« SAF1正式承認 | Main | あの時代… »

2006.01.28

公園のテントも住所

占有権は認められないが、固定された生活の拠点であれば「住所」と認められるんだね。

asahi.com: 公園暮らしに「住所」認める 「実体ある」と大阪地裁-社会.

大阪市北区の公園でテント生活をしている男性が、公園を住所と認めないのは不当として、北区長を相手に転居届の不受理処分の取り消しを求めた行政訴訟の判決が27日、大阪地裁であった。西川知一郎裁判長は「原告のテントは生活の本拠としての実体を備えており、住民基本台帳法でいう住所にあたる」と認定。公園の占用許可を受けていないことなどを理由に受理しないことは許されないとして、区の不受理処分を取り消した。

大阪ではテント生活の方々が住所登録をしに市役所に何人もいってるようだ。
確かに住民登録されてないと、様々な自治体からのサービスも保護も保険も打ち切られてしまう。「住んでる」様式を備えていれば「住民登録」できたほうがいい。占有権と住んでる事実はきりはなされいるものだという理屈も判る。かといって、住所登録できるとなると占有権を認める理由にはならないとしているが、野宿と変わらないいつ退去させられるか判らない公園などの不法占拠になんだかお墨付きを与えてしまっているようで、ちょっと気持ちが悪い。

|

« SAF1正式承認 | Main | あの時代… »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

強制退去への対抗処置として、行った訴訟なんでしょうけども、強制退去処置自体は、1000人の職員・警官が大挙して押し寄せて現在進行中らしい。

Posted by: さとしす(satoshis) | 2006.01.30 at 11:37

撤去されちゃいましたなあ。
さすがに公共の公園などに住みついて自由に住む権利を主張するのはどうかと思うのだな。。

Posted by: くっきも | 2006.01.31 at 00:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/8377033

Listed below are links to weblogs that reference 公園のテントも住所:

« SAF1正式承認 | Main | あの時代… »