« そこそこ | Main | C.C.ブラウン サンデー »

2008.05.31

胡座をかいてない?

すいません、いつから利用者は権利者にいちいち許諾を求めないと「私的使用の複製」が出来なくなったんでしょうか?

「ダビング10を人質になどしていない」「メーカーは“ちゃぶ台返し”だ」 権利者団体が会見 (2/2) - ITmedia News.

補償金制度がなくなると、消費者も不利益を被ると主張する。「補償金制度を廃止し、私的複製も権利者とユーザー間の契約で処理するとすれば、メーカーの負担はゼロになり、その分を消費者のみなさんが支払うことになる。本当にそれでいいのか」(椎名さん)

 「コンテンツを扱う機器を販売するメーカーが、コンテンツに関する負担から外れて手放しで利益を上げていく一方で、消費者は、私的複製にもすべて許諾が必要になり、コピーする自由がなくなる。消費者はこれを本当に望んでいるのか考えてほしい。補償金はネガティブなイメージばかりが語られるが、この事実が伝わっていない」(椎名さん)

(中略)

これについてJEITAは「購入CDやレンタルCDの対価に私的録音の対価が含まれていれば、保存されている音楽のほとんどに対して、私的録音の対価が支払い済みとなる」と指摘していたが、菅原さんによると「レンタルCDにも購入CDにも、私的録音の対価は含まれていない」という。


著作権法の第30条に書かれている事柄は、「私的利用のための複製は自由」という権利だ。そう、いちいち権利者に許諾を得なくてもいいという「自由」だ。ただし、デジタル方式録音録画でかつ政令で指定された機器、媒体の時は「有償」と定めている。この「有償」部分を個別に払うと大変だろうからとメーカーが代理で徴収し、権利者団体に支払っている形になっている。よって、メーカーに課したところで、そのお金は製品の価格に転嫁されて利用者が払うのだ。そのことをきちんと利用者に納得できる説明をしてきたのだろうか?その説明すらメーカーに押しつけて制度にあぐらをかいてこなかっただろうか?いつしかそのお金はメーカーに文句を言えばもらえるお金と勘違いをしてないだろうか? この発言の記事を見て、その不満が利用者とメーカーから一気に噴き出しのに対して逆ギレしているだけではと。申し訳ないが、そう思わざる得なかった。

確か、MDが世に出た頃、デジタル録音録画になると劣化しないコピーが「私的利用の複製」の範囲外に流出して市場に出回り、権利者を圧迫するから、それを補償するために私的録音録画補償金制度が出来たと説明された記憶があるのだが、違ってるだろうか? その時代以降、たしかDVDやCD-Rが特定機材、特定媒体に追加されるときがあったはずなのだが、、ちゃんと説明される前にいつのまにか課金されることが決まっていた。
今、揉めているのは政令で指定された機器、媒体(特定機器、特定記録媒体)に、HDDレコーダーとiPodを代表とする音楽プレーヤーや新しい媒体のBDを含めるか、ということ。時代はデジタルばかりとなり、そして複製するものはDRMが入っているものがほとんどとなり、私的録音録画補償金制度が出来た頃とは異なり、そう簡単には無制限な回数のコピーができなくなった。HDDレコーダーに入っている番組もiPodに入ってる楽曲もDRMで保護されているようなものばかりだ。自由だったはずの私的利用の複製が「不自由」になってるところへ、またお金を払えと言われたら…誰だって反発する。メーカーだって著作権を配慮する仕組みに投資してるのにタダ乗りされてると言われれば腹も立つだろう。

|

« そこそこ | Main | C.C.ブラウン サンデー »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/41371481

Listed below are links to weblogs that reference 胡座をかいてない?:

« そこそこ | Main | C.C.ブラウン サンデー »