« バターがない | Main | めがとまと »

2007.12.21

UFOとゴジラ

再延長を決めて、くそ忙しいはずの国会運営の最中で、「UFOの存在は確認されていない」と閣議で政府回答を決定し、町村官房長官が「いや絶対いる」とナスカを引き合いに出して異議(?!)を唱えたとかで今度は自衛隊の対応の個人見解を大まじめにだしたようだ。

asahi.com:UFO襲来への対応「個人で考える」 石破防衛相 - 政治.

 「災害派遣が使えるのか。領空侵犯でもなさそうだ。防衛出動なのか」。石破茂防衛相は20日午前の閣議後の記者会見で、未確認飛行物体(UFO)が日本を襲来した場合、自衛隊がどう対応するかについて「防衛省として取り組むことはないが、わたし自身としてどうなるのかは考えたい」と大まじめに語り、法制面の研究に個人的に取り組む考えを明らかにした。(時事)

石破氏は「存在しないと断定できる根拠はない」ということで、「外国航空機とも言えないので領空侵犯対応は難しいし、攻撃してこなければ防衛出動できない」んだと。でもって、「ゴジラやモスラは天変地異のたぐいだから災害派遣だ」そうだ(^^) 一瞬、4月1日かと思っちゃったよ。内閣支持率も30%に迫りじり貧だというのに緊張感がないなあ

|

« バターがない | Main | めがとまと »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

ここで議論されてるUFOって
「宇宙人が搭乗する乗り物」ってことでオッケーなんですかね?
それだと、正体は「宇宙人な訳で」
U(unknown)FOじゃなくてK(known)FOな気がするんですが、
そんなことはどうでも良くて(笑)。

こういう議論をしてるときの石破さんの
「ボク幸せいっぱい」って表情が良いですね(笑)。

んでも真面目な話、これが宇宙人でなくとも
未知の物体が未知の場所から飛んでくる事態ってのは
確かにあり得ない話ではないわけで
過去の凡例では対処しきれない事態をどうするか
おおまかな骨子だけでも議論しておくのは
それなりには(笑)意義があるのかなと思います。
未知の物体は宇宙だけから飛んでくる訳じゃない、
未知の(本来の航路からはあり得ない)方向から飛んできた航空機が
自らビルに激突するような事態も実際に少なくとも3回もありましたし。
アメリカはこの事態に対処できず、未だにトラウマを引きずり、
泥沼の戦いから抜け出せずにいるわけですが
では同じ状況になったとき、日本はどうするのか。
ってな感じでしょうか。

Posted by: しのぶ | 2007.12.23 at 01:05

しのぶさん、おはよ

そそ、石破さんの笑顔は何とも言えませんでしたねえ(笑)
何だかわからん見知らぬ飛行物体(Unidentified Flying Object)が領空にやって来た場合の対処の選択肢としては、(1)撃つ! (2)対話を試みる (3)無視とあるだろうが、日本だとすでに決まってるんじゃないですかねえ。(1)と(2)の中間、一応(?)迎撃態勢を取りつつ領空を出て行くように説得する。。領海侵犯した不審船に対してこのあいだは実弾を撃つところまでいっていますから、その辺をバタバタしないように手続きをもっとはっきりさせればいいってとこですかね。

って、話を石破さんもきちんと最初にすればいいのにゴジラのジョークを持ち出すのは行きすぎだなあ(^^;

Posted by: くっきも | 2007.12.23 at 11:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/17433362

Listed below are links to weblogs that reference UFOとゴジラ:

» UFO襲来 どうするニッポン [たなぼた]
民主党議員が妙な質問したものだから、軍事オタクの石破防衛大臣が張り切っちゃったね [Read More]

Tracked on 2007.12.21 at 12:41

« バターがない | Main | めがとまと »