« 飲めない | Main | やったーまん »

2008.01.21

わーなー・しょっく から iTunes ショック

年明けのニュースで驚いたのは、BDとHD DVDと両方を売っていたワーナーブラザースが、6月からBDのみ売り始めると発表したことかな。
まあ、両方を売ってみて、売り上げの趨勢を見て、またBD自身も両方売り続けるだけの投資を続けられなくなってきたってことなんでしょうね。それよりなりより驚いたのは、パラマウントがワーナーがBDに傾いたら、HD DVD専売を破棄できるという契約にオプションを付けているという報道ですな。さすがは契約・訴訟大好きのお国柄。強かですねえ。
じゃあ米国映画会社メジャーで、HD DVD組の2社のうちもう一社、ユニバーサルはと言うと、HD DVD専売の契約は実はすでに期限切れになってるとか。さあ、こうなると一気に勢力図が書き換わる可能性がでてきましたね。とはいえ、ワーナーからBDのみを売り始めるのは半年後ですし、東芝からはさらにプレーヤーの値段を下げてきたみたいです。
しかし、たぶん次のステージではBD v.s. HD DVDではなくて、セルビデオ v.s. iTunes Movie Rentals ですか? 新作なら$3.99、旧作なら$2.99で配信を始めるという。しかもディズニーだけじゃなく、ハリウッド全部とりまとめてでだ。つーことは、どのディスクのプレーヤーを買おうかと患わされることなく、高い、そしてたぶん1度くらいしか観ないディスクを買わずとも(高速ネットワークが繋がる必要があるが)、ちょいとiTunesプレーヤーがあれば、店に行かずにその場で映画が観られるってことだ。また、Appleが新たに箱を開けたと言うことだけは確かだね。これで音楽では配信のほうに重きを置くようになったように、映画の世界もセルビデオから配信への雪崩は起きるか?
実際、僕も最近、YouTubeやニコニコ動画だので投稿動画をよく見るし、Gaoで映画を観たりもする、音楽はCDを買うけど、そもそも映画もほとんど買ってくることもなくほとんどをレンタルで済ませているわけだから、安く好きな動画をレンタルさせてくれるならそっちの方が良さそうだ。
さて、今年はどんな年になっていくんでしょう。楽しみだな。

|

« 飲めない | Main | やったーまん »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

次世代メディアはSONYとPanasonicが組んだ時点で決着付いていたと思うんだけどなぁ。
セルビデオvsオンラインは、HD映像が普及しつつなってきてどうなるんでしょ?
アメリカってまだまだブロードバンドも細いので棲み分けが出来そうな気がします。
どちらかというと光ファイバーが進んでいる日本の方がオンデマンド需要が出来そうな。
#回線速度がもう一桁欲しくなるけど。

Posted by: MAD | 2008.01.21 at 22:14

MADさん、おはよ

ある程度の市場での争いって必要かなとは思うものの、そろそろ幕引きも必要なのかなとは思います。とはいえ、安易にはもう引けないですよね。
回線速度は、いまのところ日本での方が有利かな。即、HDコンテンツがネットで配信できるかというとまだまだそうは言えない状況ではあるでしょうが、その足がかりとしてはものすごく大きな箱(ハリウッドのメジャーが全部入ってる)を作り開けたといえるのかと。
セルビデオはおいそれなくならないとは思うものの、レンタルCD屋がいつのまにか姿を消したように、レンタルビデオ屋が姿を消すのもそう先じゃない話となってきそうです。

Posted by: くっきも | 2008.01.24 at 07:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/17777323

Listed below are links to weblogs that reference わーなー・しょっく から iTunes ショック:

« 飲めない | Main | やったーまん »