« 本日の宿題 | Main | おもだか »

2005.09.03

本を読もう

choco_fact

9月10日から公開される「チャーリーとチョコレート工場」の原作本、ロアルド・ダール作「チョコレート工場の秘密」です。娘が児童館から借りてきてくれました。これは田村隆一訳のものです。現在は柳瀬尚紀訳のものが書店に並んで売られています。

さすがに1972年が初版でいまの児童書としては(ヒステリックな方々が余計な突っ込みを入れる)「問題あり」のレッテルが貼られそうな単語がいっぱいではありますが、僕としてはむしろこういう方が自然な残酷さなのかもと思ってしまいます。柳瀬尚紀訳のものをAmazonでポチッとして買ってますので、それと読み比べてみたいな。どうちがうでしょうか。。

さて、この本の中心は、やっぱりタイトルにも書いた通り「もっともっと本を読もう!」というところなのでしょう。そのハイライトでは活字もでかくなってますし(笑) やぁ、実にそう思うわけで、特に親からすれば是非子どもに読んで欲しい本になります(爆) うーん、親も読んだ方がいいかも。。ね(^_-)

 

|

« 本日の宿題 | Main | おもだか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

あ、くっきもさんも読まれたんですね!
私は田村隆一訳の方は読んでいないので、どうなんでしょ?
違いがあるのかな?

風刺が効いているというか、面白くて楽しくて頭の中で空想できるいい本だな~と思いました。


娘たちにも読ませたいんですけど、今テスト前なので、
読ませていませ~ん^^;

Posted by: ぶんぶん | 2005.09.04 at 11:29

はいはい、読んでみましたよ、ぶんぶんさん。

大人になって改めてお伽噺を読むのも楽しいですね。子どもの頃はワクワクドキドキするばかりだったのですが、作者の考えていることをなんとか読み取ろうとする自分が居ることに驚きます。
田村隆一氏訳の本は手に入りづらいようですが、図書館には蔵書があるようで借りられるといいですよ。柳瀬尚紀氏訳の本は一緒にAmazonで頼んだものが在庫なしだったもので、ようやく明日あたり届くようです。面白かったら続編の「ガラスのエレベーター宇宙にとびだす」も買ってみようかな。

Posted by: くっきも | 2005.09.04 at 23:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/5771557

Listed below are links to weblogs that reference 本を読もう:

« 本日の宿題 | Main | おもだか »