« December 2004 | Main | February 2005 »

January 2005

2005.01.30

花の美術館へお散歩

Floral Museum

天気もいいことだし
いつもの
花の美術館へ
お散歩

フラッと花の美術館へお散歩です。さすがにまだ外には花は少ないですけど、中は春先の花でいっぱいでした。

今回は、Flickrからのリンクです(笑)
残りの写真は、Flickrに納めてありますのでこちらへどうぞ(^^)/

それにしても引っ越すまであと2ヶ月。そうなると、とこうも頻繁に稲毛海浜公園に遊びにいけなくなるのが残念だなあ。

Continue reading "花の美術館へお散歩"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

iPodをアップデート

1月11日に新しいiPodのファームウェアが出てたみたい。
というわけでiPod ClickWheel 20GB君を3.0.2に早速アップデート。
ついでに iTunesも4.7.1.30にアップデート。

で、、、
3.0.1→3.0.2で何がどう新しくなってるのかがさっぱりわからない(笑)
リリースノートにも修正部分についてなにも公開されてないようなのだ。
ぱっとみiPod shuffle版を追加しただけっぽいけど、
きっと何らかの修正も入ってると思うんだけどね。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2005.01.29

トマトのちから 2005

tomatopower2005


今年も「トマトのちから」を買ってまいりました。




このタブレット60錠瓶は去年はセブンイレブンでのみ売られていたものです。去年は180錠の大袋が通販、チュアブルの袋とドリンクがセブンイレブン以外って感じで売られていたんですけど、どうやら今年は他でも60錠のを売るようになったっぽい。通販でも扱い始めたようだ。

去年も買ったんですけど、飛散量は思いっきり少なかったわ、なんにしても住んでたのが千葉の東京湾岸でそもそもあまり花粉が飛んでこない地域だったが為に、いまひとつ効果があったのかさっぱりわかりませんでしたから、今年こそ、その効果がわかる、、、、かなあ(笑)

すでに目がピリピリしてきてますので、例年のようにアレジオン20mgを処方してもらって飲み始めてます。去年はこのクスリすら飲まないで済んじゃいましたから、いかに去年は飛んでなかったかってもんです。さて、どうなりますやら。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

しりある?

miniwheats

ケロッグの
シリアルなんですが。。

うちの両親がどっかからもらってきた米国ケロッグBite Size Frosted Mini Wheats Cereal というシリアルです。日本では発売されておりませぬ。なんだかわからんからと、うちらに押し付けた模様(笑)
食ってみたんですが、ひざびさ不味いモノを食った気分(^^;

Continue reading "しりある?"

| | Comments (13) | TrackBack (0)

2005.01.28

Solarisよ、おまえもか

自分の仕事に微妙に関わりそうなニュースを発見。
どのように関わるかはひみちゅなんだけどね(^^;

米Sun、Solaris 10をオープンソース化 -- Enterprise Watch Impress

 米Sun Microsystemsは1月25日(米国時間)、同社の最新OS「Solaris 10」をオープンソース化すると正式に発表した。「OpenSolaris」として、新たに開設したWebサイト「opensolaris.org」でライセンスの詳細やソースコードを提供する。また併せて1600件以上の関連特許も開発コミュニティに利用可能にすると発表した。

ずいぶんと前から取りざたされていた Solarisのオープンソース化が発表されましたね。オープンシステムサーバ機の王者の名をほしいままにしていたのはいまは昔、Linuxなどを搭載したPCサーバ押されてジリ貧に追いやられた感のあるSun Microsystems。最後に握り締めていたSolaris OSもとうとうオープンソース化です。Solarisに含まれている数多くの特許や商業ライセンスがあって、オープンソース化は無理とか以前言われていたけど、なんとまあ今回それも太っ腹にも公開しちゃいます。
OSとハードウェアとセットで供給されることがSolarisの強みなのだといっていたけど、そのハードウェアの商売もジリ貧。OS自体はだいぶ前に無償化されてしまい、今度はOSのソースコードライセンスも無償で配る。どこで商売するんだろう、、というと Red Hat Enterprise版と同じく有償サポートサブスクリプション。つまり年間サポート費で儲けようということ。Red HatやNovell(SuSE)と真っ向勝負ってことか。
いざ何かあったとき、ソースコードが読める状態であるかというのがサポートする場合のやっぱり(伊達としても)最後の砦になるわけですから、そこの権利の大部分を手放すわけなので、これが吉と出るか凶と出るか。。NetscapeがMozillaになり、Firefoxとなって再び表舞台にでてくるまで数年。Sun Microsystemsはそこまで我慢できるんでしょうか。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ルビが必要なのかな

