« さむぅい | Main | あひるさん »

2008.12.17

撤退その2

先のホンダF1撤退から続いて今度はスバルのWRC撤退だ。

富士重工業は12月16日、18時から開かれた緊急会見でWRC(世界ラリー選手権)からの撤退を表明した。

Business Media 誠:スバルはなぜWRCから撤退するのか――社長会見を(ほぼ)完全収録 (1/5).

2社ともモータースポーツがその会社の看板の1つとなっていた会社であって、特にいまのスバルはこのWRCで走っているイメージがあったからレガシーやインプレッサが売れていたことは否めないわけで、それを止めてしまうというのは尋常は事態ではないことが伺える。取りあえずは、ワークス活動のみの停止で、ノーマルカテゴリーのベース車は供給し続けるようだがワークスからのフィードバックがなくなった状態でどうなるんでしょうね。

スバルとラリーと言えば、僕の記憶にあるのが、国産乗用車として初の4駆、レオーネRXが国内ラリーに参戦し、1980年初出場でサファリラリーをクラス優勝、1983年にはグループA優勝していることでしょうか。WRC創設当初から化け物じみたグループBカーのなかでも踏ん張ってグループAでラリーにどっぷり浸かってきたスバル。グループAの時代になったときにインプレッサで3連勝。しかし、97年からのWRカー時代に入ってからは精彩を欠き、10年間パッとしない状況が続いている。トヨタも三菱も撤退、いまはフォード、シトロエンに2強に。
そして再来年からはまたレギュレーションが変り、いまのインプレッサベースでは戦えない、これをどうやら1年前倒しで撤退としたようだ。

で、「別の方法でスバルらしさを訴求していきたい」という社長のコメントだけど、どういう風になっていくんでしょう。僕自身は、親が買って我が家の初めての車がスバルR2、そのあとレオーネが2世代続いた中で育ったので、スバルに対して残っていって欲しいという思いがあるんですわ…見守るしかないよね。

|

« さむぅい | Main | あひるさん »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

WRCのスバルも、F1のホンダも、それぞれが企業イメージだったのに、このところ全然勝てないでいましたものね。
株主の意向とか考えると、このご時世では続けるのが難しいのでしょう。
しかし、世界から日本を見る目は厳しくなりました。
残念。

Posted by: ピーちゃんの身元引受人 | 2008.12.21 at 11:45

carピーちゃんの身元引受人さん

そうですねえぇ。。ホンダもスバルも今日の資金が危ないようなプライベーターでもないし、来年度も参戦する意向をFIAに伝えて、スタッフもドライバーとも契約していたわけで…それを一転反故にしたわけだから違約金を払えばいいだろうということではないですね。こんな辞め方をすればそりゃ休止じゃなく撤退といわざるえないわけで。。(出入り禁止食らっても当然)
そのリスクを承知で一番大きな看板を降ろしてしまった2社のこれからを見守りたいです。

Posted by: くっきも | 2008.12.22 at 03:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/43475689

Listed below are links to weblogs that reference 撤退その2:

« さむぅい | Main | あひるさん »