« トライスター | Main | おりんぴあ »

2005.08.20

おやがめこがめ

専用の747ジャンボ機の背中に載せられてスペースシャトルディスカバリが運ばれたそうです。さながらその姿は親亀の上に子亀が乗って。。なんか可愛い(^^)

asahi.com:ディスカバリーが米国横断 ジャンボの背中に乗って-国際.

約78トンのディスカバリーは、特殊な巨大クレーンでジャンボ機の背に乗せられた。空気の流れを乱さないよう、3基の主エンジンは流線形のカバーで覆われている。ジャンボ機によるシャトルの運搬は02年以来だ。

 19日夕までに給油のため2カ所の空軍基地に立ち寄った。20日朝、同宇宙センターに向けて飛び立つ。運搬費用は約100万ドルという。

さすがに78トンもあると燃料もあまり積めないんでしょうね。アメリカ西海岸エドワーズ空軍基地(カリフォルニア州)から東海岸ケネディ宇宙センター(フロリダ州)を横断するのに途中2回も給油です。

追記:しのぶさんのところには動画へのリンクもあります(^^)

|

« トライスター | Main | おりんぴあ »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

2回も給油するって言うから、なんか調子でも悪いのかと思ったら
デフォで予定に入ってたんですねえ。
上空に上がってしまえば、
ディスカバリーだって小さいながら翼がついてるから
揚力の足しくらいにはなるんでしょうけど
陸にいるときは、B747は本当につらそうな顔(笑)をしてますね。

うーん、流線型のカバーか・・・、
やっぱオムツにしか見えないです(爆)。

Posted by: しのぶ | 2005.08.22 at 20:16

あれから調べてみたんですが、どうやら2回も給油を行うのは
燃料を満タンに積めないから、ではなく
満タンにしても1900kmしか飛べないからだそうです。
(カラの状態で飛ぶと10,000kmは行けるそうです)
すっご・・・通常の5分の1しか飛べなくなっちゃうんですね。
やっぱりそうとう重たいんですねえ(汗)。

Posted by: しのぶ | 2005.08.22 at 21:08

しのぶさん、こんばんわー

もうなんだか可愛いですよね>輸送姿
>通常の5分の1しか飛べなくなっちゃうんですね
ほおぉ、なるほど。空気抵抗が大きすぎてエンジンふかしまくらんと飛べないんですかね(^^;; それとも燃費のいい高いところにまですぐにあがれないのかしら。
それにしてもジャンボ君がひいこら言ってるのが聞こえてきそうな映像ですなあ(^^;

Posted by: くっきも | 2005.08.22 at 23:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/5553348

Listed below are links to weblogs that reference おやがめこがめ:

« トライスター | Main | おりんぴあ »