「楽書き」「電園地帯」……子どもの苦手な漢字くっきり - asahi.com : 社会

落書きを「楽書き」、人に仕えるを「使える」――。文部科学省所管の財団法人「総合初等教育研究所」(岐阜県)は27日、小学校で学ぶ漢字がどれだけ身についているかの全国調査結果を公表した。全学年を平均した正答率は、読みが89%で、書きは72%。ただ、学年が進むにつれて習得状況が低下する傾向が示され、小6で学ぶ漢字では正答率が80%に達した字は全体のわずか16%だった。

高学年になるほど正解率が下がるというか、高学年になるほど使える漢字(問題の選択肢)が増えてるんだから一概に正解率が落ちてるとは言えないのでは?なんだかこれは変に方向付けする言い方だろう。
ちなみにうちの小4の娘に記事に出てた問題を見せたが、どれ一つまともに答えられなかった(苦笑)

同研究所は「学校は、児童一人ひとりの漢字学習の状況を次の学年にきちんと引き継ぐなどの工夫が必要だ」と提言した。
これも違うと思う。なぜならば、
80年調査と正答率を比較すると、読みは1ポイント増、書きは5ポイント増だった。学ぶ漢字数に大きな変化はなく、全体としては漢字の読み書きの力は落ちていない。
間違いを類型化すると、読みでは音訓の取り違えが各学年とも2割前後にのぼった。例えば、4年字の「米作農家」を「こめ作」と読んだ子どもが74%いた。
この2つの事柄から、知ってる漢字にそう差もないけど、いざ読めない書けないというのは、ようするに漢字に慣れてないって事だと僕は思うのだ。僕らが本を読むとき、振ってあるルビが正しい読み方を示してくれていた。いまはルビが出てる読み物ってあんまりないよね。せっかく本をいっぱい読んでも間違って覚えちゃったらそれっきりだし、下手すりゃ擬音ばかりのマンガ本だ。普段から正しい読みを見たことなければ知らんわな。授業でいっぺんきり習ったから答えられるなんておこがましいことだもの。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

生き延びられるか。。

三菱自再建策、販売目標は10万台減 増資2700億円 - asahi.com : 経済

三菱自動車が28日発表する新たな再建計画の詳細が明らかになった。国内販売は当面は回復が困難と判断し、06年度の販売目標について前回の計画に比べて約10万台少ない年間約25万台と見積もった。これに伴って国内約900店舗ある販売網も約100店舗を減らす。また、リコール(無償回収・修理)問題をめぐるダイムラークライスラーへの和解金支払い800億円を05年3月期の特別損失に計上、決算を下方修正する。

ダイムラークライスラー側が三菱にもうこれ以上増資しないと決めたために破談になった気がするんですが、和解金を払わされちゃうんですね。800億円も!泣きっ面に蜂というのはこのことか。店舗数も一割削減。本社移転も労使間の調整不足で失敗。ドカンと赤字ならばと欧米の工場の減損処理もやっちゃう。なんとか三菱グループへの無心で5000億円増資してもらうみたいだけど、、もつのかなあ。。三菱の車には思い入れがあるんで、頑張って欲しいもののこんなに身内支援ばかり受けててますますボンボンにならないといいんだが。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.24

ばななぱうんどけーき

3647370_6d2bb7c190

昨日は娘の誕生日。
バナナパウンド
ケーキを焼きました。



普段なら誕生日やら記念日やらでは盛大なケーキを焼くんだけど、うちの両親から娘のお誕生会を実家でやりたいからおいでとお誘いがあったことも有って、こりゃ手土産できるケーキがいいだろうとバナナパウンドケーキを前の晩に焼くことに。

Continue reading "ばななぱうんどけーき"

| | Comments (5) | TrackBack (1)

2005.01.22

花粉情報観測システム「はなこさん」

思いつくまま-足助から-: 花粉情報観測システム「はなこさん」

そういえば、「はなこさん」というシステムがありましたな。去年、悲惨飛散量がたいしたこともなく、かつ海辺でほとんど花粉が飛んでこないところに住んでいたこともあって、ほとんど症状を気にせず過ごせてしまったので、忘れてました。というわけで、自分用にメモ記事(苦笑) ありがとうぉ>keyさん。
しかし、その、あの、もう巨大な赤丸が出現してるんですけど。。

今年は。。。30倍ですって!?しかも、今シーズンから杉の山に囲まれた山の中での生活スタートでございます。。。(うるるるる)
年末から目にチリチリとだいぶ来てます。こりゃー来週にも医者に行って薬もらってこないとな。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.01.21

1年半ぶりに

もうかなり久しぶりに、たぶん1年半ぶりかなあ松屋で牛どんというか牛めしを食べましたよ。キムチチゲセットで590円。心なしかあっさり味かな。オージービーフのせいでしょうかね。はてさて、もとのアメリカ産牛肉での味を戻せるのはいつになるのでしょうか?

