« 丑の日 | Main | 収穫 »

2006.07.23

ココアシフォンケーキ

Cocoa chiffon cake


マーブル柄(^^)

午後から息子のお誕生日ケーキ作り。どんなケーキがいい?と聞いてみたところ、(カミサンが吹き込んだらしい:笑)リクエストはココアシフォンケーキの生クリーム添え。うむむ、手持ちのお菓子レシピ集にはそのまんまのレシピはないからテケトーにアレンジするしかないなあ。パラパラ古いオレンジページをめくってたら、マーブル柄のコーヒーシフォンケーキのレシピみっけ。これで作ってみたのが上の写真です。

Son's Birthday!
息子も8歳。反抗期まっただ中。難しい年頃に突入ですわ。上手く行かない自分自身に対して即ぶち切れて課題をやらないとかで、学校の担任の先生からも呼び出しの電話がかかってきたりと、もうカミサンも僕も頭痛いです。(^^; 周りの人に対して暴力を振るうというよりも自分に腹立てて癇癪起こしてるというのはまだ救いか。上手く行かないなら行かないなりに悩んで方法工夫をするという方向に持って行きたいんですがねえ。。なかなかどうして聞いてくれません。それでもようやく最近これじゃだめだと気がついてきたようで、癇癪から戻ってくる時間が短くなってきた。もうちょっとの辛抱かな>ぷんすか病 というわけで、父の愛を込めて(キショッ:笑)ケーキを作りますか。

作り方はシンプルなシフォンケーキを作る要領で生地を作り、コーヒーシフォンがインスタントコーヒーを使っている部分をココアに変えて、最後にに牛乳で溶いておいたココアを一混ぜして即、型に流し込みマーブル柄にするという方法をとりました。

  • 材料 (20cm程度のシフォン型分)
    • 薄力小麦粉  120g
    • ベーキングパウダー  小さじ2/3
    • ココア  小さじ4
    • 牛乳  適当(^^;
    • 卵黄  M玉 5個分
    • 生地用 上白糖  80g
    • 塩  ひとつまみ
    • 水  100cc
    • サラダ油  80cc
    • 卵白  M玉 6個分
    • メレンゲ用 グラニュー糖(もしくは上白糖)  60g
    • 生クリーム 200cc
    • 生クリーム用 グラニュー糖 大さじ2
    • ラム酒  小さじ1 (香り付け用なのでなくても可)
  1. まずは、オーブンを170度に余熱スタート。薄力粉とベーキングパウダーを万能こし器で2,3回振るっておく。卵黄と卵白を分けて室温程度にしておく。
  2. ココアを小皿に入れて、牛乳をちょっぴりずつ入れながら(一気に入れるとダマダマ状態になって練れません)スプーンでグリグリ練る、練る、練る…よーく練って少しゆるめのトロトロ(トンカツソース程度)にしておく。
  3. 最終的にすべての生地が入るので、シフォン型よりもでかい容量の大きいボールに卵黄5個分を入れて、割りほぐし、塩ひとつまみと砂糖を入れて白っぽくもったりするまで泡立て器でガンガン混ぜる。
  4. そこへ一気に水100ccをいれ、サラダ油をたらーりたらーりと垂らしつつ泡立て器でガンガンよく混ぜる。
  5. 薄力粉+ベーキングパウダーをふるい入れて、泡立て器でゆっくりグルグルっと粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
  6. 別の大きなボールに卵白 6個分を入れて、割りほぐしたあと、砂糖を2,3回に分けて入れながら、そらもぉ一所懸命に泡立て器でガシガシとメレンゲを作る。はっきり言って一番の山場です。ここで出来上がりのすべてが決まりますんで頑張って、泡立て器を持ち上げるとメレンゲのツノがピーッと立つまで泡立てます。電動泡立て器を使う場合は、やりすぎに注意(^^; 僕は途中まで低速で電動泡立て器を使い、ツノがへろへろな感じに出来る程度から手で泡立て器をガシガシやって仕上げてます。
  7. 卵黄+粉の5の生地にメレンゲをまずは1/3をいれて、泡立て器でゆっくりグールグルして生地とメレンゲをなじませます。
  8. メレンゲ残り2/3を入れて、今度はゴムへらでさっくりと泡を潰さないように丁寧にメレンゲをなじませる。
  9. 練ったココアをたらーっと入れて、ゴムヘラでクルッと一混ぜ。そのまま型に流し込み、オーブンへ。
  10. 170度で40~50分(これはオーブンによっていろいろ。。)40分過ぎて、あれ?ちょっぴり焦げたかな?という香ばしい匂いがしてきたら、竹串を刺し、生地が付いてこなければ焼き上がり。
  11. オーブンから出したら、即、型に入ったまま、ひっくり返し、粗熱が取れるまで放置。
  12. 竹串やパティナイフで型から外して、食べる直前に8分立てした生クリームを添えて、できあがり!(^^)

