« またもや | Main | 新しい給湯器 »

2008.12.10

あやしげな白封筒

差出人がまったく書いてない 海外からの怪しげな封筒が届きました。なんじゃらほい、またDM?と思いつつ開けてみると

Googleからの広告料のチェック(海外小切手)でした。Σ(・ω・ノ)ノ!

あーそういえば、長年、ブログに貼りっぱなしのGoogle AdSenseのおかげで、毎月にチャリンチャリンと$1、$2と小銭が貯まったようで。。。。円高だから、だいぶ見劣りする額になってしまうがそれでもちょこっとしたお小遣いってとこか。

しかし、この海外小切手ってどこで換金すればいいんだ?(笑) CITIBankにいけばいいのかねえ? とググると衝撃の事実が…

国内の銀行で海外のチェックを換金しようとすると、なんと海外決済口座を開設した上で、3000円から5000円の手数料と1ヶ月以上の期間がかかるとな。。。なんじゃそれは??
じゃあと、 CITI Bankでならばと調べると、換金手数料はいらないが、特定の店舗まで出掛けていって、口座を20万円以上入れて開くか、毎月口座維持料2100円を払うかが必要で、これまた換金に1ヶ月以上かかるそうだ。

あとは民間の海外小切手の取立代行をやってる業者に頼むケース。これだと手数料は1500円くらいですが、換金まで2ヶ月から3ヶ月、このご時世ではかなーりリスキーですね。

んー、シマッタなあ。。。Googleが国内銀行への振り込みに対応したときに切り替えておくべきでした。orz....まさか自動支払いリミットまで貯まってるとはおもわなんだ。この機会に切り替えておくことにしましょう。

まあ、グダグダしてても6ヶ月でチェックの期限が来てしまいますから、こんなとき頼むべきは友(笑) 年末に米国から帰ってくる友人に小切手を渡して向こうで使ってもらい、次に帰国するとき、代わりに相当額の買い物を頼むか、現金をもらうか、つーことで解決することに。

|

« またもや | Main | 新しい給湯器 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

海外小切手の換金代行サービス

弊社は、米国発行小切手の換金代行サービス会社です。銀行に比べて、迅速・手軽・安価なサービスを提供します。 弊社の小切手換金サービスをご利用頂ければ9営業日以内で、額面の10%の手数料でお手元の米国小切手を現金化することが可能です。是非、ご利用頂ければ幸いです。2006年4月サービス開始以来、無事故でサービスを提供させて頂いています。ご安心してご利用下さい。

Posted by: Cashing Provider | 2009.07.26 at 02:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/43472439

Listed below are links to weblogs that reference あやしげな白封筒:

« またもや | Main | 新しい給湯器 »