« マルチテスタ | Main | ばなな »

2008.09.19

かんにんぐ

勇み足のニュース、できれば誤報だといいんですが、、

「IT製品、ソースコード開示せよ」…中国が外国企業に要求へ : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

中国政府が外国企業に対し、デジタル家電などの中核となる製品情報を中国当局に開示するよう命じる新制度を2009年5月から導入する方針であることが18日わかった。

 …中略…

 中国は、新制度を「ITセキュリティー製品の強制認証制度」と呼んでいる。具体的には、対象となる製品について、デジタル家電などを制御するソフトウエアの設計図である「ソースコード」の開示を外国企業に強制する。対象製品は、開示されたソースコードに基づく試験と認証機関による検査に合格しないと中国で製品を販売出来ないという、国際的に例のない制度だ。

中国で売るもの作るもののセキュリティがらみのソースコードすべてを開示しろという制度改変のようだ。たぶんCCC認証(中国強制認証制度)が拡張されるということでしょう。ただ、他のニュースにはまだ出てきませんし、JETROのページにも情報があがってなさそうだし、どこまで規制がかかるのかがホントの所はよく判らない。もともとCCC認証って役人の胸先三寸なところが多いみたいで、僕のような末端のエンジニアにとってメッチャ謎なんですよねえ(^^;

コンピュータウィルスとかの安全性を見たいと言うことのようだが、本音はBDとかICタグとか暗号化機能や著作権保護機能を積んだいろいろな高度な家電や電子部品に関して、海外企業からの製造の仕事は来るものの、中身はブラックボックス、作らされるばかりで中国国内での新技術の開発となるとなかなか立ち上がらないことに業を煮やして、手っ取り早くブラックボックスの中身をみてしまおうという制度としか思えない(苦笑)。政府自体でコードの精査をが出来る人員はいないだろうから、いきおいどこかの企業から招集された人となるだろうし、そうなるとそのコードが中国企業にタダ漏れして、すぐに『国産技術』といいつつ実は中身はコピーというのがまたぞろ出てきそうなのは、いままでのパターンからすると判りきってますね。。

それに見せろと言われて、ハイとだせるほどことは単純ではなく、利用しているコードによっては秘守契約関係が複雑で、そう簡単に見せられるものでもない。どうするつもりなんでしょうか。

いっそのこと、イッセーのセで4月末で中国での生産や販売を一気に引き上げてみるというのも一興かもしれません。あぁ、逆に鎖国状態になったおかげで独自技術が花開くかもしれません。

|

« マルチテスタ | Main | ばなな »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

まだ他では話題になってませんねぇ.
しかしまあ,非常に気になる話題です.

公開するくらいなら売らないよなぁ,と思うんですけど...
見本があれば,絶対まねしますよ(私でもする).
今ならまだ撤退しても大丈夫ですかね^^

Posted by: ひろひろし | 2008.09.22 at 01:13

ひろしさん、おはよぅ。

ホントこの先どうなるんでしょうかね。
最近は自分じゃ1行も書いてないけど(笑)ソフト屋の端くれとしては、見せるくらいなら撤退のほうがましだと思うわけで。。(でもゼッテー抜け駆けしてコピられる穴を開ける奴はいる)
しばらく様子見ですかねえぇ。。

Posted by: くっきも | 2008.09.22 at 07:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/42523570

Listed below are links to weblogs that reference かんにんぐ:

« マルチテスタ | Main | ばなな »