ココアの部分をインスタントコーヒーに変えるとオリジナルのコーヒーシフォンになります。それにしてもテケトーにアレンジした割には上手く行きました(切るまでドッキドキだったのは内緒)。フワフワでフォークを入れると生地の中の気泡が割れるシュワシュワシュワーという音がシフォンケーキを食べるときの楽しみですよね。きれいなマーブル柄もきれいに出たし、ココアのほろ苦いのとラム酒の香りの生クリームがイイ感じでした。冬ならば、生クリームをシフォンケーキに塗ったくって一晩おいてから食べるのがベストでしょう。

|

« 丑の日 | Main | 収穫 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

レシピをありがとうございます!
たぶん、メレンゲの部分がコツなんでしょうね。

毎回、電動式の泡立て器でガンガンホイップするけど
どこまでやるかがイマイチ分からず
足らないところで終わっていたのかな?
それとも、やりすぎだったのかな?

カステラの基本もメレンゲで、
その時の目安は逆さにしてもメレンゲが落ちてこないって言うので
それを目安に泡立てたのだけどだめでした。

水の温度は水道水で良いのですか?
一気に入れて分離したりしないんだ?

男性の方が力があるから
しっかり泡立てられるのですね。
でも、頑張って再チャレンジしてみます!

男の子より、女の子の方が難しい子育てでした。
男の子は単純で分かりやすいから
何でかんしゃくを起こしているのか、
ぐれているのか分かりやすかったけど
女の子はホント同性の自分でも分からなかった。
未だに娘には翻弄されています。(笑)

でも、まだまだかわいいお年頃なので
うらやましいです。

Posted by: 陶片木 | 2006.07.23 at 22:56

こんばんは^^

息子さん、御誕生日おめでとう!!
またもや美味しいケーキのご馳走・・・いつものことながら凄くうらやましなあ(^^*。

よくよく考えたら、ツレと一緒になってから私一度もお菓子をつくってあげたことがないかも(爆)
…レシピメモしとこっ(笑)φ(。。;)メモメモ ←メモじゃなくて作れ(爆)

Posted by: まいくろ | 2006.07.23 at 23:16

陶片木さん、まいくろさん、コメントありがとう(^^/

陶片木さん:
僕の場合は泡立てすぎで巨大な空洞が出来ちゃうシフォンケーキとか何度かやらかしてます。それで電動→手でガシガシというふうにしてます。↓失敗したときの記事
http://cookiem.cocolog-nifty.com/blog/2004/10/post_7.html

膨らまないのは、泡立て不足かせっかくの泡を消してしまったかのどちらかでしょうねえ。ひっくり返して落ちないというのはもし落ちると恐ろしいのでやってません(笑) 泡立て器を持ち上げたときにメレンゲのツノが折れずにピーンと立つかで決めてます。細かいことを言うと今回のは少し気泡のきめが粗いです。おかげで写真を観ると判りますが、中心が沈み込んでるので出来は完璧バージョンからするとイマイチです(^^;
水は常温のままです。分離は気にしたことがないや。

確かに男の子はバカなので(自分もそうだからよく判る)、何に腹を立ててるのか分かり易いので、「あーぁあ、そんなことでいちいち腹立ててちゃ勿体ないぞぉ」と親としてとっても歯がゆいのです。怒るのはしゃーないとしてもその次へ行けるようにして欲しいんだけどねえ。はてさてどういう風に接すればいいのか、それはそれで難しい(- -;

まいくろさん:
あれ?生クリームダメじゃなかったっけ?(笑)
うちのカミサンはゼータクで、増粘剤や植物油脂だのの混ぜ物いり「ホイップクリーム ミックス」は却下。「種類別 クリーム(乳製品)」でないと胃もたれすると言われちゃってます。とほほ…材料費が…

ツレ殿にもお菓子を作ってあげてくださいまし。野郎は単純なのでそーいうものを1つでももらうと舞い上がって3倍返しは確実です(ほんとか?)

