« 富山へ | Main | くりあたいぷ »

2008.05.06

富山で

前田利長像


ちょこっと観光(^^)

富山での二日目は法事本番で書くことが少ないから三日目と1つの記事で。

近所に住む従妹夫婦と飛行機での弟夫婦と倉敷からの叔母夫婦をまって午前中は墓参り。その帰り道に昆布屋へ。この昆布屋さんは叔父が贔屓にしている昔ながらの昆布屋さんって感じのこぢんまりした商店なんだけど、美味しい昆布がいっぱい、特にとろろ昆布がじぶんのところで削っているだけあってこだわりの品質、しかも安いんだよねえ。富山に来るたびどころかちょくちょくオヤジが叔父に頼んで昆布を送ってもらってるくらいだ。うちら9人でごった返す(笑)店内、気がつくと叔父と店主が苦笑している。何事と思ったら、最近雑誌で取り上げられたそうで、お客がどーっとバスできて、ごっそり品切れになったそうだ。(家に帰った後、なにげにオレンジページ 5/17を見たらその富山特集の記事でその店が載ってた。。気がつかなかった(笑)) 僕らはこのあいだオヤジ経由で昆布を調達できていたのがまだ残っていたから、塩昆布を細かくしたものに胡麻が入ってるふりかけと、砂昆布(細かい昆布のつぶつぶ)をゲット。これご飯にかけて食べると美味しくてねえ(^^)

法事が済んだら、息子が金屋町の鳳凰像、鳳鳴橋が気になるというのでぷらぷら歩いて一緒に観に行くことに。
鳳凰
こちらは雌の鳳凰像、じつは反対側の欄干には雄の鳳凰像があるのだが、、雨が降り始めちゃって撮れなかったのだ(^^; なんで鳳凰?ってことになるのだが、加賀藩の祖を築いたといわれる前田利長がこの地に城を築いた時、「鳳凰鳴矣干彼高岡」(鳳凰鳴けり彼の高き岡に)と歌を詠んだことから高岡と名づけたとされているからだそうです。

慌てて帰ってきてからなんだか眠たくて居眠りしていたら、いつの間にか夕方に。でもって、今日は大勢での宴会です。これまた美味しい物がどどーんと。。昨日はバイ貝の刺身だったが、今日はバイ貝の煮たもの。バイ貝って富山に来ないと食べないよなあ。。しかし、こりゃ太るな。。(^^;; 日本酒は満歳楽のしぼりたて純米酒。。うまい。。

3日目は、朝からいい天気。昨日のグズグズはどこえやら。叔母夫婦はこのまま帰るので別れを告げて、両親、弟夫婦とちょいと瑞龍寺へ。
瑞龍寺
まだ朝早く(9時ごろ)だったので人はまだほとんどきてなくて、貸しきり状態。じっくり観て回れました。撮ってきた写真は、Flickrにありますのでそちらでどうぞ。

戻る途中に昨日は雨でいけなかった金屋町へ。
金屋町
前田利長が鋳物師を高岡に招いて鋳物/銅器の街の発祥となった地。古い町並みが保存されています。こういう建物のほか、高岡には土蔵造りの建物も多く保存されていて、だいぶ新しい家が増え、町並みが変わってしまってきてはいますが、まだどこかホッとする町並みなのは、こういう保存されている建物のおかげなんでしょうね。

昨日は偶然にも新型LRT(Light Rail Train)を見ることが出来たが、
高岡駅
今日は旧型車です。この路線は万葉線といって高岡駅から新湊まで路上電車、途中から鉄道として(乗り入れて)走るという不思議な運行をしている第3セクターな鉄道会社です。利便性重視で頑張ってるそうで(^^) そういう意味ではコミュニティバス「こみち」というのも縦横無尽に走っていて路面電車でカバーできない分を補完してる。
こみちバス しかも高岡の街は細い道が多いので幅のほそぃマイクロバス(ブルールート)だったりミニバス(写真のオレンジルート)ってとこがかわいいっす。

さて、11時、そろそろ帰る時間です。弟夫婦達はこのあと金沢へ遊びに行くというので、ここでお別れ。叔父が買ってきた大量の昆布かまぼこを積み込み、駅の近くの「板倉商店」で注文しておいたお菓子を大量に積み込み、駅ビルでお弁当を買い込んで、戻りの出発です。ルートは、天気もいいし、もう混んでないでしょう、上高地ルートでいきまーす。神通川上流の道の駅「細入」で昼飯です。
鱒の寿司
富山でお弁当といえばコレでしょ(笑) ここでドライバー交代、一気に僕が松本までいきます。 昔はえっちらおっちら狭くてくーるくるな安房峠(しかもよく崩れて通行止めになってた)を抜けたわけですが、いまはすぽーんと奥飛騨から上高地手前まで行けちゃうのは楽ですねえ。天気もいいし、道も空いてるしいい気分。出来れば上高地か白骨温泉で一泊したいところなんですがねえ。。明日はもう仕事&学校ですし。

松本ICで長野自動車道路に乗って、諏訪湖SAでオヤジにドライバー交代。2時間半走りっぱなしだったかな。相模湖手前、いつもの談合坂付近で渋滞というので、初狩PAで交代。したのだが、あんまり混んでなくてスーッと相模湖ICを降り、厚木に7時過ぎについちゃった。8時間ってとこか。幸楽苑でラーメン食べて、うちらとうちらの荷物を落として、お茶でも飲んで休んでから走る?というお誘いを振り切って、遅くなるからと両親は千葉までゴー(タフだよなあ。。)

てなわけで、富山への法事のたび終わりです。いっぱい食い物も買ってきたのでそれはこれからのお楽しみ(^^)

|

« 富山へ | Main | くりあたいぷ »

旅行記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/41157276

Listed below are links to weblogs that reference 富山で:

« 富山へ | Main | くりあたいぷ »