« 23 | Main | 黄色いコスモス »

2006.09.10

片貝まつり

花火


どーーん!

話には聞いていましたが、これほどまでにド迫力でありながら和やかなものだったとは。。我々の上げた花火を観てくれたでしょうかね。(^^)

入社当時、お世話になった上司が生前楽しみにしていた片貝まつりの花火大会。三尺玉、四尺玉を打ち上げることで有名な花火大会でしょう。本来なら今年還暦の祝いに花火を奉納するんだといっていたのですが、、その話を聞いていた有志で寄付を募り、花火を奉納しました。

僕は葬儀があると知った週末の休明けのその日、台湾へ出張する日でした。葬儀に行くという知り合いに言付けだけ頼み、慌ただしく出かけてしまったため、きちんと手を合わすことが出来なかったままになっていた。これはもうこの目でぜひ観にいかねばと片貝まで行ってきました。

アクセスはどうやら長岡からのバスに乗るか、信越線で来迎寺まで行って3Kmほど歩くかのようでした。うーん、歩くか(笑)

来迎寺駅 / RaI KoU Ji
やってきました来迎寺駅。めっちゃ暑いんですが(@_@"

山車 / Da Shi
小千谷市に入った途端、どの家の軒先にも提灯、紅白幕の飾り付け。道ばたには山車が出番を待ってました。

日頃の行いがよかったんですかねぇ。この週末だけはメッチャいい天気。この日の最高気温36度(^^; 駅からぶらぶら歩き出すことしばし、片貝方面に行くバスに追い越されました(ワハハハ) 。というわけでクソ暑いなかを汗だくになりつつ30分ちょい歩いて片貝に到着、今回の仲間らと合流です。

会場についてすぐにお寺さんに線香をあげに。やっと手を合わすことが出来ました。(- -)

浅原神社
打ち上げ会場となるのは山の上の浅原神社の境内の裏の林の中。
かぶりつきの桟敷席
そう、この奥の林のところです。河原とかじゃなく、山の上から打ち上げるんですわ。

番付表
でもって、そのあとはひたすら炎天下の中、桟敷席で飲んでました(笑)

やっと夕方
やっと日が沈みます。ぐはぁ、、暑かったよおぉ。。。

辺りが暗くなり、7時半、打ち上げ開始です。はあぁ、

花火花火
待った甲斐がありました。奉納者の思いのこもった口上に続いて尺玉がドッカンドッカン上がります。

よくある花火大会のようにどんどか節操なく花火が上がるというわけではなく、まず地元産業だけでなく、結婚、初孫、還暦などの祝いに、供養の口上がアナウンスで流されてから、尺玉二段打ちという感じに進むのです。。圧巻は尺玉をこれでもかとふんだんに使ったスターマインや三尺玉の巨大な花火とそのあとに腹に来る炸裂音。

やっと元上司への奉納花火の番です。三脚のビデオに撮りつつ自分の目でしっかり観てきました。なのでデジカメはなし。だって液晶スクリーン越しになっちゃうじゃないですか。しっかり目に焼き付けたあとは、、もうひとつのお待ちかね、正四尺玉です。これはもうまさにスゴイの言葉だけしかないです。。でけーー(^^:

こんな感じです:小千谷市ホームページ 片貝まつり 四尺玉花火

四尺玉を観たら撤収です。付近の道路はそれはそれはものすごい渋滞。頼んでおいた宿の送迎バスはすぐ近くで不法駐車の車に阻まれ、一時間近く遅れて到着。宿には日が変わる頃に到着。真っ黒な紅茶色の重曹泉の温泉につかりつつ一泊です。auは電波が入るのですが、僕が持ってるボーダフォンとWillcomは圏外(笑) mixiの日記を更新しようかと思ったのですが、諦めて寝ることにしました。

朝から次の日もいい天気。まぶしい朝日が差し込んで、6時に起こされちゃった(^^; 干物に味付け海苔という由緒正しい温泉場の朝食を頂き、2時間に1本!の路線バスで長岡に出て新幹線で戻ってきました。

|

« 23 | Main | 黄色いコスモス »

旅行記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/11843110

Listed below are links to weblogs that reference 片貝まつり:

« 23 | Main | 黄色いコスモス »