« 卒業 | Main | ぐげ、壊れた »

2007.03.21

急転

安全だからと口をとんがらせていたはずの厚生労働省も世論に押されて、急転、なんだか中途半端な制限を指示しましたねえ。。なんで10代のみかというと、、親の目が行き届きづらいからだそうだ。

まあ、全世界で何千万人も使っている薬で数十例という症例の少なさでは因果関係の実証は極めて難しいでしょうね。そもそも高熱なときは別に薬なんか飲まなくても異常な行動をするもんだとおもいますので、薬を飲んでる飲んでないにかかわらず、ほおっておけないでしょ?実際、僕も小学生の低学年のころに風邪で高い熱を出し、近くの病院に行ったところでジタバタ暴れ出し、親や医者、看護師に押さえつけられたらしいです。(本人全く記憶なし)。痙攣だって起こすかもしれないわけで、目を離せる状態ではないのですわ。タミフルだけじゃなく解熱剤の種類によっては危ないこともありますし、安易に解熱してはいけないこともあるのです。大人は高い熱を出すとすぐにグッタリ状態になりますので、そうそう暴れられる余裕はないのですが、子どもは40度近くても結構けろっとしてたりしますからねえ。。。子どもの方がパワフルですわ。なので、タミフルにたいして云々する以前に、高い熱の子どもから目を離しちゃいかん! タミフルに限らず薬を飲むと言うことについてはいろんな注意を払わねばならない!ってことですわ。

そうそう、タミフル自体は「インフルエンザウイルス自体をやっつけてくれるものではない」のです。タミフル飲むと治るというものではないのです。タミフルやリレンザなどの対インフルエンザ薬というのは、インフルエンザウイルスが分裂増殖する仕組みを阻害する薬です。ウイルスの増える速度を押さえ込んでいる間に押っ取り刀で対応を始める抗体の活躍できるまでの時間稼ぎをするという薬です。そう、結局治すのは自分の身体に備わっているウイルスに対する抵抗力。つまり、タミフルなどの薬を飲まずにほおって置いても治る人は治るし、飲んだところで治らない人はなかなか治らないのです。症状が押さえられるまでの時間は飲まないときに比べて平均1日といいます。まあ、すぐに抗体が活躍する人としない人の平均を取ってしまうので何とも言えませんけどねえ。。。それでもキツイ症状を出来るだけ早く逃れられると言う意味では、いい薬ではとは思います。

僕の経験からすると、タミフルが出たばかりの年にインフルエンザに罹り、40度近い熱が昼からタミフルを飲んで、その夜には微熱程度まで落ち着いたときにはほんとこの薬にはビックリしましたよ。しかし、そのあと普通の風邪の諸症状とくに咳は治りませんでした。インフルエンザウイルスに荒らされた咽や気管支回りの粘膜が治るまでに長い時間がかかったのでしょう。

総合感冒薬のCMとか見てると、薬飲んででも解熱して会社に行って働けって感じで、、ありゃ酷いよね。人はなんで高い熱を出すのか。なんでも、体温を1度上げるだけでも対ウイルス抵抗力が数十倍にもなるといいます。下手に解熱するよりは、高い体温でウイルスをやっつける方が実は治りがいいようです。体力が続くのならば、そっちのほうが身体にもいいはず。ようするに飯食って布団被ってゆっくり寝るのが一番いいってことですわな(^^)

asahi.com:治療薬「タミフル」、10代の服用制限 厚労省指示-暮らし

厚生労働省は21日未明、インフルエンザ治療薬「タミフル」服用後、自宅の2階から転落する事故が新たに2件発生したとして、輸入販売元の「中外製薬」(本社・東京)に対し、添付文書の警告欄に「10歳以上の未成年の患者に、原則として使用を差し控えること」を書き加え、医療関係者に緊急安全性情報を出して注意喚起するよう指示したと発表した。

またそれを受けて、製薬会社は因果関係を否定。

asahi.com:製造元が、タミフルと異常行動の因果関係を否定する声明-暮らし

インフルエンザ治療薬「タミフル」の製造元である製薬大手ロシュ(本社スイス・バーゼル)は20日、「タミフル服用と神経精神症状との間の立証された因果関係はない」とする声明を発表した。

|

« 卒業 | Main | ぐげ、壊れた »

ニュース」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/14348509

Listed below are links to weblogs that reference 急転:

« 卒業 | Main | ぐげ、壊れた »