« ブレーキパッドの交換 | Main | とりあえず食ってみた »

2008.11.24

アップルタルト (マクロビオテック編)

Apple Tart


まぁまぁの出来かなあ

今回のアップルタルトは、マクロビオテックなレシピで作ってみました。なにせ初挑戦なことなのでどんなものになるのか全然想像がつかない。。。えっ?どういうことかというと、マクロビオテックは、ベジタリアン思想の一つで、動物性のものや身体を冷やしそうなものを極力排除という考え方なので、乳製品全部ダメ、卵ダメ、サトウキビからの糖類ダメ、極力オーガニックな食材を使う。つまり洋菓子につきものの、バター、牛乳、卵、(サトウキビからの)砂糖を使わないという縛りがあるんですよ。この考え方を職場の同僚に教えてもらったときは、ええぇ??!!っと驚いたわけですが、でも、なんか面白そうなので挑戦です。

季節柄、リンゴを使いたかったので、借りたレシピ本やらネットで調べたりしたけど、ぴったり来るのがない。ってことで創作開始、が、こんな縛りありの中でやったことないのでどういうものになるのか分からんが、まぁ食い物にはなるだろうと挑戦だぁ(おぉ~ぃ)

タルトパイ生地とアーモンドフィリングは、砂糖を使わないケーキと焼き菓子という本のりんごとさつまいものタルト辺りからパクリ、上に載せるリンゴのフィリングは、味見しながら適当にアレンジしてみました。糖類はすべてメイプルシロップに頼りました。何せ我が家には大量に買い置きがあるので(ホットケーキに大量にぶっかけるため(^^;; )。なければ甜菜糖でもいいかもしれませんが香りがいいので少量でも入れた方がいいと思います。

パイ生地はアタリでした。すんごく香ばしく仕上がります。タルトのフィリングにマクロビオテック縛りをしない、普通のものを入れるのもアリじゃないかな。これはいろいろ応用できそうです。

また、マクロビオテックなお菓子全般に言えることらしいですが、フワッと作るための卵やバター抜きなので、重い感じのお菓子になります。今回のもやっぱり少々重めです。後で教えてもらってなるほどと思ったものは、フワッとさせたいときには「おから」を使うといいとか。この材料のアーモンドフィリングの材料のアーモンドプードルと小麦粉を減らして、その分「おから」を入れれば、かなりいい感じになったに違いありません。次の機会には「おから」を試してみましょう。

≪材料≫: 18cmパイ皿(6号) 2つ分

【リンゴのフィリング】

  • 誰がなんと言おうとも『紅玉』 x 3個から4個
  • メイプルシロップ 80cc?(ぐらい (^^; テキトー)
  • 菜種油 小さじ2
  • シナモン(好きなだけ)

【パイ生地】

  • 全粒地粉  110g
  • 国産小麦薄力粉 50g
  • 国産小麦強力粉 50g
  • 生クルミ 40g
  • 天然塩 ひとつまみ
  • 豆乳 60cc
  • メイプルシロップ 50cc
  • 菜種油 60cc

【アーモンドフィリング】

  • アーモンドプードル 120g
  • 国産小麦薄力粉 110g
  • 豆乳 100cc
  • リンゴジュース 50cc
  • メイプルシロップ 40cc

【飾り付け】

  • レーズン 好きなだけ

多かったら、半分量で1枚作るとか、パイ生地は冷凍庫に入れておけばしばらく保つし、リンゴのフィリングも別なお菓子に使ってみるとかすればだぶん大丈夫。

≪作り方≫

  1. リンゴのフィリングを先に作って冷やしておきます。リンゴを12等分にくし切りにして皮を剥き、切ったものから順に、ボールに用意したひとつまみの塩を入れた塩水に入れておいて色止め、全部むき終わったらざるに開けて水切り。
  2. リンゴを20cmくらいの(出来ればホーロー引きの)鍋に入れて、残りの材料を入れて、蓋をし、一煮立ちまで中火の強火、沸騰したら弱火で水分を飛ばします。焦げないようにたまに下から木べらでゆっくりひっくり返すように煮る。あらかた水分が飛んだら、蓋を外して、焦がさないように蜜を絡めながら飴色でくたくたになるまで煮たらバットに開けて冷やす。好きなだけシナモンをかけておく。
  3. パイ生地を作る。クルミはフライパンやオーブントースターで焦げない程度にから焼きして3mm程度の粒にみじん切り、粉類は振るっておいて、みじん切りのクルミと合わせてボールに入れる。残りの液体材料(笑)を混ぜたものを一気に粉類に捏ねないようにさっくり粉っぽさが無くなってまとまるまで混ぜる。出来たパイ生地は、2等分してラップにくるんで、30分くらい冷蔵庫で寝かせる。
  4. アーモンドフィリングを作っておきます。粉類を振るって、ボールで液体材料を混ぜたのをざーっと入れて粉っぽさがなくなるまで混ぜて終わり。2等分しておきます。適当な時間を見計らってオーブンの余熱スタート。170℃12分です。
  5. 寝かしたパイ生地をパイ皿より大きめに丸く広げて、パイ皿へ。結構へらへらなので上手く入れるのは難しいかも。その場合はラップを使ってね。縁の余った分は縁に貼り付けてしまいます。底面をフォークでグザグザ刺して、空気抜きの穴を開けます。170℃のオーブンで12分ほど焼き上げます。焼き上がっても型から外さずあら熱を取ります。適当な時間を見計らってオーブンは160℃ 35分にセット余熱開始。
  6. フィリングを詰め込みます。ゴムべらでフィリングをパイ生地の中に平たく入れます。そのままオーブンで160℃35分焼きます。
  7. 焼き上がったらすぐにリンゴのフィリングを載せて、もう10分160℃で焼きます。
  8. レーズンを散らして出来上がり!!

|

« ブレーキパッドの交換 | Main | とりあえず食ってみた »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/43261787

Listed below are links to weblogs that reference アップルタルト (マクロビオテック編):

« ブレーキパッドの交換 | Main | とりあえず食ってみた »