« リニューアル その2 | Main | 観ましたよん »

2004.09.23

西から昇ったお日様が

Cosさんのところの記事経由で

asahi.com : 教育・入試 : 教育ニュース:小学生の4割「太陽が地球を回ってる」 国立天文台調査

小学生の4割が「太陽は地球の周りを回っている」と思い、3割は太陽の沈む方角を答えられないことが、国立天文台の縣(あがた)秀彦・助教授らのアンケートで分かった。回答者はそれほど多くないが、身の回りの天文現象への関心や知識が薄れている傾向が見て取れる。21日から盛岡市で始まる日本天文学会で発表される。

火曜日の朝刊に載っていたコラムです。
都会ほど正解率が落ちてるということから、自然に対して興味が薄れてるんだろうなとこの調査を行った縣助教授はいってるそうだが。。

小中学生1700人にアンケートをとって授業で天文を勉強しているはずの小学校高学年の400人弱の回答から、「地球は太陽の周りを回っている」と正解したのは56%。42%は「太陽は地球の周りを回っている」を選んだそうだ。
さらに、小学校9校700人あまりに太陽が沈む方向を聞いたところ「西」と答えた子どもは73%で、あとの3割近くが正確に答えられなかったとさ。

新聞記事ではそこから小学校の指導要領で教えなくなったからでは?と締めくくってる。
小学生の天文の知識が崩壊している実態について文部科学省では中学で体系的に習うからいいじゃんという反論をしたそうだが、Cosさんもいってるけど、これじゃ小学生が知らないということについての反論になってませんね(^^;

うーん、でもさあ、太陽がどっちから昇って、どっちに沈むのかって学校でワザワザ習うことか?小学高学年で半数近くが天動説っていうのも驚きではあるが、天体について興味ってわかないのかな。星座占いとか大好きそうなのに、本物の星/星座のほうには興味ないのかな。
こどもって身の回りの不思議を解く理科が好きだと思うんだけどなあ。自然現象とかだけじゃなくてさ、身の回りの不思議のへの興味を引くことをふだん親とかしないってことなのかな。親が理科離れの原因ってか?

ちなみに小学4年の娘に聞いたら、一応ちゃんと「地動説」で「西に太陽沈む」と答えているし、「月の満ち欠けも授業でやったよ」と答えてくれた。
算数国語はぼろくそなのに理科は満点とか取ってくる変な娘ではあるが(^^;

|

« リニューアル その2 | Main | 観ましたよん »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

この記事、すごく興味深かったです。
文科省が「親子でそういう話をしないのか」って言ってたけど、
私もそれがポイントだと思いました。
親子で空を見上げなくなってるから、話題にならないのだろうと。

なぜ月が動くのか、って、子供のころはすごく不思議でした。
(私の場合太陽より月の動きが気になったので。)

しかし、現実には、今私がいるような23区の町並みじゃ、
ビルにはばまれて月も見えなかったりします。^^;
太陽の光だって、1日の大半は差していないような場所も多く、
そうなってくると、太陽の動きなどというものには気づかずに
幼少期を過ごす子供も多いのではないかと。。。^^;

Posted by: 黒陣馬 | 2004.09.23 at 21:40

黒陣馬さんに同感。都会だと朝日もしくは夕日のどちらかはビルの陰というのが多いでしょうね。そもそも東西南北意識して生活するほうが難しかったりしてね。
(窓があるのが「リッチなうちだと」南とか(笑))

夜は明るくてろくすっぽ星も見えないから天体に興味なんてのもなくなるよなあ。地方都市ですら大気汚染やら光害やらでもう「さそり座のアンタレスは赤い星」っていうのも実感できないぞ。


Posted by: GreenThumb | 2004.09.23 at 22:03

トラックバックありがとうございます。

高校で教えていてすごく不思議なのは
「どうして今の生徒は疑問を持たないんだろう?」ということかもしれません。

なぜ、校則を守らなきゃいけないのかとか
なぜ、宿題をやらなきゃならないのか
なんていうことには疑問を持つんですけどねぇ

Posted by: Cos | 2004.09.23 at 22:11

黒陣馬さん、GreenThumbさん、こんばんわ

確かになあ、夜、星見えないし、ビルの谷間からいつの間にか太陽が出て消えていく。月も見えない。見たことないものに興味を持てというほうが難しいかな。
僕も都会育ちのほうで天の川なんてみたことはないけど、それでも日が沈むまで遊び、明星を見ながら家に帰り、夜、外に出れば、特徴的なオリオン座、さそり座、カシオペア座、北斗七星と見つけるとニンマリしてる子だった。

自然現象ばっかりじゃなく、他にも疑問もわかないのかなあ。なぜ動くんだろう、光るんだろう、映るんだろう、熱くなるの?冷たくなるの?
なぜを追いかけるって面白いと思うんだけどねえ。


Posted by: くっきも | 2004.09.23 at 22:24

Cosさん、おっとっとすれ違ってしまった、こんばんわ。

>「どうして今の生徒は疑問を持たないんだろう?」
結局そこなのかなあ。
なぜ?と思っても便利なそこここに安易に答えが転がってる、考えなくとも誰かに聞けばいい、書き写せばいい、それで結構その場は済んでしまう。解いた気になっていれば困らない。
忙しすぎて、深く考えてる時間もないのかもしれないけど。。。ねぇ(^^;
やっぱ、親のせいかなあ。

Posted by: くっきも | 2004.09.23 at 22:49

 取りあえず、図鑑とまんがサイエンスを揃えようと思いましたとさ。

Posted by: さとしす(satoshis) | 2004.09.24 at 11:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/1504273

Listed below are links to weblogs that reference 西から昇ったお日様が:

» 天動説 [こすもす]
 地球が太陽の周りを回っていることを知らない子どもがたくさんいる。 小4~6年生 [Read More]

Tracked on 2004.09.23 at 22:07

« リニューアル その2 | Main | 観ましたよん »