« 秋刀魚の蒲焼き&栗御飯 | Main | BlackBerryがでる?! »

2006.09.19

栗の渋皮煮

栗の渋皮煮 / Sweet boild chestnet with the astringent coat


お上品に綺麗な器に盛ってみました(笑)

カミサンがいろいろ2日間手間暇掛けて、ようやく完成です>栗の渋皮煮(^^; いやはやメチャウマ!

皮むき / peel a chestnut
まずは皮むきからスタートです。

去年は1Kgであっという間に売り切れたため、今年は2Kgに挑戦です。お陰様で果物ナイフ(ペティナイフ)で渋皮に傷を付けずに鬼皮剥くコツと憶えましたよ。

渋抜き / Astringent juice cutout
重曹を入れて渋抜きです。

重曹を入れた水から茹でては煮こぼし、ゴワゴワと飛び出す渋皮を丁寧に取り除くというのを3回繰り返し、渋皮を柔らかく煮ます。

蜜漬け
そのあと、一煮立ちしてはグラニュー糖を入れて冷ますという蜜漬けを何度か繰り返し、、

味見
こんなもんかなあと味見

もう少し甘みが足らない感じだったのでもう一度蜜漬けして、一晩寝かせます。

次の日は、瓶詰めです。煮沸して脱気してとジャムを瓶に入れる要領で半分量を2本ばかり瓶詰めしました。残りはタッパーでチョコチョコ食べてるのと、それが残りそうなら冷凍にする予定です。

|

« 秋刀魚の蒲焼き&栗御飯 | Main | BlackBerryがでる?! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

くっきもさんの過去の記事を見て渋皮煮を作りました。
旨いですね、これ。
私の場合、通訳ミスで砂糖の量を間違えてしまい、後からどばっと足したら、かなり壊れてしまいました。
壊れるから少しずつ加えないといけないんですね。

Posted by: hirocakep | 2006.09.20 at 12:53

旨いでしょそれ、hirocakepさん(^^)

そうそう、砂糖をちょこっとずつ入れても浸透圧が高まるのか割れちゃうのです。かなり慎重にじわじわ追加する必要があるのですが、、すいません、書き忘れていました。(_ _;;
うちでも砂糖投入で今回もいくつか割れちゃいました。まあでも、割れた欠片を掬っておいて、アイスクリームのトッピングにすると激ウマですぜ。お試しアレ。

Posted by: くっきも | 2006.09.20 at 23:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/11966543

Listed below are links to weblogs that reference 栗の渋皮煮:

« 秋刀魚の蒲焼き&栗御飯 | Main | BlackBerryがでる?! »