« とうとうPP | Main | 白いホタルブクロ »

2005.06.19

従業員と管理者の構図

まあ、当然自分の専門範囲外を幅広くやることが求められる「総合学習」は、普段、自分の専門を教えることに重点を置かれてる中学教員にはめちゃめちゃ不評なのは聞くまでもなく当然の結果でしょうねえ。

asahi.com:中学担任の過半数、総合学習に否定的 義務教育意識調査-暮らし.

「ゆとり教育」を柱とするいまの学習指導要領の目玉として02年度から導入された「総合的な学習の時間」について、保護者や教育長の評価は高かったものの、中学校担任は55.2%が否定的だったことが文部科学省の「義務教育に関する意識調査(速報)」でわかった。高校受験を控える中学担任の圧倒的多数は「数学などの教科学習を重視すべきだ」とも答えている。実際に授業する中学担任が否定的だったことは、教育課程の見直し論議に影響を与えるとみられる。

それじゃあ、それぞれの単位時間を増やせという保護者の要望にも反対。そりゃそうだ、いまでも負担を減らして欲しいと望む教員からすれば、単位時間を増やす=負担増ですから、いやがるのは普通ですわ。

総合学習の評価は、保護者7割、教育長8割は肯定派。小学校の教員も肯定派のほうが少しばかり上回ったが、中学教員は過半数が反対派。
小学校の教員はもともと担任が複数の教科を受け持つことが多いので、普段から総合学習状態。それに対し、中学教員は専門教科以外は普段やらないし、自分の専門科目が高校受験科目になってたりしたら、そっちの方を充実させて欲しいと願うのは、ごくごく自然。自分の年間単位数が減ってしまった原因の総合学習時間を目の敵にして、いやがってるのが如実に表れてるとしか思えないですね(^^;

じゃあ、その分、単位数をそれぞれ増やすか?といわれても、教員の過半数が反対。さらに、土日や長期休みになどに補習授業をするとかして、年間単位数を増やせば?という問いには。。
保護者の6割が望むけど、教員で肯定したのは1割強で、6割が反対。

これも当然ですわな。休み切りつめてもっと働けといって「ハイ!」と言う人いませんわ(^^;

教員免許の更新制も教員の既得権を失いかねないから教員は3割が反対、へんな教員はとっとと首が切りたい保護者首長は7割賛成。

他の教育改革に関する項目では、保護者と首長の要望が一致し、教員の考えとは食い違うケースが目立つ。

生徒(ユーザー)保護者(出資者)と首長教育長(経営管理者)は、もっと働けゴラーというが、冗談じゃねーよと教員(従業員)という構図のアンケート結果なんだからそうなるでしょうに。。なんか馬鹿馬鹿しくなってきた。

教育課程の見直し論議に影響を与えるとみられる。
違うんだろうが!なんでそっちに戻るの? ユーザー、出資者、経営側の意見のベクトルがあってるのならば、あとは、実働する従業員をどう満足させるか?ってことじゃないのかね。 つまり、いまのままじゃ負担が増えるばかりと不満がある教員の労働条件をどう満足させられるかがこれからの論議せねばならないという結果に見えるんですが。

単純に負担を減らせばいいというのならば、休日の補習もアルバイトとか雇うとか、中学では「総合学習」専門の教員の数を増やし、専門外を減らすとか、そういう方向に持って行かなければいけないってことじゃないの?

結局のところ、以前から言ってるようにもっと人件費を増やせってことだと思うのだが、へん?

|

« とうとうPP | Main | 白いホタルブクロ »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/4617362

Listed below are links to weblogs that reference 従業員と管理者の構図:

« とうとうPP | Main | 白いホタルブクロ »