« Music Baton | Main | なぜ2冊… »

2005.06.20

6台だけのアメリカGP

トヨタのトゥルーリが とうとうPPをとって始まったF1アメリカGPだが、なんとミシュラン勢がすべてレースボイコットトゥルーリもリタイヤ扱い。ペナルティ回避のためフォーメーションラップだけしてすべて引っ込みそのままリタイア扱いでレース不参加になった。観客は怒り心頭、かなりの人が帰ってしまったようだ。

ミシュランは結局安全に走れるタイヤに「無条件」に交換することについてはFIAから当然拒否。一番不安とされていたシケインを改修してもらえば走れるかもとしたが、これをやるとノンタイトルレースになってしまうことからフェラーリが拒否?結局ミシュラン側の提案はのまれることなく決勝が始まったため、ミシュランをはいた全台ボイコットとなった。
それにしても今回ミシュランが用意したタイヤは、なんと10周持たないということがフリー走行で発覚。通常2種類用意するはずのタイヤもどちらも新構造タイヤであって安全側に振ったタイヤを実は用意してなかったとか。予選から決勝は1セットのみだが、3日間では4セット使えるわけだからフリー走行期間に安全なタイヤを用意できなかったミシュランがすべて悪いのだ。それをFIAが安全を考慮しないで決勝をスタートさせたと非難するのはおかしい。

さて、たった6台でスタート、ゴールさえすれば全台ポイントゲットという変なレースになってしまい、普段ポイントとは無縁(^^;のジョーダン、ミナルディが棚ぼたポイントゲット。フェラーリも棚ぼた初優勝だが、ミハエル・シューマッハらしからぬ無茶なことをバリチェロにまたやってしまった。。。バリチェロが間一髪避けなければ大事故だったに違いない。(バリチェロはコースアウト) これで2度目、こりゃさらに険悪ムードになってるだろうなあ。

追記:
もしもミハエルシューマッハがバリチェロにぶつけて2台ともリタイヤしていたら…なんとミナルディがチーム初表彰台だったかもしらなかったということに気がついた(笑) 惜しいことをした(ぉぃぉぃ)
今回の棚ぼたポイントゲットでなんとホンダだけが全チーム中いまだにノーポイントということに!。。なんてこったい!
ミシュランが提案してきたのは、シケインを改修ではなくてシケインを作ってもらってコーナー進入速度を落としてもらえれば持つかもという提案が却下。ちゃんとタイヤを作ってきてるブリジストンに対して不公平不利益となるしね。FIAは速度を落としたいのは「ミシュラン」を使ってるチーム都合なのだから、チームごとでコーナー速度コントロールできるようにスピードガンなどを設置してもよいという提案を各チームに行ったが、そんなの現実的じゃない(?)イヤだと却下。ミシュラン側は新しく持ち込み直すタイヤもやっぱり持たないというデータを日曜の早朝に各チームに配り、結局ペナルティ覚悟のグリッドを下げてのタイヤ交換も危なくてできなくなったので7チーム全台ピットへということのようです。今回「は」頭が固いというだけでFIAに非はない。ぜーんぶミシュランがアメリカGPをぶちこわしたってことですな。

|

« Music Baton | Main | なぜ2冊… »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/4630307

Listed below are links to weblogs that reference 6台だけのアメリカGP:

« Music Baton | Main | なぜ2冊… »