« 霜 | Main | UFOとゴジラ »

2007.12.20

バターがない

帰ってきてからボーッとTVでニュースを見ているとクリスマスのかき入れ時に入った洋菓子屋さんが「バターの在庫が底つきそう(;_;)」と悲鳴を上げていた。

ENAK クリスマス目前、バター不足.

クリスマスを前に洋菓子店が悲鳴を上げている。業務用バターの在庫量が前年の6割と不足しているからだ。この数年の乳製品過剰で、原料となる生乳の減産に加え、残暑が乳牛の体調に影響を与えたのも一因らしい。スポンジに使う小麦の価格も上昇しており、洋菓子店はケーキの最需要期を前に例年にない厳しい冬を迎えている。

業務用バターが全然手に入らず、普段店頭に並べるお菓子の種類をなるべくバターを使わないもの例えばムースにシフトしたりマーガリンを混ぜ込んだり、何とか贈答用のクッキーなどの洋菓子、そしてクリスマスケーキ用のスポンジを作る分を確保したが足らないという。そこへ持ってきて小麦価格の高騰。生乳の減産&猛暑での生産不足、オーストラリアの干ばつ、バイオ燃料のトウモロコシへの作付け転換、大手の買い占め、、、どうなっちゃうんだろう。家庭用バターはまだ大丈夫と言われるが早晩、他人事ではなくなるのは必至。現に来年早々から小麦製品が軒並み10%~20%も値上げされる。スーパーの棚からバターが消えちゃう日が来るんだろうか。。。

|

« 霜 | Main | UFOとゴジラ »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

北海道では牛乳が余って困ってるって言うニュースがあったと思うんだけど、原油高の影響があちこちに出てきてるなぁ。
そろそろ本格的に石油に頼らない生活を考えなきゃ駄目かな。

Posted by: MAD | 2007.12.21 at 08:34

MADさん、おはよ

牛乳が余ってると言うことで、生産調整したら猛暑で乳の出が悪く、さらに飼料高騰で餌がやれなくて、ますます乳の出が悪く。。ということになってるみたい。なにせ乳脂だけを取り出すバターは、牛乳に比べて効率が悪いそうですから。

石油を使わない生活を、でもエネルギー垂れ流しの便利に生活はそのままにと、食料を石油の代わりに燃料や原料にという考え方がそもそも間違えてるような気がします。まずはエネルギーを使わない生活に切り替えていく必要があるんじゃないでしょうかね。

Posted by: くっきも | 2007.12.22 at 11:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/17433274

Listed below are links to weblogs that reference バターがない:

« 霜 | Main | UFOとゴジラ »