« 鼎泰豊 | Main | 今年もこの季節に »

2006.03.24

雲海

雲海


もうすぐ到着、徐々に高度を下げ、目の前に近づき広がる雲海。 このしたに成田がある。

着陸態勢にはいるので電子機器、全部使っちゃいけないと言われる直前の写真(笑) 微妙な色合いの夕日を浴びて、キラキラ光る主翼と眼下に広がるぼこぼこした雲。 なんかイイ感じのショットになりました。

この日は、追い風が強かったらしく、3時間かかるところが、2時間半で到着。おかげで狙ってたN'EXに余裕で乗れましたわ。で、その足でそのまま宴会へ(笑) とてもお世話になった元上司が退職されるというので、遅刻しつつも送別会に参加したかったんです。

|

« 鼎泰豊 | Main | 今年もこの季節に »

旅行記」カテゴリの記事

Comments

(゚∀゚)♪
うわーぃ!いっぱいアップされてる!
あ☆おはようございますっ(笑

そして、貴重な一枚っっ^^
おいしそうな一枚っっ(ん?)
おつかれさまでした(≧▽≦)/♪

Posted by: sii | 2006.03.26 at 06:43

おっはよー、siiさん!

出張中にアップし切れてなかった分を
一気に放出です。。。。ねむぃ(^^;;

Posted by: くっきも | 2006.03.26 at 09:54

翼が見えてるって事は、
帰りはビジネスクラスじゃなかったんですね・・

飛行機はすっかりご無沙汰しちゃって、もう何年乗ってないだろう・・・・
たまには乗ってみたいな・・・会社のお金で(笑)

Posted by: みやざき | 2006.03.26 at 10:38

会社のお金でいつも乗ってますが、いつもエコ、しかもYでなくてわけわからん文字(クラス)(笑)。

昔はそれでも、半年~1年に1回位はビジネスにアップグレードされてたんですけど、今ではさっぱりです(涙)。

でもね、ビジネスって、機内で眠らせてくれないのよね。
食事の時間が長すぎて…
…と言い訳こいてみる(^_^;)。

Posted by: まりあ | 2006.03.26 at 11:43

みやざきさん、まりあさん、コメントありがとう。

みやざきさん:
そう、さすがにねーそうそうたびたびいい目には当たりませんわ。ハネの見える位置、その通り!帰りは前の席にゲシゲシゴリゴリ膝が当たるエコノミーです。僕の方は、もうしばらく出張はいらないっすわ(^^;;

まりあさん:
Yじゃない謎の文字って、、どんなのだろう。まりあさんのだけ違うってことかな?「こいつがこいつらの添乗員」と判るようにってことだろうか(爆)
あー、確かに食事というかいろんなサービスが次から次へのやってきて、全部相手にしてると休まらないかもしれませんね。でもその場合は、「Don't Disturb」なボタンを押しといて(昔はシールを席に貼ってたな)ご飯が食べたくなったり、飲み物が欲しくなったらアテンダントを呼べばいいのでは、、、などと言ってみる(笑)

Posted by: くっきも | 2006.03.26 at 23:59

飛行機のクラスって、実はFCYだけじゃなくて、それぞれのカテゴリーの中にもいろいろあるのよ~。

こいつはYでも格安チケで乗ってるとか、団体客とか。
ビジネスでもね。正規の航空運賃で乗ってるとか、団体のビジネスとか、マイレージで乗ってるとか、アップグレードしてきた奴とか(笑)。
びみょう~~にサービスが違うんだよ。

全部、予約クラスが分れてます。MとかQとか、各社によって違うんで、それがわけわからんってわけ。

ちなみに添乗員だけ違うクラス(文字)ってのは、ありません(^_^;)。

Posted by: まりあ | 2006.03.27 at 00:25

なんだ、添乗員を区別するわけではなかったのか(笑)

搭乗券に現れるのはYCFの3文字かな。
たぶんチェックインカウンターの画面とか機内のアテンダントが見ている情報画面にはいろんなクラスを示す文字が出てるんでしょうね。同じように買い値段も同じノーマルエコノミーでも空港のビジネスクラス向けラウンジが使えたり使えなかったりしますし、もっと特典が付くように勉強せねばならんのかなあ(苦笑)

Posted by: くっきも | 2006.03.27 at 09:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/9259069

Listed below are links to weblogs that reference 雲海:

« 鼎泰豊 | Main | 今年もこの季節に »