« ふーるふる | Main | カタクリ »

2005.04.02

やっぱり開かなかった

以前の記事でいってたような事故、やっぱり「いつも開くと思うなETC」という事件が起きましたね。

一方は、センターから料金所へのETCのデータの流し込みが大量すぎて失敗したために開かなかったパターン。もう一つは、ETC別納カードを切り替えないと通れなくなるぞという周知徹底を積極的にしなかったために、期限切れをしらずに通れなくなった人が大量に発生したというもの。
一応、ぶつかりそうになるとバーって跳ね上がるように出来てるんですね。知らなかったです。ということは、突っ込んでいけばタダで抜けられるの?(ぉぃぉぃ)
という冗談はさておき、これからも最徐行でETCゲートをくぐるのがよさそう。
前も書いたけど、自分が何らかの不具合でバーがあがらずに刺さるというのもあるだろうし、それ以上に前の車が刺さったら場合も含め、自分の後続車に突っ込まれないようにノタノタ速度を落とすほうが自分も安全だろうということですわ。自分さえ止まれればいいってわけにはいかないのです。現に追突事故もおきてるようですからね。

asahi.com: 高速路など14路線でETCトラブル 一部通行できず-社会

首都圏を中心とした全国14路線の高速道路や一般有料道路のETC(自動料金収受システム)対応レーンや料金ブースで、1日未明から障害が発生した。中央道など3路線では一時、一部のインターでレーンが通行できなくなり、他の路線ではブースでのカード処理ができなくなった。ETCサービスが全国で本格化した01年11月以降、複数のトラブルが同時に発生したのは初めてで、最大規模とみられる。

asahi.com: ETCでトラブル続出 車接触、1日だけで約1500件-社会

 全国の高速道路の料金所で1日、ETC(自動料金収受システム)専用レーンに進入した車が、自動的に開くはずの制御バーに接触するトラブルが相次いだ。日本道路公団によると、同日午後6時までに1482件にのぼり、うち追突など交通事故も2件発生した。通行料金別納制度の廃止でETC別納カードが4月から利用できなくなることの周知が、一般ドライバーに徹底されていなかったことが原因とみられ、公団は緊急措置として1日夜から当面の間、別納カードを再び利用できるようにした。

|

« ふーるふる | Main | カタクリ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/3527534

Listed below are links to weblogs that reference やっぱり開かなかった:

« ふーるふる | Main | カタクリ »