いわゆる牛どん屋から牛どんが消えてもうすぐ1年になります。いまだに日米は子どものケンカ状態。それでも少し日本側とアメリカ側の落とし所というのを模索は進んでいるようです。

牛月齢判別の日米協議、決着へ前進・米側新提案を評価 - NIKKEI NET:経済 ニュース

日米両政府は19日、米国産牛肉の輸入再開に向けて、牛の月齢を判別する方法に関する会合を開いた。米は対日輸出の対象となる肉牛を大幅に絞り込む案を提示。日本はそれを評価したうえで、判別に関する追加資料を早急に提出するよう求めた。米国も前向きに対応する考えで、2月に改めて会合を開く。輸入再開へさらに前進した。
日米両国はすでに、BSE(牛海綿状脳症)に感染する可能性が少ない生後20カ月以下の若い牛に限って輸入を再開することで合意。月齢を見分ける方法を巡って協議を続けていた。

Continue reading "1年半ぶりに"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2005.01.19

郵便転送を中止してほしいとき

いやぁ、びっくりしました。なんと転居による郵便の転送サービスって中止することが出来ないんですね。

うちの場合は、元居た住所、厚木に戻るわけですから今続いている転送サービスを中止したいわけです。そうしないと例えば、新しく契約しなおした電気ガス水道料金とかインターネットのサービスなど、新たに厚木の住所で登録したいろんなところの郵便物が転送サービスのおかげで転居先だった千葉の住所に転送されまくってしまうことになります。そういった郵便物の中には転送不可というものもあるでしょうから、そうなると発送先に戻されてしまうことになり、不都合を生じることが考えられます。

なので、、転送サービスを打ち切り、厚木の住所に届いたものはそのまま素直に届くようにしたかったので、郵便局にその旨を伝えにいってきました。で、そこで得たれた答えは、「転送サービスの中止という申し込みは存在しません。再転送の申し込みをしてもらえますか?」というのだ。

おいおい、そんなことをしたら今度は千葉に届くはずのものまですべて厚木に転送されてしまうではないか!!
ということはなにかぃ?いままで転送サービスは自然消滅以外に止める手立てがなかったってことか???

そりゃあんまりだということを今度は厚木の本局にまで行って担当者に説明しにいきましたよ。で、やっぱり期間途中で中止するような手続きはないとの事。でも、担当者の好意で転送サービスを中止するようにしてみますということを受け付けてくれた。さて、これで郵便物が厚木の家に届くようになるでしょうか。。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2005.01.15

引っ越しました

garann2005

なーにもない。。。
寒いっス


ここんとこ、引越し作業があって時間もそうだけど気分もイッパイイッパイなんで更新が滞り気味。今日、ようやく厚木の家もインフラが整い住めるようになりました。が、雪かもという天気もあるんでしょう、とガランとした部屋は寒いですね。。。しばしの単身赴任スタートです。

Continue reading "引っ越しました"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2005.01.11

さぶうぇいのマグカップ

品切れギリギリのタイミングで36ポイントがコンプリート。
最後の一個のマグカップ頂きました


ふっヽ('ー'#)/050111_1924.jpg

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.01.09

なまはげ

namahage2005a

なまはげ?


新宿駅西口になぜか「なまはげ」。
デパートの催事場で秋田物産展をやってるので、そのPRらしい。通りがかった外国人のおねーさんが大喜び。スタッフに写真を撮ってもらってました。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2005.01.08

習熟度別より少人数制

こすもす: いまさら習熟度別・・・経由で。

横浜市の教育委員会が、習熟度別授業を小中500校に一斉導入へという方針をだしたようだが、クラス分け方法は学校毎に任せるとある。なんかこれ恐ろしいなあ(^^;
以前、うちの娘の通う小学校で、たぶんテスト導入だと思うが習熟度別授業というのが行われた
これがもう残念ながらひどいもので、体育館を使った巨大小テスト解き寺子屋状態(苦笑) こんなことをやられた日には、先生からは児童・生徒個々の「習熟度」にますます目が行き届かなくなるだろう。習熟度って何を持ってして測るつもりなのだろうか? まず、そこを間違わないようにしておかないと、うちの学校でやってしまったような状態になるのではないだろうか?

