« あやしげな白封筒 | Main | さむぅい »

2008.12.13

新しい給湯器

Remo-con of New hot-water supply system at bath room


そろそろ寿命で青息吐息の我が家の給湯器、ついに交換したです

もう17年もので、去年の冬、ぜんぜん湯温もなかなか上がらず、着火も悪く、着火エラーランプが点きまくってしまい、修理を呼んだそのときはバーナーの掃除でごまかしたものの、今年も気温、水温が下がるにつれて、また湯温がなかなか上がらないし、水圧センサーの働きがいまいちになってるらしく、火も点かないことたびたびという状態にまた陥ってしまったので、諦めて交換することにしたんです。

しかし、いま使ってるベランダ据え置きタワー型のまるっきり同じタイプな後継機というのが去年で生産打ち切りとなり、代わって壁取り付けタイプだけになってしまったとかで、パイプの取り付け口の加工やら台所にまでしかないリモコン配線をさらに壁に這わせて風呂場にリモコンを増設するとか、工事は結構大変なことになり、朝の9時から夕方の4時近くまで掛かり、そのあいだ、給湯器のある北側ベランダの窓と玄関が開けっ放しで台所も開けっ放しで、そうなると工事を見守る僕のいる居間も風すーすー (((x_x)))

そりゃもう寒い中、ぼーっと工事が終わるのを昼飯抜きで見守るしかなかったわけで。。。(昼飯返上で一生懸命作業してる人を尻目に、飯食うのもねえ)

あぁ、、しかしこれでまた大枚が消えていく。。。

でも、その甲斐あって、シャワーはフイに出てくる冷たい水に驚くことなく、上がらぬ湯温を待って寒い思いもせず、久しぶりに気持ちよく浴びれましたよ。

それにもまして、いやぁなんかスンゴイ便利なんですけど。おふろ自動ボタンを押すと多少水が残ってようが勝手にドンピシャの量と温度にお湯を張ってくれるし、そのまましばらく保温もしてくれるようだ。お風呂のリモコンなくてもいいかと最初思っていたが、お風呂場に入ったあとに電源入れてなかったというのをよくやっちまっていたのが手元で電源入れられるし、温度も調整できるし、楽ちんですなあ。まあ、20年近く前のからの進歩だからそりゃいろいろ便利になってるわな。ただそのぶん複雑な機構が増えて故障しやすそうな気もしないでもない。これでまた15年以上保ってくれるといいんですが。。どうでしょう?

|

« あやしげな白封筒 | Main | さむぅい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/43473182

Listed below are links to weblogs that reference 新しい給湯器:

« あやしげな白封筒 | Main | さむぅい »