« 都会のひまわり | Main | 秋刀魚 »

2006.08.25

水金地火木土天海

惑星は9個?12個?と新定義を巡って大騒ぎが決着、8個で落ち着いたようですな。え?8個? 冥王星が惑星から「dwarf planet  矮(わい)惑星」に「降格」してしまいました。(ドワーフって。。矮性って英語でそういう言い方をするんだと今更ながらビックリ)

asahi.com:冥王星外し、惑星数8に 国際天文学連合が新定義�-�国際.

チェコのプラハで総会を開いている国際天文学連合(IAU)は24日午後(日本時間同日夜)、惑星の新しい定義について採決し、太陽系の惑星を「水金地火木土天海」の8個として冥王星を惑星から外す案を賛成多数で可決した。冥王星は1930年の発見から76年で惑星の地位を失い、世界中の教科書が書き換えられることになった。

このフレーズを読むと、どーしても宇宙大帝ゴットシグマのエンディングの節回しで口ずさんでしまうわけですが。。これからは「冥」を言わないようにしないといけなくなるのですね(爆)

そもそもは、「冥王星は惑星か?」という論議からいままでいまいちあやふやだった「惑星とは」という定義を決め直そうと始まった今回の騒ぎ。月に比べて小さいし、どちらかというと彗星のような成り立ちである冥王星を惑星とするならば、いままで見つかっている小惑星帯のセレス、冥王星と衛星にしてはでかいので冥王星と2重連星とされる「カロン」、どえらく離れたところを回ってる「2003UB313」も入れないと変と話が拡大。さらに似たような星が1000個以上あるがどないすんねんという論議になり、結局シンプルな定義に落ち着いたみたいですね。

  1. 自分の重力で丸くなってる
  2. 太陽を中心(重心)にした軌道を回ってる(公転している)
  3. そしてその軌道上の他の天体のほとんどを吸収した圧倒的にでかい星

というわけで同じ軌道上に似たような大きさの小天体がうじゃうじゃあるために冥王星、カロン、セレス、2003UB313は、「同じ軌道上で圧倒的にデカイ星」とは言えず、3の定義に外れることとなっちゃった。
で、セレス、カロン、冥王星のようなイッチョマエに丸いが惑星にしては小さいものは、「「dwarf planet 矮(わい)惑星」という定義になったけど、、冥王星君は、名前を知られてる太陽系の星の1つってことでこのままいくのかな。教科書とかが大変そうだねえ。来年分は間に合うんだろうか(笑) 海王星より遠くて彗星みたいなものを「small solar system bodies(太陽系小天体)」と言う言い方をするようだが、これも厳しいなあ。なんにしても、今回のことで親しみやすい和名がつくといいなあ、特に2003UB313では寂しすぎるぞ。

|

« 都会のひまわり | Main | 秋刀魚 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

なんで、いまさら(・・。)??
…とか思ってはいけないのかな^^;
米国さんも、がっかりですね。。☆

『水金地火木土天海』
う~む。言いにくいですなぁ( ̄ー ̄;)。。笑

Posted by: sii | 2006.08.26 at 04:43

siiさん、おっはよう

きょうの朝刊では、博物館も展示物の修正に大わらわ、10月に発売の天体ソフトウェアの修正も必要と大騒ぎになってるみたいですねえ。。いやはや、何を今更というのも変な話で(^^; 水金地火木土天海め、めぇ~言いづらいぞぉ

Posted by: くっきも | 2006.08.26 at 11:38

いつか忘れましたが、冥王星の方が海王星より近くなったから、『水金地火木土天冥海』と言わなければならないなんて聞いたことがありますが、まさか冥王星がなくなるとは思いませんでしたね。
小学校で習ったことって意外と覚えていることにびっくりします。
掛け算が一番役に立ちます(笑)

Posted by: hirocakep | 2006.08.26 at 15:30

たぶん本当に困るのは占星術師とSF作家。
松本零士の所にインタビューしてたのは、ちと笑ってしまいました。

Posted by: MAD | 2006.08.26 at 16:37

hirocakepさん、MADさん、コメントありがとう。

hirocakepさん:
冥王星は他の惑星とは公転軸が斜めにずれているため、時期によっては海王星より内側になったりするため「水金地火木土天冥海」になってしまうんですね。。あと200年くらいないようですが。。そういえば、これもアニメの主題歌で確か逆転していたのがあったなあ(笑) こういうどーでもいい変なものを憶えてるんだけど、肝心なものはすっかり忘れてます(笑)

MADさん:
別に冥王星がそこからなくなるわけではなく、太陽系を回る星なんだから困らないというのが「関係者」のコメントみたいですよ(笑)
それにしても誰もが思い浮かべるのが冥王星と言えば松本零士なんですねえ(プププ)僕もそれには笑ってしまいましたよ。

Posted by: くっきも | 2006.08.27 at 09:57

意外と「どってんかいっ」ってとこが気に入っちゃってたりします(笑)。

ちなみに、矮惑星もデカイはデカイのだけど
軌道近くに他の天体(衛星を除く)がない、ってのが惑星との違いだそうです。
どれを矮惑星に指名するかはこれから話し合うみたいですね。
今回惑星になりそこねた天体たちは文句なしに矮惑星になるとして
他のチビッコたちがウヨウヨ待っているので、
これから天文界ではもう一悶着ありそうな予感です。

てなわけで、TB送っちゃいますねっ。

Posted by: しのぶ | 2006.08.30 at 01:21

あ、間違えちゃいました(大汗)。
>>軌道近くに他の天体(衛星を除く)がない

これは惑星の定義で、近くに天体があるのが矮惑星の方です・・・。
冥王星のそばにはカロンがあるのでアウト、だそうです。

Posted by: しのぶ | 2006.08.30 at 01:24

しのぶさん、コメント&トラックバックありがとう。

丸くなれるくらいの重力があるので、それなりにでかいことはでかい(というか月がでかすぎ 笑)わけですから、それはそれで惑星でもいい気がするんですけど。。冥王星軌道の外側にカイパーベルトと呼ばれる小惑星帯があって、ここにもすでに1000個くらい似たような大きさの天体が見つかってるようです。となると、冥王星が惑星になってしまうと、、ヘタするとこれらも全部?ということも今回の騒動の発端でもあったようです。
でもまあ、何度も書いてるけど冥王星がそこからなくなるわけでもなく、わざわざ大急ぎで消しゴムで消すようにしなくてもいいんじゃないかと思うんですけどねえ。せっかちだよね。

Posted by: くっきも | 2006.08.30 at 22:35

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/11602917

Listed below are links to weblogs that reference 水金地火木土天海:

» 太陽系が8惑星に(あらら) [SHINOblog]
以前「太陽系が12惑星に?」でもお伝えした惑星に関する定義ですが、ついに明確な答えが決定したようです [Read More]

Tracked on 2006.08.30 at 01:22

« 都会のひまわり | Main | 秋刀魚 »