« 宇宙から(?)メリークリスマス | Main | PCでMiiを作る »

2008.12.06

撤退

ありゃりゃ!ホンダがF1撤退とな。

asahi.com(朝日新聞社):ホンダF1撤退発表 社長「市場悪化、想像超えている」 - スポーツ.

ホンダは5日、自動車レースのF1から08年限りで撤退すると発表した。チームを売却する方針を固め、売却先が見つからなければチームを解散する見通しで、「完全撤退」としている。金融危機による世界的な自動車の販売不振が経営を直撃しており、チームの維持費や巨額の開発費の負担は難しいと判断した。

 福井威夫社長は5日午後、東京・南青山の本社で記者会見。「サブプライム危機、信用危機、実体経済の急速な後退でビジネス環境が悪化した。効率的な資源配分が必要との考えから撤退を決めた。北米の市場は11月に入って加速度的に減少しており、想像を超えている」と説明。「ファンにもF1界にもチームにも申し訳ない」と陳謝した。

今回は、「休止」ではなく「撤退」、もうF1にはもどってくる気はないと言うことか。来年の鈴鹿でのF1開催はするものの、ホンダエンジンの他チームへの供給はしないそうだ。確かにこのところのF1参加のための費用は莫大になっていると報道されていて、トップチームになると年間500億円必要ともいわれている。2006年から復帰したものの、ホンダにかつての強さはなく、今年はなんと10チーム中ポイントを取ったチームの中では最下位の9位(10位は去年 Spycar F1だったForce India Ferrari) どこよりも、プライベートチームよりも弱いという状態でしたからねえ。お金の問題よりもプライド、ブランドイメージの維持の問題も大きかったのではないでしょうか。これからチームの売却先探し、すでに来年の契約更改を済ませてしまっていたバトンとの契約解除(もう移籍先のシートはないよね)やらしばらくこの騒動は続きようだ。

トヨタは取りあえず来年は続けると言ってますがどこまでいけるやら。もう何年も前から尋常なお金のかかり方ではないということで、コスト削減を進め始めていたがそれでも継続可能な状態ではないと言われ続け、プライベートチームはゾクゾクと撤退し、ついに大手であるホンダまでも撤退というのは、それを証明する形になってしまったのも事実。
エンジンの開発費を抑えるために、来年は統一エンジン供給(ワンメーク化)(コスワースに決まったそうだ)にすると言う話も上がっています。となると、なんのためにメーカーがF1で走っているのかがよく判らなくなってくるのも実情。トヨタも成績がパッとするものがないままに何年も経ってます。いつまでトヨタが残っていられるかも分かりませんし、他の大手メーカーもどうなるやら。F1がなくなっちゃうことになるのもかなしいですからねえ。

|

« 宇宙から(?)メリークリスマス | Main | PCでMiiを作る »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/43334794

Listed below are links to weblogs that reference 撤退:

« 宇宙から(?)メリークリスマス | Main | PCでMiiを作る »