« 酸梅塩 | Main | 3G@台湾 »

2006.02.28

03@台湾

今回の台湾出張にW-ZERO3も連れてきました。でも、通話は出来ませんでした。

事の発端は、「そういえばWILLCOMのPHSって台湾でも国際ローミングで使えたよなあ」と思いだし、向こうでも使うつもりでいたんです。
で、WILLCOMのページを見てみると、そのまま持って行っても使えない、どうやらオペレータに電話して申し込まないと国際ローミングできない、しかも申し込んだローミング期間分だけ日割りの料金(1日100円、1000円/月で定額)がかかる、でも3G携帯よりは通話料金安いしと申し込むことに。
オペレータに繋いでもらって、本人確認の後、機種名、登録内容を告げるとどうやら台湾国内で使えるPHS電話番号なるものを貸し出してくれるということのようです。持ってる番号そのままじゃないのね。その手続きには30分ほどかかるので後ほどかけ直しますと言われ、待つこと3分。すぐにかかってきました。「ほぉ早かったなあ」と思ったのもつかの間「お客様のW-ZERO3はローミング対応機種ではありませんので登録できません」だとおぉ?!
そんなら最初に機種名を言ったときに断れよぉ(^^; つまりW-SIMとしては国際ローミング機能があるにもかかわらず、貸し出した台湾で使えるPHS電話番号をセットするアプリケーションがまだW-ZERO3にはないために使えないんだそうです。まったくもぉ、、せっかくの国際ローミング機能が使えないじゃん。

さてさて、まあPHSとして使えない状態で台湾に持ち込んだわけですが、フルキーボードがガシャーンっとでてくるギミックには、PocketPC先進国台湾の人々にも喜んでもらえたようです。ちょっぴり優越感(^-^) それにしても台湾ではPocketPCをよく見かけます。タクシーにもPocketPCとBluetoothのGPS端末の組み合わせでカーナビが付いているのも見かけます。いろんな使い方を見ているとやっぱりBluetoothがないというのは、、うらやましくてツライですねえ。なんのためのPocketPCなのか判らんようになります。どーでもいいカメラなんか付けないでBluetoothを付けて欲しかったなあ。で、そんな人たちがW-ZERO3に対して驚いていた点はもう一つ。値段の安さです。PocketPCのお値段はだいたい8万円前後。W-ZERO3はというと契約付きで4万円弱。契約なしでも5万円です。これにはビックリだったようです。

|

« 酸梅塩 | Main | 3G@台湾 »

携帯・デジカメ・モバイルグッズ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/8882793

Listed below are links to weblogs that reference 03@台湾:

» 雑記 [伊藤浩一のW-ZERO3応援団]
★凄い外部バッテリーです。元々、ノートPC用の外部バッテリーでしたが、最新のノートPCには電圧の問題で使えない・・・で、自作DC??DCコンバータを使ってW??ZERO3で使える5vに降圧してます。(かなり効率悪いです。)★ローミングできるといいんですけどねえ。つまりW-SIMとしては国際ローミング機能があるにもかかわらず、貸し出した台湾で使えるPHS電話番号をセットするアプリケーションがまだW-ZERO3にはないために使えないんだそうです。まったくもぉ、、せっかくの国際ローミング機能が使えないじゃ... [Read More]

Tracked on 2006.03.01 at 09:43

« 酸梅塩 | Main | 3G@台湾 »