« 消えゆく | Main | ばーすでぃ »

2006.01.22

やっちまったなあ

期待を裏切らず、やっぱりやっちまいましたな(苦笑)。

asahi.com:解禁早々、不安現実に 米産牛肉再び禁輸-暮らし.

「リスクは非常に少ない」として政府が米国産牛肉の輸入を解禁してわずか1カ月。その大前提だった、米国の安全対策への信頼はあっけなく崩れ、政府は20日、再び禁輸を決めた。輸入肉に混入していたのは脊柱(せきちゅう)部。牛海綿状脳症(BSE)の原因物質がたまりやすい特定危険部位として除去されているはずだった。米国の検査体制への不安を押し切る形で輸入再開を決めた政府は、バタバタと対応に走った。

そもそも温度差があったままに再開しているわけで、輸出できる業者認定はザルで、危険部位除去設備に対する安全性査定はないだの、20ヶ月以下かは目視すれば十分だの、輸出条件をきちんと業者に説明する時間もなしに再開そく出荷だの、まあ、そのうちボロが出ると思ってたけど、まさか1ヶ月も経たない少量テスト輸入時にバレルとは、さすがです。

さて、最初はその業者を出入禁止にするだけで、あとはなーなーで済まそうと思っていたようですが、一転、一度は鞘に収めた「禁輸措置」をまた抜いて大上段に構えてしまいました。ほら見たことかという重い空気の中、どうやったらまた鞘に戻るんでしょうかね。

|

« 消えゆく | Main | ばーすでぃ »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

はぁ、、、、吉野家の牛丼が食いたい。別に脊髄でも脳でも横隔膜でもなんでもいいよ。

Posted by: さとしす™(satoshis) | 2006.01.22 at 17:18

すきやに慣れちゃった(^^)

Posted by: くっきも | 2006.01.22 at 19:15

お粗末でしたよね。

食の安全って一番求めたいところなのに
なんだかなぁ・・と思ってしまいました。

Posted by: 陶片木 | 2006.01.22 at 19:32

すきやがあっていいですねえ・・・・
大好きな牛タンが食べれなくていらいらします

Posted by: mmk | 2006.01.22 at 19:55

陶片木さん、mmkさん、こんばんわ。

陶片木さん:
彼らは彼らで、十分安全と思っていたのでしょう。米国内ではこれで安全と言われる基準で輸出したらアウト!ってこと。
対日本への出荷がどういうものなのかということの緊張感が欠けてたんですね。検査官たちの検査基準の理解がまだちゃんとされていないうちの輸入再開だったというのがこれでバレちゃったわけです。

mmkさん:
仙台の牛タンは米国産だったもんね。
つーか、米国産の牛タンの7割を日本が輸入して食ってたそうなので、、、いまやそんな量を確保なんか出来なくて、品不足で大変だと聞きます。いつになったら安くて美味しい牛タンが食べられるようになるのかねえ。


Posted by: くっきも | 2006.01.22 at 22:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/8276820

Listed below are links to weblogs that reference やっちまったなあ:

« 消えゆく | Main | ばーすでぃ »