Continue reading "習熟度別より少人数制"

| | Comments (4) | TrackBack (1)

2005.01.04

もち!

mochi2005a


餅食うぞ!


明日から仕事なんだよねえ。。
正月気分ももう終わりかな。

Continue reading "もち!"

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2005.01.03

だいきち!

誰だ
これで今年の運を使い果たしたとか言う奴はヽ(`д´)ノ キシャー
050103_1714.jpg

追記:
今年、2大予告のcomさんも大吉だ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

続々・つなみ

死者13万人におよぶという被害になったスマトラ沖大地震・津波。これもまだ推定にすぎず、あまりの死者の数に現地では遺品や歯型、毛髪などのDNAの保存をしての埋葬が追いついていないそうだ。連絡が取れない日本人としてタイだけでも100名以上いるという。これからの身元確認はかなり難航しそうだ。

援助表明20億ドルに タイで邦人100人以上安否不明 - asahi.com : 国際

スマトラ沖大地震・津波は、2日で発生から1週間たち、ロイター通信などの集計によると犠牲者は約13万人になった。最終的な犠牲者数は「15万人を超える」(国連)という。国際的な支援態勢づくりが本格化しており、国連は1日、約40カ国から計20億ドル(約2050億円)の援助表明があったと発表した。
在タイ日本大使館によると、同国内で連絡がつかず、安否が懸念されている日本人の在住者や旅行者は100人以上。

国連によると、最大の拠出国は日本で、全体の25%にあたる5億ドルを表明した。米国も当初発表の10倍にあたる3億5000万ドルを援助する。


だんだん日本の対応というのがスピードアップしてきてる気がする。医療団も自衛隊の捜索隊もそして支援金の表明もびっくりするほど早い対応だった。6日にジャカルタで開かれる被災国や周辺国の緊急首脳会議に出席するための手土産なのだろうが、当初3000万ドルといってた支援金をさらに5億ドルにまで引き上げるとは。
それにしても戦争となると気前がいいくせにこういうときは米国はケチだねえ。(^^; 当初の発表は、1500万ドル。国連に(名指しじゃないものの)ケチといわれて、慌てて3500万ドルに引き上げた経緯からすれば、10倍じゃなくて20倍なんですけど(苦笑)
まあ、さすがにこれを受けて「先進国はケチ」発言をした国連のイゲランド事務次長も「このような国際社会の思いやりは前例がない」というメッセージを出したようだ。

各国が支援を表明しているが、あまりにも広範囲の被災地。インド洋諸国とインド洋に浮かぶ数多くの島々。いくら人手があってもお金があっても足りない状況だろう。これからはやはり衛生面が最大の問題なんだろうな。まだ不衛生からの病気や疫病が発生したというニュースは入ってきてはいないものの、いまだに情報系統がズタズタなので、現地ではどういうことになっているのかさっぱり判らない。

さて、僕は何が出来るだろう。さすがに飛んでいくことは出来ないし(邪魔になるだけだし)、、、国際機関を通じた募金かな。まずは子どもらのために日本ユニセフ協会 [ http://www.unicef.or.jp/] の緊急募金へインターネット募金しました。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

2005.01.02

まったく

子どもってなんで病院が休みのときを狙って具合が悪くなるのやら。
正月早々、休日救急診療所にいってきましたよ。

Continue reading "まったく"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

なんかくれ!

give


なんかくれ!



カミサンの家の庭にやってくる猫です。名前は「チャゲ」。縁側から彼女に声を掛けるとちゃんと返事をしてくれる愛想のいい奴です。 この日も声を掛けるとトットットッとやってきて窓のしたからこっちを覗き込みながら「みゃー(なんかくれ!)」とのこと(笑)
こんな目で見つめられたら。。勝てません。_| ̄|O
ついつい家猫が食べ残してたカリカリ餌をやってしまいました。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.01.01

あけおめことよろ

newyear2005


今年も

よろしく!


※日時指定自動アップ記事です。

そんでもって、黒陣馬さんのWalking along the river、 ヘタエ特別篇「読者への年賀状」への作品になってます。

Continue reading "あけおめことよろ"

| | Comments (7) | TrackBack (1)

« December 2004 | Main | February 2005 »