Posted by: くっきも | 2006.07.24 at 00:13

おめでとうございます。
8歳で反抗期ですか?
意外と早くくるんですね。
今はまだ七ヶ月、可愛い時期をたっぷり楽しんでおきます。

Posted by: hirocakep | 2006.07.24 at 09:52

hirocakepさん、ありがとう。

ええ、本格的な反抗期の走りです。3歳までですよぉ。素直で可愛いのは(笑)
まあ反抗してくれないと自我が育ってないってことなのでそれはそれで困っちゃうわけですが、、それにしても憎たらしいなあ(苦笑)

Posted by: くっきも | 2006.07.24 at 23:30

昨日作ってみました。
それで質問です。
卵って、私も常温に置くって思っていたのですが
昨日見たレシピにギリギリまで冷やすと書いてあったのです。
どっちが本当でしょうか?

いままで前の晩からわざわざ卵を室温に置き、
ぬるくしてホイップしてきたのです。
昨日も買ってきた卵でやろうと、レシピを見てびっくりでした。

あと、逆さまにしたまではふっくらしていたのに
切るときに沈んじゃったのはやはりBPが入っていなかったからでしょうか?
どうもあれ、苦手なのです。

娘が味見をして
「おいしいけどマーブルのほうが良い」と・・・
次回はくっきもさんのレシピで作ってみます!
そのときはTBさせてください。

今回は焦げ焦げの失敗作でした。
でも味は良かったです。(笑)

にしてもくっきもさんのは沈んでいないし
形もきれいだし、おいしそう。
私の穴も多かったです。
空気入り過ぎちゃったのかな?

Posted by: 陶片木 | 2006.08.28 at 10:29

おりょりょ、、うまく行かなかったですか、陶片木さん。

まず、卵は常温です(^^; そのほうがよく泡立ちます。冬は卵黄やメレンゲ作るときって湯煎して泡立てるほどですから。それに生地が冷たいと、オーブンに入れたときに生地の内外の温度差が大きくなり、きれいに焼けなくなります。(温度差を小さくするために真ん中に円筒で抜いてるくらいですから>シフォンケーキ型)

BPはなきゃないで大丈夫のはずなのです。スポンジケーキのレシピの時は入れてませんから。その分、白身を多めにすることでBPの代わりにすることが出来ます。でもなんか怖くて(笑)僕はBPを少量入れてます。BP入れないとなるとメレンゲをしっかり作らないと膨らまないです。でも膨らみすぎたくらいだからこのへんは大丈夫かな。うちも円筒の部分より上に膨らむよ。ちなみに僕は他の機種と比べて天井が高いオーブンをわざわざ選んで買いました。じゃないと、でかいシフォンケーキ作ると天井にくっついちゃうんだもん(笑)。あ、そうそうココアを混ぜると重くなって潰れます(^^;(ブラウニーを思い浮かべてね)マーブルにしないならかなりココアの量を減らさないと厳しいです。

オーブンの時間と温度は、焦げない条件を見つけるために何度か焼いてみて癖を掴むしかないですね。コレは陶器の窯と同じだよ~(笑) 今回焦げちゃったようなので、例えば、膨らみ始めたら10度落としてみるとか小細工が必要かもしれません。
また上にくっつかない程度の一回り小さな型に変える必要もあるかも。

というわけで、またチャレンジしよー
そして美味しくできたら送ってください(バキッ)

Posted by: くっきも | 2006.08.28 at 21:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/11073894

Listed below are links to weblogs that reference ココアシフォンケーキ:

» ココア [料理レシピ紹介サイト:ブログでCookin'!]
「ココア」料理レシピのブログ記事から美味しそうなものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2006年8月15日収集分= **Smile... [Read More]

Tracked on 2006.08.16 at 11:36

« 丑の日 | Main | 収穫 »