつもりはないですよ。でも、人を蹴っ飛ばしておいて、それを叱るべきは本来親の義務、もしくはそれを見ていた大人の義務。ましてや注意した大人も蹴りにもいってる。こっぴどく叱られてもしょうがないシチュエーション。にもかかわらずそれを咎める判決が出るというのは、これまでの一審二審はどういうことを問題にしていたんでしょう。とても気になります。

PTSDになったからと報じられてはいます。しかし連続してパワハラを受けていたというならば別ですが、報復にぶん殴られたわけでもないし、まあ、誰でもこっぴどく叱られればしょんぼりするもんです。そこから人を小馬鹿にすれば相手は怒るし、叱られるものだ、なぜ叱られるのだろうと学ものだと思ってます。それをここまで話をでかくしてしまった結果、この件の一番の被害者は、子ども本人じゃないのかなあ。小学2年生のころの出来事を中学生になってもまだ世間で騒がれ続けることになってしまった。その点は気の毒に思います。

実際、似たような事例が娘が通う中学でも先日起きた。まあ、今どきからすればちょいと行きすぎたことかもしれないが、教師に対してナメくさった態度を取れば、正座とかビンタとか普通だったうちらの世代から考えれば、起きたことはほんのほんの些細なこと。すぐに生徒も教師も学校側も互いにそれぞれ謝罪し、当事者同士では済んだことになった。が、校長は行きすぎと問題視したことと、より過激なうわさ話となって生徒や保護者の間で流れて、たぶんそれを沈静化するためだろう、このあいだPTA総会のあとに緊急保護者連絡会がひらかれて調査された事の顛末、事実のみ報告ということで説明された。

うわさ話が一人歩きすると、事がますます大げさになり、よかれと騒ぎ立てれば、なんのことはない傷つくのは生徒らだ。繰り返すけど、僕は体罰もパワハラも肯定してません。でも、大人として威厳ある「叱る」態度は不可欠だし、大人を小馬鹿にしているガキ相手に話し合いだけで済むという甘い考えもありません。
この判決結果が逆だったらますますモンスターペアレンツを助長させ、教師を萎縮させまくることになっていたでしょう。学校は家庭では出来ない集団行動をベースにした躾の場。それが崩れる事になりかねなかった意味では、くさびを一つ打つことになったことにホッとしているのです。

|

« ぱんでみっく | Main | きゅうふきん »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/44839271

Listed below are links to weblogs that reference 体罰って:

« ぱんでみっく | Main | きゅうふきん »